スポーツ 政治・経済

ジム解約トラブルが急増!?その理由とは?こんなジムにはご注意を

投稿日:

 

昨今の健康志向や、2020年に開催される東京五輪・パラリンピックの影響で、フィットネスブームが到来しています。

しかし、そんな中でスポーツジムでのトラブルが急増しているのです。

 

その内容とは、特にパーソナルジムでの解約トラブルや、強引な勧誘やトレーナーの質が低下しているというもの。

この記事では、ジム解約トラブルが急増敷いているその理由や世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

ジム解約トラブルが急増!?その理由とは?

 

ゴールドジムやライザップなど、ジムの名前を聞けば誰もが聞いたことのあるようなジムが増え、フィットネスブームに拍車がかかっているっている昨今です。

最近では、エニタイムのような24時間営業のジムも増えてきており、誰でも気軽にジムに通えるようになりました。

 

そんな中で、ジムで起きているトラブルとは何なのでしょうか?

ある東北地方に住む40代の男性は、自身が通っているパーソナルジムのオーナーから強引にサプリメントをかわされそうになったということです。

その男性は、以前通っていたジムでもトレーナーと会員とで女性トラブルがあったことから、ジムの質が低下してきているのではないかと打ち明けました。

 

国民生活センターによると、近年のスポーツジムやフィットネスクラブに関する相談は相次いで寄せられているそうです。

その中でも多いのが、ジム側からサプリメントなどの商品を売りつけられてしまうことや、解約しようとすると、高額請求をされてしまうということです。

 

24時間型のジムに契約したにもかかわらず、そのジム専属のトレーナーのトレーニングしか受けることが出来ず、6ヶ月は解約することが出来ないという相談や、

高齢者向けの体操教室を契約したら、月額1万5000円のサプリメント付きのコースを契約させられていて、解約を聞き入れてもらえなかったという相談がありました。

 

昨今の健康志向によって、このようなフィットネスブームが到来していますが、中でもパーソナルジムは、大手業者がCMで会員のビフォーアフターを放送するものを行ってから爆発的に知名度が上がりました。

 

さらにパーソナルジムは、マンションの一室に器具をそろえるだけで比較的簡単に始められてしまうので、このような質の低下につながっているのではないかと考えられます。

 

アメリカではパーソナルトレーナーの資格が必要ですが、日本では無資格でもできてしまいます。

ブームにのり、市場は飽和状態になっていくと考えられますが、自分で取捨選択していくことも重要なことなのかもしれません。

 

ジム解約トラブルが急増!?世間の声

 

今回の件について世間の声をまとめます。

 

「他の方のコメントでもあるように『解約できない』ではなく『違約金を払わないと解約できない』ではないでしょうか?
それは入会時に月会費無料などのキャンペーンで入会してるからであって、必ず入会手続き時に説明を受けているはずです。説明を聞いてない人、多いです。もし、何も説明がないままサインを書かされそうになるのであれば一旦立ち止まって考えないとですね。退会するときに違約金など発生するのか、退会する際は何日までに手続きすればいいのかなど。
ただの洋服の買い物とは違い、契約になるわけです…気分やノリで契約せずにしっかり考えれば大抵の方はトラブルにはならないでしょう。」

 

「ライザップも、かなり強めにサプリ買うよう押してきますよね…。
返金可能時期を過ぎたくらいから、凄く買うよう言われるようになりました。買うのが嫌ならいいけど、体重が落ちないのはサプリを買わない所為ですから…とか何度も言われた。。。←トレーナーさんによるんでしょうが。
大手ですらあれだから、個人事務なんてもっと酷そう。」

 

「1年半前からジムに通ってますが
初心者なのでそこまでハードなトレーニングは求めてなくて
健康の為、趣味の野球やサッカーで怪我をしない為に現状維持プラス少々ぐらいの感覚で始めたからトレーナーは不要と考えてエニタイムにしました。
エニタイムはコストが安めな分勝手にマシンやって頂戴スタイルだから記事や皆さんが言うような質の悪いトレーナーに悩まされる事はないけど
マシンをガチャンガチャン鳴らす人やマシンに座ったまま携帯いじって長時間占領する人等
他の客にストレスはあります。
しかし一回筋トレやり始めると効果が出てくると嬉しいし家ではモチベーション保てないけどジムなら頑張れると言うのもあるからジムを検討してる人は気楽にやりたいならオススメですね。」

 

「6カ月間は解約できない
こういうのをもっと問題にするべき。
ジムだけじゃない、サプリメントの定期契約とか
携帯の契約でもそう。
サービスに満足できないのに解約できないなんてオカシイ。」

 

強引な勧誘はよくないことですが、それ以前に契約内容など自分でしっかりと把握する必要がありそうです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ, 政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大坂なおみ 心遣いに涙…。全米オープンが感動に包まれる。

  テニスの全米オープンでの大坂なおみ選手の心遣いが素晴らしいと注目され話題になっています。 その内容は、8月31日、全米オープン女子シングルス3回戦が行われ、大坂なおみ選手が対戦相手のコリ …

JASRAC 保留金の使途とは?16億の新事業?世間からは批判の声

  JASRAC(日本音楽著作権協会)が分配保留金の使途を明らかにし注目が集まっています。   その内容とは、利用者から徴収した使用量の内の分配保留金を作詞家や作曲者に共通する目的 …

川内優輝 ショックの理由は作戦ミス!MGC辞退が裏目に出たか?

  マラソンランナーである川内優輝選手が世界陸上の結果に関してショックを受けているということが注目され、話題になっています。 その内容は、ドーハで行われタ世界選手権にて、川内優輝選手が自己ワ …

「れいわ新選組」障害者当選なぜ?票集めに利用?議員たちの反応は?国会で何が出来るのか。

  今回の参議院議員選で初当選した「れいわ新選組」の舩後靖彦さんと木村英子さんですが、2人の一挙手一投足に注目が集まっています。   そんな中で、同じくれいわ新選組の山本太郎さんが …

父子家庭の貧困問題に不安…。内容や支援は無い?世間の声まとめ

  沖縄県で6月14日に公表された小中学校調査で見えてきたのは、困窮層での必要な支援がいきわたっていないという事実でした。   この調査は3年ぶり2回目であり、親が働き詰めで、子供 …