エンタメ 政治・経済

超高級タワマン生活の実態とは?選ばれし者しか知れない暮らし

投稿日:

 

世界には一般人では入居することが出来ない超高級タワマンが存在しています。

そんな超高級タワマンに住んでいたアケミ・S・ミラーさんがその暮らしぶりを公開し、注目されています。

 

その内容とは、ニューヨークの5番街にある「トランプタワー」に住んでいたアケミさんが、お金があるだけではすむ事の出来ない暮らしぶりを語ったというもの。

この記事では、超高級タワマン生活の実態やそのことについての世間の声をまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

超高級タワマン生活の実態、その内容とは?

 

ニューヨークの5番街にあるトランプタワーは、ドナルド・トランプが建てた高さ202メートルの高層ビルで、居住部には世界中のセレブが暮らしています。

そのトランプタワーに住んでいたアケミ・S・ミラーさんがその全貌を明らかにしました。

 

※アケミ・S・ミラー(Akemi S. Miller)
トータルビューティープロデューサー
兵庫県生まれ。京都できものを学び、1979年から東京で“曽根あけみ”として活動。89年にニューヨークに渡り、AKEMI STUDIOを設立。ニューヨークコレクションのデザイナーとして活躍した。

 

超高級タワマンとして有名なトランプタワーは、毎月の家賃が高級車を買えるほどかかってしまいます。

しかし、家賃を払えれば入居できるわけではないのです。

 

トランプタワーは入居審査がとても厳しく、まずは職業を審査されます。

 

さらには、その人のバックグラウンドを隅々まで調べ上げられるのです。
例えば、会社の規模や現在の住所、過去に事件や事故を起こしていないか、など…。

 

ここまで厳しく審査をするのは、住人にビルゲイツやスティーブンスピルバーグ、マイケルジャクソン、サラブライトマンなど、錚々たるメンバーが居るから当然のことなのかもしれません。

 

もちろんファイナンシャル保証も必要で、毎月の収入やプライベートバンクに3憶円以上の預金があることが条件になっているようです。

はれてトランプタワーに入居すると、そのセキュリティーの厳重さに驚かされます。

 

エントランスのドアの外と中にはドアマンが4人、セキュリティーが6人、コンシェルジュが3人、24時間のエレベーターには常に4人、そしてビルディングマネージャーが出入りをしているので、約20人のスタッフが警備をしています。

 

さらにすごいことは、エレベーターマンガ住人の顔と部屋番号を記憶していて、エレベーターに乗り込むと、黙っていてもフロアのボタンを押してくれるのです。

そのことによって、部外者が自分の住む階には入らないようになっているのです。

 

ゴミ捨ての面でも徹底していて、ごみを出す場所は大理石でできています。

そして、ごみを出すと5分後には従業員が回収してくれるシステムになっているのです。

 

こんなに著名な人が住んでいて、さぞにぎやかな世界かと思いますが、じつはそうではありません。

住民同士の交流はほとんどなく、必要以上のかかわりを持とうとはしないのです。

 

やはり、普段からみられる立場にある人たちは、静かに暮らしたいのかもしれません。

 

そんな風潮がアメリカでは普通のようで、著名な人でもプライベートの時は周りを気にすることなく自分の世界に入っているといいます。

そして、そんな人を見かけても誰もその人に声をかけたりしないというのです。

 

そのような関係性が保たれているからこそ、トランプタワーに著名な人たちが集まってくるのかもしれません。

 

超高級タワマン生活の実態、世間の声

 

この件に関して、世間の声をまとめます。

 

「素晴らしいです
この関係はお互いが傷つくことがない
幸せの押し付けもない」

 

「冒頭から、住人である書き手が謎で気になり続けましたが
最後まで読んでお名前を拝見しても知らない方でした。
凄い人がいるんですね。映画の中のような別世界の話で読んでて面白かったです。」

 

「マンハッタンは、特殊なのでは。トランプマンションは、建物は、どれも素晴らしく、セキュリテイーが、完璧に近いけど、全てが、セレブ相手ではありません。それに、マンハッタンでなければ、値段は、他の会社のマンションと比べ、高いということはなく、質の割には、安いと言えます。管理費、これは、修繕積立も含みますが、他より、高めですが、ガス、水道、空気調整の全てを含んでいるので、経費が少なくて済みます。ただ、入居に関しては、身元調査が、まるで、国家安全に関する調査のように、厳しいです。ありとあらゆる人種が住んでいて、トランプさんの、開けっぴろげな性格を反映しています。」

 

「やっぱり生活レベルが似たり寄ったりが集まった方が無駄な詮索や小競り合いがなくて良いのかも。また旅行?!それって新作のバッグでしょ?!いつ見てもネイル綺麗ね。
そんな挨拶うんざり。」

 

世界には確実に存在していますが、なかなかお目にかかれない世界があります。

そんな世界を知るのにいい機会になりました。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-エンタメ, 政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今田美桜 中森明菜風の髪形公開!明菜ファンが怒り?【画像】

  女優の今田美桜さんといえば、まっすぐストレートなロングヘアが印象的な女優さんですが、そのイメチェン画像が反響を呼んでいます。 その内容とは、今田さんが自身のインスタグラムに投稿したパーマ …

品川祐 悔しさで映画やお笑いを発信!【動画】その現在とは?

  お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんが、今までの感じた悔しさを語り、注目され話題となっています。 その内容とは、品川祐さんの現在を作ったのが、今まで感じてきた二種類の悔しさだったというこ …

我が家・坪倉 解散勧告の原因は杉山の酒癖!干された?現在は?

  お笑いトリオ「我が家」の坪倉さんがメンバーに解散勧告をしたということが明らかになり、注目され話題となっています。 その内容は、「我が家」メンバーである杉山さんが酒癖の悪さから、トリオを解 …

野村萬斎 歩数計 嘆きの理由はカウントゼロ?オリンピックに影響は?

  狂言師で俳優の野村萬斎さんが自身のつけている歩数計のカウントに関して嘆きを語り、注目され話題になっています。 その内容は、野村萬斎さんが狂言独特のすり足では歩数がカウントされず、運動量に …

ジム解約トラブルが急増!?その理由とは?こんなジムにはご注意を

  昨今の健康志向や、2020年に開催される東京五輪・パラリンピックの影響で、フィットネスブームが到来しています。 しかし、そんな中でスポーツジムでのトラブルが急増しているのです。 &nbs …