スポーツ

斎藤佑樹が吉田輝星にエール!その内容は?現在や成績まとめ

投稿日:

 

日本ハムの斎藤佑樹投手が一軍デビューの決定した吉田輝星投手にエールを送りました。

その内容とは、吉田投手が2軍での最終テストで思うような結果が残せなかったにもかかわらず、一軍昇格が決まり、チーム内から疑問の声があがりました。

 

そのことについて、斎藤投手が対処法を伝授したというものです。

この記事では、斎藤佑樹投手が吉田輝星投手にエールを送った内容や、斎藤投手の現在、成績についてまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

斎藤佑樹が吉田輝星にエール!その内容は?

 

吉田投手の昇格前最終テストは6月4日に開催されたイースタン・巨人戦でした。

そこで、吉田投手は3回6失点と炎上してしまいます。

 

しかし、栗山監督は「来週の水曜日(6月12日)に先発させる」と明言し、まさに鶴の一声で一軍昇格が決まってしまったのです。

3回6失点というお世辞にもいいとは言えない結果にもかかわらず、なぜ昇格を果たしたのか、それは荒木2軍監督からの発言も後押ししていました。

 

荒木監督は「戦う姿勢は崩さなかった。体の調子を確認して大丈夫そうだった」と説明し、今回の先発投手にふさわしいと、語っています。

 

このことに対して、今まで好調だったものの、結果をのこせずに昇格するなんて普通なら考えられない、といったような声がチームからあがる事態となってしましました。

 

このような声は、気にしないようにしても、どうしても気になってしまいます。

「特別扱いを受けている」、ような空気を対処して、どんな気持ちで試合に挑んでいけば良いのか、斎藤投手がアドバイスを送りました。

 

斎藤投手は「そこは気にしなくていいと思います」と明確に答えます。

その理由は、どの世界にも特別扱いはあるし、注目されればそれだけ周りから何か言われるようになってしまうということ。

 

監督やコーチはしっかりと気持ちを理解してくれている、と信頼関係を感じさせる発言をインタビュアーの前で語りました。

斎藤投手自身も特別扱いを感じたことはあるとつづけ、長い野球人生の中では関係の無いこと、と後輩である吉田投手を思いやる発言が聞かれました。

 

やはり、斎藤投手自身もそのような体験があるからか、後輩の立場に立って気持ちを汲んでいるということがわかりますね。

 

今まで、バッシングを受けてきた過去がある斎藤投手ですが、「あえて気を付けているのは陰で誰かの悪口を言わないこと」と、明かしています。

チーム内に疑問の声があがり、自分にとってあまりよくない雰囲気になったとしても、そういって小さなことから変えていかなければならないのかもしれません。

 

そして、そのようなマインドが次の良い結果に結びついてくるのでしょう。

 

このことについて、世間の声をまとめます。

 

「吉田輝星投手は斎藤先輩の金言通り、雑音は気にせず、自分の力を出せるように頑張って貰いたい。
NPBも興業だから、イベント的な顔見せ興業でも良いだろう。
柿木投手も観たいが、やはりまずは期待のドラ1の登板をファンは待ち望んでいた。
先日の巨人の桜井投手みたいな快投を期待したい。」

「私の様な素人が言わなくてもご存知かと思いますが、テレビや雑誌、インターネットなどのコメントは気にしなくて良いと思います。どの媒体も自身から情報を取りにいかなければ情報は入りません。今の世の中は情報が蔓延してるので、当たり前のように見てしまいますが、見なければ悩む事もありません。少し話はズレますが、インターネットなどのイジメで自殺を考えてしまうのは非常に残念です。情報を遮断する事は現代社会ではとても重要だと思います。
実力主義のスポーツ界ですが、興業の側面がある場合、グッズの売上やお客さんを引き寄せられる力がある選手は実力以上に評価されるのは当然だと思います。野球選手は球団に所属して年俸制であるため実力だけが全てではないです。
選手は実力を発揮できるように頑張っていただきたいです。」

「斉藤投手は、マー君との高校での活躍が凄すぎて、良くも悪くもメディアに持ち上げられすぎ、メディアが彼を「特別」な存在として創り上げてしまった。
正直プロに入っての活躍・成績はいいと言えないが、このような選手は今も昔も沢山いる。
近々でいうと藤浪投手もその一人。
斉藤投手は頻繁にニュースに取り上げられているが、ドラフト1位で入団しながらもメディアに取り上げられず引退する選手だって沢山いる。
斉藤投手については、ヤフコメみていると批判コメントは沢山ある。彼もそれは分かっていることだろう。
怪我をしてしまった故に斉藤投手の実力は、正直今のこの程度だと思う。
彼も試行錯誤しながら色々頑張っているはず。
批判の声やメディアに左右されることなく、地道にプロ生活を送って欲しいものだ。
吉田投手についても同様。」

 

やはり、周りのことは気にせず、自分の道を歩んでいってほしいですね。

 

斎藤佑樹の現在や成績は?

 

現在、二軍調整中の斎藤佑樹投手ですが、成績はどうでしょうか。

今期オープン戦では結果を残し、開幕一軍スタートでしたが、5月に登録抹消により二軍調整中となりました。

 

しかし、二軍戦で8試合登板、防御率2.41と好調です。(6月10日現在)

6日に行われた巨人戦でも2回を無失点に抑えました。

 

このままの調子でいけば、もう一度一軍で登板する姿が見られるかもしれませんね。

斎藤投手、吉田投手の今後の活躍に期待しています。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大坂なおみ 心遣いに涙…。全米オープンが感動に包まれる。

  テニスの全米オープンでの大坂なおみ選手の心遣いが素晴らしいと注目され話題になっています。 その内容は、8月31日、全米オープン女子シングルス3回戦が行われ、大坂なおみ選手が対戦相手のコリ …

楽天・今江年晶 引退の理由は病気?嫁(今江幸子)の反応は?

  楽天イーグルスに所属する今江年晶選手の引退報道があったということで、注目され、話題になっています。 その内容は、現役続行を望んだ今江年晶選手ですが、戦力外通告となり。引退することが決定し …

J1湘南・曹監督 指導自粛へ…。理由はパワハラ?ライザップが声明文発表!

  湘南ベルマーレは8月13日に曹貴裁監督が選手らにパワーハラスメントを行った疑いがあるとして、Jリーグの調査が終了するまでの期間は活動を自粛すると発表したことが注目を集めています。 &nb …

長友佑都 10年ぶり代表得点で沸く!【動画】活躍の秘訣は食事法?

  サッカー日本代表選手である長友佑都選手が10年ぶりにゴールを決めたということが、注目され、話題になっています。 その内容は、ワールドカップアジア二次予選に出場した長友佑都選手が、モンゴル …

藤浪晋太郎 怪投でワースト記録?四球原因は技術?イップス?

  阪神タイガースに所属している藤浪晋太郎選手ですが、怪投をしたということが注目され話題になっています。 その内容は、約一ヵ月ぶりの先発マウンドに上がった藤浪晋太郎選手が、指を怪我しながらも …