仕事術

4つの革命と、自分の「好き」の活かし方

投稿日:

 

この記事では、時代の変化をよびおこした4つの革命を知るとともに、自分の「好き」をどのように活かしていけば良いのかということについてお伝えしていきます。

 

スポンサードサーチ

4つの革命

 

私たちが生きている時代は、様々な革命が起きてきました。

その中でも、私たちが生きている時代の混乱とも呼べる革命を4つご紹介します。

 

 

グローバル革命

 

一つ目はグローバル革命です。

情報通信手段の進化や、交通手段の発展によって、様々な市場が国際的になってきていることです。

 

人材や物品、情報までもが国際的に活性化し、互いの国で影響しあうことが簡単になってきました。

日本人は日本人同士で比べられていたかもしれませんが、市場が国際的になり、海外のライバルのことも考えなくてはならなくなっています。

 

加速的に成長している国の人たちに追いかけられているという状況にたたされているということです。

 

インターネット革命

 

二つ目はインターネット革命です。

このことによって、グローバル化がどんどん進んでいきました。

 

インターネットが整備されたことによって、いつでもどこでもたくさんの情報を手に入れることが出来るようになり、世界の距離は縮んでいきました。

また、情報を仕入れるだけではなく、こちらから発信していく場合でも容易に世界中の人とコミュニケーションをとることが出来るようになったのです。

 

例えば、アメリカでは日に日にコールセンターが減っているそうです。

わざわざ人件費の高いアメリカにコールセンターを置かなくても、物価の安いところに設置をして、インターネットでつなげてしまえばそれで済みます。

 

そのような状況が起きているのが、インターネット革命なのです。

 

人工知能革命

 

三つ目の革命は、人工知能革命です。

いわゆるAIといわれているものですね。

 

他の国をライバルとしてみていたら、その仕事をロボットがさらっていたという話があるくらいです。

 

特に単純な作業はロボットに任せたほうが効率的で、正確に結果を出すことが出来ます。

ただ、AIの進化も進んでいて、AIが医師の代わりをしたり、新入社員の面接を担当するような例も増えてきました。

 

参考記事:次世代の産業は非効率がカギ。変化を生き抜く3つの選択肢とは

 

実世界指向革命

 

そしてこれから来ると予想される四つ目の革命が、実世界指向革命です。

これは、デジタルの世界が現実にどんどん近づいてくるということです。

 

現実にしかなかったものが、デジタルの世界で置き換わっているものはたくさんあります。

例えば、電子書籍の登場です。

 

本は電子化されて、タブレット一つあれば何冊もの本を一度に、簡単に持ち歩くことが出来るようになりました。

しかし、やはり紙の質感が良いという人はたくさんいます。

 

では、彼らが求めている紙の質感でさえデジタル上で表現できるとしたらどうでしょう?

アメリカのある会社では、すでに紙の質感や、ページをめくる動作、インクの雰囲気などをデジタルで再現することに成功しています。

 

現実の良い部分を取り入れたデジタルの物であれば、そのほうが便利かもしれません。

現実の本の質感はそのままに、一冊で何百冊もの本を収録できるということも可能になるわけです。

 

このような事が起きることで、様々な仕事がデジタルに撮られて行ってしまうということが起きてしまうかもしれません。

 

 

このような革命が少しずつ起きてきて、未来が確実ではないということがわかります。

先の見えないこの時代において、やはり自分が好きだと思えることを突き詰めていくのが重要になるでしょう。

そして、この革命によって、自分の好きなことを結ぶのはより簡単になります。

 

つまり、自分の好きなことを見つけて幸せに結び付けていくかが肝要なのです。

 

自分の「好き」の活かし方

 

自分が好きなことを追求していく中で、どんな風に自分の強みを生かしていけば良いのか?

どうしても組織の中では、個性を活かしながらチームとして戦って行かなければなりません。

 

全員で同じ目標に向かっていく場合では、決められたことをしっかりとやっていけば良かったのです。

しかし、時代は変わり、仕事の仕方も変わってきました。
過去の方法にとらわれずに、戦い方を変えていかなければなりません。

 

現代では、常に柔軟で、臨機応変な対応が求められます。

ということは、チームメンバーは同じ性質の人で固めるのではなく、それぞれに得意分野があったほうが良いのです。

 

誰かが、苦手な分野は他の人がすぐにやる、というように凹凸をかみ合わせ、その人が得意な分野だけに専念出来れば良いのです。

そのためには、自分をしっかりと理解し、凹凸を知る必要があるということです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

私たちが生きていく中で、様々な変化が訪れます。

その中でも、「革命」と呼ばれるような大きな変化は、すぐそこまで迫っているのです。

 

そんな時代を生き抜いていくためには、自分の好きなことを理解し、それを活かしていけるような環境を作ることが大切です。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-仕事術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人のモチベーションをエンジンにした働き方とは?

  この記事では、変化の多い時代における新しい働き方のヒントや、モチベーションを維持しながら働くことについてお伝えします。   スポンサードサーチ Contents1 自分にしかで …

これからはどんな仕事をすべきなのか?ライフワークバランスの時代

  この記事では、IT革命やグローバル化が進んでいく中で、私たちはどのような仕事をしていけば良いのか、 どのような仕事を選べば、モチベーションを維持しながら生活できるのかということについてお …

やりたいことがないのは不幸?好きすぎることはあなたの価値になる

  この記事では、やりたいことをやって成功した人はすごいけど、特にやりたいことが無いし…という悩みや、 どんなことをすれば、毎日やる気がでて仕事に臨めるのかということを解決してい …

あなたが提供できるものとは?イノベーションの起こし方

  この記事では、あなたが提供できるものは何なのか、どのようにして自分の好きなことを育てていけば良いのかということについてお伝えしていきます。   スポンサードサーチ Conten …

時代の変化に追いつく方法。信頼度を深めるメソッド

  この記事では、移り行く時代の変化のスピードに追い付く方法と、お互いの信頼度を深めることについてお伝えしていきます。   スポンサードサーチ Contents1 時代の変化に追い …