モチベーション

モチベーションとは?モチベーションの欠陥について理解する

投稿日:

 

この記事では、モチベーションとは何かということや、モチベーションの欠陥を理解する事によって何が必要か、必要でないのかを知るということについてお伝えしていきます。

 

スポンサードサーチ

モチベーションとは何か?

 

しばしば聞かれるモチベーションという言葉だが、そもそもどういう意味なのでしょうか?

モチベーションとは、人間が行動を起こすための動機のことです。

 

今でこそ社会性や人間性を身に着けた私たちですが、数万年前は猿に近い存在だったのです。

そこでの行動の基礎といえば、毎日を生き残る事でした。

 

食料や水を確保するために、生活区域を歩いていたら、危険な動物に出くわしたしたはずです。

その際に、物陰に身を潜めたり、自分の身を守るために戦ったりすることの原因となっているのが当時のモチベーションでした。

これはとても基礎的なモチベーションで、あまり高度とは言えませんが、当時はこれで十分だったのです。(モチベーションVer1とします。)

 

しかし、他の人間と集団行動をとるようになったり、知り合いになったりするにつれ基礎のモチベーションでは対応できなくなってきました。

そこで、人々はこのモチベーションを徐々に生活様式や仕事に見合うようなバージョンへと変化させていったのです。

 

そのモチベーションが「報酬を求め、罪を避ける」というモチベーションです。(モチベーションVer2とします。)

人間という存在を十分に説明し、人間社会の現実をより反映させたものになったのです。

 

モチベーションVer2は現代のわれわれの生活の中にもしっかりと組み込まれているモチベーションです。

これを中心として組織や会社が作られてきました。

成績が優秀なものには見返りを与え、優秀でないものにはペナルティがあるというものです。

 

 

しかし、結局この考え方も人間と動物は大した違いが無いのです。

ムチを入れられないと正しい方向に進むことが出来ないと考えられているからです。

 

20世紀に入り、経済が複雑化し更に高度な能力が必要になったとき、このモチベーションVer2に異論を唱えるものも出てきたほどです。

ビジネスもテクノロジーも不振だった時期にこのモチベーションはほとんど機能しないと判明したのです。

 

そこで、その欠陥の回避方法や解決策を考えざるを得なくなってしまったのです。

 

 

モチベーションVer2の欠陥とは

 

もちろん、モチベーションVer2でうまく処理できる場合もあります。

しかし、多くの場合はうまくいかず、その欠陥を理解することによって必要な部分とそうでない部分を知ることが出来るのです。

 

1.人間の行動目的をどう考えるか?

 

一つ目の欠陥は、ビジネスモデルの多くが現在の事業形態と一致していないことです。

そこで考えていかなければならないことが、人間の行動目的をどう考えるのか、ということです。

 

従来のビジネスモデルは、外発的動機づけに依存しているのに対し、現代の働き方は内発的動機づけに頼っている部分が強い。

ある北米の開発者に対するプロジェクトの参加理由について調査をしたところ、

 

課題を克服する楽しみや、仲間のプログラマーの世界に貢献したいという欲求が多いということがわかりました。

つまり、内発的動機づけが多くの人に共通しているということなのです。

 

モチベーションVer2がこのような欲求に介在する余地はなく、そこにずれが生じてしまっているのです。

 

 

2.人間の行動についてどのように考えるか?

 

二つ目の欠陥は、モチベーションVer2が人間の行動学と一致しないということです。

 

例えば、収入が少なくなってしまうのに、目的のために実入りの良い仕事を辞めてしまったり、何か見返りがあるわけではないのにピアノの練習を週末にする人だっています。

また、賞金が出るわけでもないのに、絵をかいてみたり、パズルを解いてみたり…

 

つまり、私たちは損得しか考えないようなロボットではなく、成熟した一人の人間ということなのです。

 

 

3.行動にどのように取り組むのか?

 

最後の欠陥は、モチベーションVer2が現代の仕事の大半と相容れないということです。

 

型にはまって、皆同じ方向に走る、なんていう仕事の仕方は退屈だと感じてしまうのです。

 

例えば、マイクロソフト社は当時MSNエンカルタという電子百科辞典のサービスを開始しました。

もちろん大企業ですし、誰もがその成功と動向に目を光らせていました。

 

それと同時に、もう一つの電子百科事典がサービスを開始します。

それは、利益を狙っておらず、企業がプロモーションしたわけではありません。しかも、辞典の中身は利用者が編集するのです。

 

その16年後、エンカルタはサービスを終了し、もう一つの電子百科事典が生き残りました。お気づきかもしれませんが、Wikipediaのことです。

 

この例からわかるように、クリエイティブで自主性を発揮できる仕事に就く人がどんどん増えてきているのです。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

モチベーションとは、人が行動をするための動機のことです。

そのモチベーションをしっかり理解することによって、自分の生活や仕事に必要な部分やそうでない部分が見えてきます。

 

今では意識されずに使われているモチベーションVer2ですが、その欠陥を知り、現在感じる違和感を解決する手助けにしていってください。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-モチベーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメとムチがうまくいかない理由5選

Contents1 アメとムチがうまくいかない理由5選1.0.1 1.内発的動機づけを失わせる1.0.2 2.成果が上がらなくなる1.0.3 3.好ましい言動への意欲を失わせる1.0.4 4.ごまかし …

やりたいことがないのは不幸?好きすぎることはあなたの価値になる

Contents1 やりたいことが無いのは不幸?2 「好き」が人の価値になる3 まとめ   この記事では、やりたいことをやって成功した人はすごいけど、特にやりたいことが無いし…と …

頑張っているはずなのになぜかやる気が出ない。モチベーションを上げる方法とは?

Contents1 モチベーションは世代によって違う2 若い世代には「ないものが無い」3 好きなことで生きていく4 まとめ   この記事では、 日々、自分なりに頑張っているはずなのになぜかや …

モチベーションをより理解する。5種類の幸せ

Contents1 幸せの5種類の軸とは何か?1.0.1 達成1.0.2 快楽1.0.3 良好な人間関係1.0.4 意味合い1.0.5 没頭2 まとめ   この記事では、仕事や日々の生活に対 …

ライフワークの増やし方。もしも孤独でも関係ない

Contents1 ライフワークの増やし方2 孤独は関係ない3 まとめ   この記事では、どのようにしてライフワークを増やしていけば良いのか、また好きなことをしている際に、どうしても孤独にな …