モチベーション 仕事術

個人のモチベーションをエンジンにした働き方とは?

投稿日:

 

この記事では、変化の多い時代における新しい働き方のヒントや、モチベーションを維持しながら働くことについてお伝えします。

 

スポンサードサーチ

自分にしかできないことを仕事にする

 

誰にでも子供ものころから好きだったものはあると思います。

例えば、インターネットや電子機器が好きな子は、大人になったらIT関係の仕事に就くかもしれません。

電車が好きな子は、鉄道関係の職に就くことが夢かもしれません。

 

「好きなこと」なので、誰に言われるでもなく、毎日のようにその情報に触れることになるでしょう。

まさにライフワークとして、好きなことをとらえているかもしれません。

 

その分野の最新の情報に詳しいことによって、仮に企業が新しいプロジェクトを立ち上げた際には、それについてのアドバイスをすることが出来るのです。

 

一見、一つの見方しかできなかった事柄でも、その分野に精通していることによって多角的に考えることが出来ます。

よって、その事業のメリットやデメリット、予測されるリスクなどを先回りして伝えることが出来るのです。

 

このような分野に触れていると、いつしかそれが得意になって、代わりが効かなくなります。

そして、その役割は誰ともかぶらないあなたの強みになっていくということです。

 

 

好きなことや強みを軸に生きている人は、一般的に見れば珍しいのかもしれません。

しかし、このような生き方は最初からできないのが普通です。ひょんなことから気づくことが多いのです。

 

例えば、ある人は、会議に出るたびに毎回議事録をとっていました。

ただ議事録をとっていただけですが、いつの日からか議題がずれてしまったり、話が詰まる原因が見えてくるようになったのです。

 

そして、話題がずれてしまった場合には、アドバイスをすることが出来るようになっていきました。

最終的にはファシリテーターとして、会議や企画を中立で判断する役職に就くことが出来たのです。

 

自分が得意だったことや、人があまりやらないことを続けていたら、その価値がどんどん上がっていって、自分の成長につながっていたのです。

誰しも急に大きな一歩を踏み出すことはできませんが、没頭することによって価値を見出すことが出来るのです。

 

 

好きなことを仕事にするということは、実は仕事と休暇の境界線がなくなってしまうことでもあります。

しかしこれからは、生きがいを仕事にしていく「ライフワークバランス」の時代なのです。

参考記事:これからはどんな仕事をすべきなのか?ライフワークバランスの時代

 

本当に自分が好きだと思っていることに対しては、いくら働いても不思議と嫌にならないものなのです。

 

休暇もなしに働き続けるなんて、ブラック企業だと思われるかもしれませんがそうではありません。

別にお金のために働いているのでは無く、生きがいのために働いているので、本人にとっては「働いている」という感覚はあまり無いのです。

 

 

引きこもりになるのも一つの手段

 

好きなことを仕事に、とお伝えしてきましたが、あくまで生活のために仕事をしている人はどうしていけば良いのでしょうか?

莫大な資産や貯金があるなら今から変化が起きてもそこまで困ることは無いでしょう。

 

ただ、そんな人ばかりではないのが現実です。

そんな場合は、思い切って引きこもりになってしまうのも一つの手段なのです。

 

もちろん、いきなりニートになれというわけではありません。

今まで稼ぐことにフォーカスしてきた人は、生きがいの観点からみるとその価値は0に等しいのではないでしょうか。

 

そういった人は、思い切って、生きがいを探すために時間やお金を投資するのも一つの選択肢なのです。

 

なぜなら、現代の平均寿命は医療技術の発展によりどんどん伸びてきています。

仮に平均寿命が100歳だった場合、65歳で定年を迎えたとしても、その後をゆっくり暮らすことは限界があるからです。

だからこそ、自分の好きなことを見つけることが重要なのです。

 

やりたくもない仕事を延々と続けるくらいなら、自分としっかりと向き合う時間を作ったほうが良いのです。

 

引きこもっている期間は、いわゆる「引きこもり」に見られてしまうかもしれません。

しかし、周囲に流されることなく、自分の好きなことを追求すれば、唯一無二の価値を見出すことが出来るのです。

 

今は、インターネット環境も整備されているので、引きこもりといっても、いろいろな人とつながることはできます。

オンライン上で、同じ趣味や考え方の人とつながって、成長していくことが出来ます。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

やはり、モチベーションを維持しつつ仕事をしていくためには、自分の好きだと思えることを仕事にすることが効果的です。

しかし、初めから自分の好きなことを仕事にできる人は少なく、小さなことから始めていくしかありません。

 

もしくは、一度時間をとって、これからの生き方について考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-モチベーション, 仕事術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライフワークの増やし方。もしも孤独でも関係ない

Contents1 ライフワークの増やし方2 孤独は関係ない3 まとめ   この記事では、どのようにしてライフワークを増やしていけば良いのか、また好きなことをしている際に、どうしても孤独にな …

モチベーションをより理解する。5種類の幸せ

Contents1 幸せの5種類の軸とは何か?1.0.1 達成1.0.2 快楽1.0.3 良好な人間関係1.0.4 意味合い1.0.5 没頭2 まとめ   この記事では、仕事や日々の生活に対 …

時代の変化に追いつく方法。信頼度を深めるメソッド

Contents1 時代の変化に追いつく方法2 信頼度を深める方法とは?3 まとめ   この記事では、移り行く時代の変化のスピードに追い付く方法と、お互いの信頼度を深めることについてお伝えし …

あなたが提供できるものとは?イノベーションの起こし方

Contents1 イノベーションはあなたが起こす2 好きを生きがいに変えていく3 まとめ   この記事では、あなたが提供できるものは何なのか、どのようにして自分の好きなことを育てていけば良 …

モチベーションとは?モチベーションの欠陥について理解する

Contents1 モチベーションとは何か?2 モチベーションVer2の欠陥とは2.0.1 1.人間の行動目的をどう考えるか?2.0.2 2.人間の行動についてどのように考えるか?2.0.3 3.行動 …