スポーツ

吉田輝星がプロ初先発!成績や経歴、プロフィールは?

投稿日:

 

日本ハムのドラフト1位である吉田輝星投手がプロ入り初登板、初先発したことが注目を集めています。

吉田輝星選手は、2軍での最終テストで思うような結果が残せなかったにもかかわらず、一軍昇格が決まり、チーム内から疑問の声があがってしまという少々やりづらい空気もありました。

 

参考記事:斎藤佑樹が吉田輝星にエール!その内容は?現在や成績まとめ

 

しかし、その雰囲気をはねのけ、初登板初先発で5回を投げ切ったというものです。

 

この記事では、吉田輝星投手がプロ初先発の内容や成績、経歴やプロフィールについてまとめていきます。

 

 

スポンサードサーチ

吉田輝星がプロ初先発!その内容や成績は?

 

吉田輝星投手は日本ハム栗山監督の鶴の一声で、一軍昇格を果たし、今回初登板初先発を勝ち取った選手です。

 

栗山監督は、「来週の水曜日(6月12日)に先発させる」と明言し、まさにその約束を守った結果となったのです。

 

荒木2軍監督も「戦う姿勢は崩さなかった。体の調子を確認して大丈夫そうだった」と説明し、今回の試合の先発投手にふさわしい人物だったと語っています。

 

 

吉田輝星投手は初回、1死満塁というピンチの状況に立たされてしまいますが、何とか無失点で切り抜けます。

 

初回終了時まで、31球を投げますが、そのうち25球はストレート。最速は147キロをマークするなど、プロ初登板初先発としては上々の滑り出しを見せます。

 

先頭の長野選手にはプロ初安打を浴びせられてしまいます。

 

続く、菊池涼選手は9球目、打ち取ったかに思われましたが捕球できず辛くもプロ初四球に終わります。

 

しかしここから、吉田輝星投手の投球が冴えはじめ、バディスタ選手を三ゴロに抑えたことを皮切りに、西川選手を140キロの直球でプロ初空振り三振に抑えます。

 

さらに初回最後の相手となる磯村選手も三ゴロに仕留め、初回を終えます。

 

 

しかし、2回、プロ初失点を喫してしまします。

 

先頭の阿部選手をフォークで二ゴロ、相沢選手を直球で空振り三振、菊池涼センスを遊ゴロに抑えるなど好投を見せます。

 

そんな中、広島打線の田中広選手にカーブを右前に運ばれ、長野選手にストレートを左中間に運ばれてしまします。

 

このことで1失点を喫してしまうのです。

 

 

ここまでの球数は52球。二回は22球を投げました。

 

 

三回、四回と無失点に抑えます。

 

特に三回は、プロ初の三者凡退に抑えるなど、絶好調の様子。

 

バディスタ選手、鈴木選手、西川選手を相手にしますが、3人合計で10球で仕留めるという素晴らしい結果でした。

 

四回は2死二塁のピンチを迎えますが、無失点に抑えます。

 

四回までの球数は74球。プロ初登板初先発として、しっかりと結果を遺すことが出来たのではないでしょうか。

 

このような結果を見ると、栗山監督や荒木監督の指導者としてのレベルの高さを感じざるを得ませんね。

 

もちろん、期待に応えた吉田輝星投手お素晴らしいのですが、2軍最終テストで思わしくない結果だったにもかかわらず、選手のポテンシャルをしっかりと見抜いているということがわかります。

 

 

それでは、このことに対しての世間の声をまとめます。

 

「案外と球速は速くないんだよね。
得意の球の伸びで終速落ちてないだろうから、
体感的にはもっと速く感じると思うけどね。

プロ初勝利目指して頑張って欲しいですね。」

 

「吉田輝星、5回投げ切りました!
3回からは球数も少なめで、ランナーも1人しか出しておらず、勝利投手の権利を獲得です!
あとは中継ぎ陣にリードを守り切ってもらわないとね。
打線があと4点くらい取ってくれればいいんだけど。」

 

「初先発、初勝利させてあげたいな!
普段プロ野球はまったく興味がないけど
今日は別!
中継ぎ陣頑張ってーっ!」

 

「初回どうなるかと思ったが5回1失点。後半は完璧だったな。
コントロールいいしテンポもいい。ビックリした。」

 

 

このように、驚きと共に称賛の声が多く見られました。

吉田輝星投手にはこれからどんどんと実力をつけていただき、プロの世界で長く活躍していってほしいですね。

 

 

吉田輝星がプロ初先発!経歴やプロフィールは?

 

それでは、吉田輝星投手とはどのような人物なのでしょうか?

 

名前の読み方が難しいかもしれませんが、ヨシダコウセイ投手です。

 

生年月日は2001年1月12日18歳(現記事執筆時)です

 

高校は金足農業高校の出身です。

 

有名なのでご存知かもしれませんが、2018年度の甲子園で秋田県勢103年ぶりの決勝進出を果たした投手です。

 

惜しくも大阪桐蔭高校に敗退してしまいますが、プロ入りを志願し、日本ハムにドラフト一位で入団することになりました。

 

 

吉田輝星投手は高校生時代から頭角を現していた選手だったのですね。

 

これからどんどんと成長していくことが期待される選手の一人です。

 

マウンド上での活躍を期待しながら見守っていきましょう。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金子侑司が登録抹消…。その理由はケガ?実際の動画や世間の声まとめ

  西武ライオンズの金子侑司選手が出場選手登録を抹消されたということで、注目が集まっています。 その内容とは、金子侑司選手は8月1日のソフトバンク戦にて、右膝付近にデッドボールを受けていまし …

原監督 号泣で巨人優勝の喜び!【画像】インタビューはこちら!

  巨人が2014年以来5年ぶりのリーグ優勝をし、原監督が感極まり、号泣する姿が注目され話題となっています。 その内容は、2019年9月21日に横浜スタジアムで行われた巨人対DeNA戦で巨人 …

大谷翔平が体調不良…。その理由は?エンゼルスの試合はどうなる?

  日本時間の7月8日、ヒューストンにてアストロズ対エンゼルスの試合が行われました その際、3回第2打席で14号2ランを放った大谷翔平選手ですが、試合後の取材対応は無く体調不良ということが報 …

DeNA綾部 涙の戦力外通告…。【画像】文春キス写真が影響か?

  横浜DeNAベイスターズが、所属する10選手に戦力外通告をしたということが注目され、話題になっています。 その内容は、綾部翔選手や、田中大志選手など10名の選手が来シーズンから契約を結ば …

広瀬俊朗 超万能で才能がすごい!ラグビーも演技もお手の物。

  元ラグビー日本代表でキャプテンの広瀬俊朗さんが超万能で、才能がすごいと話題になっています。 その内容は、人気ドラマ「ノーサイドゲーム」に広瀬俊朗さんが出演し、未経験ながらも演技をこなす姿 …