科学

ネコギツネの生息を確認。その内容は?画像や動画、世間の声まとめ

投稿日:

 

狩猟や野生生物を管轄するフランスの政府機関であるONCFSが新種とみられる生物の発見をし、注目を集めています。

その内容とは、フランスのコルシカ島で、ネコとキツネの特徴を併せ持った生物が発見されたというものです。

 

この記事では、ネコギツネの生息を確認したその内容や画像、動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

ネコギツネの生息を確認。その内容は?

 

今回発見された新種とみられている生物は、フランスの政府機関であるONCFSの森林警備隊員が、コルシカ島の人里離れた地域から発見されたということです。

 

金色に近い体毛に茶色の縞模様が入っているのが特徴的で、ネコとキツネに類似点が多く見られています。

しかし、ネコともキツネとも判別しがたく、その見た目から地元では「ネコギツネ」と呼ばれているそうです。

 

この個体は、コルシカ島で16体が発見されている様子。

ネコギツネは一般的なネコよりも体が大きく、しっぽには輪状の模様が入っています。

犬歯は高度に発達していて、夜間に狩りをして暮らしているとみられています。

 

近年の森林開発や地球温暖化などの問題がある中で、新種の生物が発見されるというのはうれしいニュースだと感じます。

世界中にはたくさんの生物が暮らしているので、まだまだ未確認の生物が潜んでいるかもしれません。

 

パンダやゴリラもひと昔前までは、未確認生物といわれていました。

もしかしたら都市伝説で登場するような、ツチノコや河童なんかもまだ発見されていないだけで、実は存在している未確認の生物なのかもしれまあせん。

 

陸上だけではなく、第二の宇宙と呼ばれるほど広くて謎の多い海の存在も気になります。

まだまだ調べつくすことはできていないので、これからも新しい生物がどんどん発見されていくでしょう。

 

このようなニュースがあると、まだ見ぬ生物へのロマンを感じざるを得なくなってしまいます。

今回発見されたネコギツネですが、研究者によれば、これまで発見されていない種で、その起源は数千年前のアフリカや中東の地域にさかのぼるといわれています。

 

ONCFSのピエール・ベネデッティ氏は、インタビュアーの前で

「リビアヤマネコに近い種だが、具体的にどの分類に属するかはまだ確定できない」

と、コメント。

 

調査をし、ヨーロッパヤマネコとは異なる種類だということが明らかになる可能性があると期待感をのぞかせました。

このような新種が発見されることは喜ばしいことなのかもおしれませんが、それに伴って問題も出てくる可能性があります。

 

コルシカ島の環境問題や、密猟などの考えていかなければいけないことがあるはずです。

今後の研究によって、ネコギツネの種の保存が出来るように期待しています。

 

ネコギツネの生息を確認。画像や動画は?

 

実際に、ネコギツネはどのような見た目なのでしょうか?

画像や動画をまとめます。

 

こちらが実際の画像です。

 

一見普通のネコに見えますが、少し体が大きいような気もします。

専門的なことはわかりませんが、何といってもかわいらしい見た目ですね。

 

こちらが動画です。

スポンサードサーチ

ネコギツネの生息を確認。世間の声まとめ

 

このことに関しての世間の声をまとめます。

「実は、新種って、年間6000種くらいのペースで発見されてるからなー

っていうか、そも、種って凄くややこしくて。高校生物の教科書には「種は交配できるかどうかで区別する」みたいに明記されてるけど、この生物学的種の概念って結構問題があって。
この定義をもとに新種であると判定するには、その生物が生殖的隔離があるって示さなきゃいけなくなる。
でもそんなもんを証明するには、途方もない数の交配実験が必要になってくるしな。

更に言えば、分岐の途上にある生物もいるわけで。
進化の視点から見ると、結局種を定義づける事は不可能になってしまう。

だから、生物学者は新たな科学技術が開発されるたびに、新しい種の定義を提案してきたんだけども、なかなかややこしい話だよな。

なんにしろ、ネコギツネは可愛すぎw」

 

「可愛い!
猫っぽいキツネかと思ったけど、(キツネっぽさは何処?な位)猫ですね。見分けつかない。ノネコとも違う?色々あるみたいだけど、皆可愛い!

認知度が上がるのは害も多いと思う。そこは細心の注意を払ってほしい。あと(他の)人間が手を出し過ぎないように。ネコギツネ達にとって、良い結果になって欲しいです。

しかし可愛い!」

 

「島の在来種やヨーロッパヤマネコとはDNAが違うとは書いてあるけど他は???イエネコより大きい猫種は存在するし、輪状の模様が尾に入った子っているよね、、他のニュースで動画で犬歯測ってたけど、犬歯もかなり普通っぽいけど。野良なら夜に狩りしてもおかしくないし本当に新種?
この島では珍しいだけの外来種の猫ではないのかなぁ。」

 

やはりかわいらしい見た目に注目が集まっているようです。

その見た目からか、本当に新種なのかと疑問の声もちらほら…

 

今後の追跡に注目です。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チョコプラ長田 鼻たけ発覚で手術?【動画】原因や症状、治療法は?

  お笑いコンビ、チョコプラことチョコレートプラネットの長田庄平さんが鼻たけだということが発覚し、注目され話題になっています。 その内容は、医療系バラエティー番組に出演された長田庄平さんが、 …

ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?【画像】ネス湖のロマンとは?

  イギリス北部スコットランドにあるネス湖に存在するとされるネッシーの正体が調査により判明したということが注目され話題になっています。 その内容は、未確認生物の「ネッシー」の正体が実は巨大な …

「割れた空」不思議な夏空が話題に!その現象とは?実際の画像などまとめ

  連日猛暑が続き、体にも疲れが残りやすくなる日々が続いています。 そのせいなのでしょうか、8月4日の夕方、ふと空を見上げると、空が一筋の線を境に割れたようにみえる現象が起こっていたのです。 …

ワルナスビ 注意!毒あり!【画像】駆除方法などまとめ!

  「ワルナスビ」という北米原産の帰化植物に注意、ということで注目が集まり、話題となっています。 その内容は、「ワルナスビ」という帰化植物が繁茂していることによって、その植物の危険性や繁殖力 …

深層崩壊 警戒で台風後も注意!そのメカニズムや対策は?

  2019年台風19号の影響で深層崩壊が起きる可能性があるとして、その警戒を吸うるということが注目され、話題になっています。 その内容は、台風や豪雨などの影響によって大規模ながけ崩れである …