政治・経済

顔認証型ごみ箱が北京で導入決定!使い心地は?実際の動画あり

投稿日:

 

私たちが生活するうえで必ず排出されるのが「ごみ」です。家庭ごみや産業廃棄物など一日に様々なごみが排出されています。

そんな中で、今、中国・北京では最新技術を使ったごみ箱が注目を集めています。

その内容とは、中国・北京でごみの分別のために「顔認証型ごみ箱」が導入されたということ。

 

この記事では、顔認証型ごみ箱が北京で導入決定での使い心地や実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

顔認証型ごみ箱が北京で導入決定!使い心地は?

 

現在中国では、国家対策としてごみの分別についての対策が進められています。

ごみの処理問題については、習近平国家主席が「ごみの分別は、文明水準を現す」と唱え、国を挙げての対策となりました。

 

そこで、住民のごみ分別の意識を高めるために導入されたのが「顔認証型ごみ箱」だったのです。

このごみ箱は2019年の6月から北京の一部の地域に導入されました。

 

ごみ箱にアプリで顔を登録することによって、カメラが顔認証をし、自動でふたが開く仕組みになっています。

このことによって、手を汚すことなくごみが捨てられるというメリットがあります。

 

また、ごみを分別して捨てることによって、ポイントがたまる仕組みになっており、ポイントを使うことによって、日用品と交換することもできるのです。

このごみ箱の設置によって北京市民は「とても便利です」と喜びの声を上げていました。

 

確かに、このごみ箱であれば登録した人しか開けることが出来ず、勝手に家庭用のごみなどを捨てられずに済みそうです。

また、ごみからでる臭いや汚れも削減されるのではないでしょうか。

 

ごみを分別は面倒でついついサボりたくなってしまうかもしれませんが、ポイントと交換で日用品がもらえるともなれば、ゲーム感覚でごみを捨てられるかもしれません。

 

このごみ箱の設置によって、住民のゴミ捨てに対する意識が変わってくると思いますが、設置に1台50万円かかってしまうというリスクもあります。

その費用は、政府からの補助金で賄われていますが、ほかの地区で導入することが検討されている状況です。

 

やはり、最新鋭の技術を使用したものにはそれ相応の費用が掛かります。お金をかけていくことも大切ですが、その他の面でも改善できる部分はたくさんあるのかもしれません。

 

中国で毎年排出されるごみの量は約4億トンになり、増加傾向にあるということです。
中国は人口も多いため、ごみの問題も大きくなってくるのでしょう。

中国のネット上では、まだまだごみを分別していない住民が居たり、ごみを分別しても業者が一緒にもっていってしまうという指摘もあります。

 

このような問題もありながら、この最新のごみ箱がどのように活躍するのか、注目されます。

 

顔認証型ごみ箱が北京で導入決定!実際の動画は?

 

今回北京の一部地域で導入された顔認証型ごみ箱の実際の動画がこちらです。

スポンサードサーチ

顔認証型ごみ箱が北京で導入決定!世間の声

 

今回の件について世間の声をまとめます。

 

「日本のコメ民の皆さんはどう考えるか分りませんが、これが中国ですね。
とりあえずIT技術でやってみる。ゴミの識別まで含めた完全なIT化は難しいが蓋を空けるところはIT化しちゃう。
この積み重ねの結果、既にはるかに日本より進歩してしるし、近い将来日本より二回り進化してしまいますね。
日本と進むスピードが違います。
日本は日本人が考えているほどIT先進国ではないですよ。部品では先進国かもしれませんが。
一方で、管理強化の面もあり、中国ではなんでも政府が管理する方向になって行きます。
それはそれで恐ろしいことですが、amazonやグーグル、クレジット会社も個人情報を把握しているから、国家が管理するか、民間会社が個人を把握するか、の違いです。
でも国家は国家権力を行使できるからな。」

 

「よく、自治会のゴミ箱で「自治会員だけです」と書かれたものはありますが、それをIT技術で厳格にするようなものですね。
ただ、
1. 入れたごみの内容まで分からない
2. 住民の分別の意識が低い
3. 回収・保管の時にいっしょにしたり、環境中に放出されたら意味がない
かなりの部分で、「ごみ」は集めた後、どう保管してどう処理するかで、町の人々の努力は水の泡になりますね。日本も同じですよ。」

 

「実際、裏では凄い管理されちゃっているんだけど、便利と捉えているようなので、他国の事だし、まさに中国(いろんな意味で)と思った事案ですね。管理されている側が認知しなければ、国が個人を管理している事にはならないって事なのかもね。普通にイヤだけど・・」

 

「ムダに凄いな。
監視社会作りの一環かもしれないが、たかがゴミを捨てる行為にこれだけのAI技術やお金を投資するなんて、ある意味感心する。こういった小さな積み重ねが将来新たな面白い発想やビジネスチャンスを生むのかも。」

 

お金をかけるより前にすることがまだまだありそうです。

ただ、素晴らしい技術にかわりはありませんね。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

免許返納手続きに不満の声!返納者の考えに世間は怒り?

  昨今では、高齢者の運転ミスによる交通事故の件数が増加してきています。ニュースを見ると、「またか」という思いになったことは少なくありません。   そんな中、運転免許の自主返納を行 …

ラブリ 仕事減少 示唆は政治的発言!話題のツイートまとめ!

  モデルのラブリさんが自身の発言で仕事が減少しているということを示唆し、注目され話題になっています。 その内容は、モデルのラブリさんが政治や社会的な問題に関して発言することによって、仕事が …

ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?山崎武司の予言的中か?

  ナゴヤドームにてHRテラス計画があるということで、注目され、話題になっています。 その内容は、中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームにホームランテラスが新設されるという計画があり、賛否 …

エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?登山と先住民との関係は?

  オーストラリアの観光地であるエアーズロックが閉鎖されるということで、注目され、話題になっています。 その内容は、マナー違反や事故、先住民との関係でエアーズロックに登山することが禁止になっ …

カラムーチョ 法則が話題に!鍋や人参…アレンジレシピまとめ!

  経済的な観点から見た人気スナックである「カラムーチョ」の法則が注目され、話題になっています。 その内容は、不景気になるとカラムーチョが良く売れるようになるという法則がまことしやかにささや …