事件・事故

高島屋 原産地誤表示の理由は?世間の声や動画まとめ

投稿日:

 

大手百貨店である高島屋が、通販サイトで有名ブランドの原産地を誤表示したことが騒動になっています。

 

その内容とは、高島屋が通販サイトで販売している高級ブランド化粧品が、偽物ではないのに原産地を誤表示してしまったというもの。

 

この記事では、高島屋の原産地誤表示の理由はや世間の声や動画をまとめていきます。

 

 

スポンサードサーチ

高島屋 原産地誤表示の理由は?

 

この騒動の発端は大手百貨店高島屋の通販サイト「高島屋オンラインストア」で高級化粧品の原産国に表示の誤りがあったことから始まりました。

 

 

もちろん、偽物などはなく、正真正銘本物の化粧品です。

 

高級ブランドであるシャネルやデイオール、グッチなどの25ブランドの中で147商品の原産地が正しく表示されていないということが発覚しました。

 

では、高島屋オンラインストアでは、どのような表示がされていたのでしょうか?

 

 

たとえば、フランスの有名ブランドの化粧品を販売するページがあるとします。

 

そのページでは、その化粧品の原産地が韓国やイタリア製なのにもかかわらず、フランス製として、表記し、販売していたということなのです。

 

 

この誤表記について、

 

「販売する人が間違えちゃうとどうなのかなと思いますね」

「(原産国は)食品は見るけど化粧品は見ない」

「わざとだったら良くないけど、ただ普通に間違っただけならしょうがないんじゃないかと思います」

 

という声があがっているようです。

 

確かに食品については原産国を気にしがちですが、化粧品ともなるとそこまで気にして買わないのかもしれません。

 

特に男性は、化粧品の原産地について気にしたことがある人は、なかなかいないのではないでしょうか。

 

 

このような原産地の誤表記は、2018年10月に化粧品を購入したお客さんから寄せられたクレームによって発覚したそうです。

 

しかも、このような原産地の御補油期は7年半以上前からあったとされているようです。

 

 

このような大手がただ単に7年半以上前から同じミスを繰り返していたのかと思うと、ただの間違いじゃないような気がしてしまいます。

 

今回の件はクレームによって明らかになったとありますが、もしかしたら同じようなクレームはたびたび入っていたのかもしれません。

 

 

今回の件について、消費者庁は6月13日に化粧品の原産地を誤って表示することは景品表示法違反となるため、高島屋に再発防止を求める措置命令を出しました。

 

シャネル、ディオール、グッチなど25ブランド147商品の原産国が正しく表示されていなかったということは、1社あたりで換算すると過去最多の違反周夫品数になるそうです。

 

 

消費者庁の会見で、消費者庁表示対策課の大元慎二課長は

「違反商品を認定した景品表示法事件では1社当たりの過去最多の商品数です。会社としての管理体制がウェブに関して言うと、一切できていないという評価にならざるを得ないです」

 

と、コメントしました。

 

 

SNSやインターネット環境の整備によって、企業がオンラインストアを持っていないほうが不思議なくらいの時代になっています。

 

しかし、便利さと同時に管理体制を見直さなければならないのかもしれません。

 

 

大きな目で見れば、インターネット環境がしっかりと整備され、自宅にいても買い物が出来るのが一般的になったのはつい最近のことです。

 

もしかしたら、そのような部分でミスを見抜けなかったのかもしれません。

 

 

高島屋は、この件について、「商品情報に間違いがないか、両社での確認が出来ていなかった」とコメント。

 

当初は正しい原産地だったにもかかわらず、途中で製造元が変更になってしまう場合があるそうです。

 

その上で、高島屋はチェック体制の強化を含む対策をするとしていますが、製造元の変更なども加えるからこそのチェックなのではないでしょうか。

 

 

今回のことで、高島屋に関して不信感を少しでも持った人がいるのではないかと思います。

 

高島屋と聞くと老舗で有名な店舗なので、そのことも相まってさらにそのように感じてしまうかもしれません。

 

 

そういった一つのミスで評価が下がってしまうようなことが起きると、経営や継続の難しさなどを考えさせられます。

 

 

 

高島屋 原産地誤表示、世間の声や動画は?

 

 

今回起きた高島屋の誤表記騒動について世間はどのように思っているのでしょうか。

 

世間の声をまとめます。

 

「イタリアはともかく、韓国とフランスの区別くらいつけてくれよ
そういうことをきちんとするのが百貨店じゃんか」

 

「まあ、チェックしてなかったんでしょう。百貨店の通販サイトで化粧品買う人も、かなり少ないだろうし。」

 

「誰も買わない韓国製をフランス製?
間違えましたで済まされない!
そもそも高島屋は、韓国と取引してある時点でアウト。」

 

やはり、誤表記に疑問を感じている人は多く、怒りを感じる内容でした。

 

老舗だからこそできるブランドを守っていってほしいですね。

 

 

これが実際の動画です。


 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!【動画】不適切演出で企画中止!

  テレビ朝日系報道番組の「スーパーJチャンネル」にて、謝罪があったということが明らかにされ、注目され話題になっています。 その内容は、スーパーJチャンネルで起きた不適切な演出に関して、番組 …

木挽町よしやのどら焼きがAmazonで転売被害!怒りのツイートや世間の声まとめ

  木挽町よしやのどら焼きが無断転売の被害にあっているということで話題になっています。 その内容とは、老舗和菓子店である木挽町よしやのどら焼きがAmazonで不正に転売されているということが …

YouTube 認証バッジ 条件変更で炎上回避?ネットからは安堵の声

  Youtubeが認証バッジを付与する際の条件を変更したということで、注目が集まり、話題となっています。 その内容は、Youtubeが著名なクリエイターに付与するとされていた認証バッジです …

進研模試で不正発覚!ネット売買で悪用か。実際の画像は?

  学生時代には誰もが模試を受けてきたはずですが、そのなかでも有名なのが「進研模試」ですよね。 現在、この進研模試に不正があったとして注目されています。   その内容とは、インター …

あなたの番です 苦情殺到で炎上?「考察が面白い」理由とは?

  日本テレビ系で放送されている「あなたの番です―反撃編―」に苦情が殺到しているということが注目され話題になっています。 その内容は、大人気ドラマである「あなたの番です―反撃編―」はミステリ …