スポーツ

佐々木朗希の登板回避理由とは?大船渡を選んで良かった…語られた言葉とは。動画あり

投稿日:

 

7月25日、佐々木朗希選手が所属する大船渡チームは岩手県大会決勝で、花巻東に2‐12で敗れ、その際に佐々木朗希選手が登板しなかったことについて話題になっています。

その内容とは、今秋のドラフトで注目されている佐々木朗希選手が、1984年以来の甲子園出場をかけた岩手県大会決勝で登板しなかったということ。

 

この記事では、佐々木朗希の登板回避理由や実際の動画、世間の声などについてまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

佐々木朗希の登板回避理由とは?

 

第101回全国高校野球選手権岩手県大会の決勝が7月25日に行われ、大船渡は花巻東に2‐12で負けるという結果になりました。

プロの球団が注目する佐々木朗希選手はベンチスタートとなり、出場することはありませんでした。

 

「令和の怪物」とも言われている大注目の選手ですが、なぜ決勝という大事な場面で出場することが出来なかったのでしょうか。

大船渡の監督である国保監督によると、「理由としては故障を防ぐため」ということでした。

 

佐々木選手は4回戦の盛岡四戦で延長12回、194球を投げ2失点完投という素晴らしい活躍をしています。

そして、中2日で先発した前日24日の準決勝で129球を投げ、毎回の15奪三振で2安打完封していました。

このことを考えてか、国保監督は温存を決意したのでしょう。

 

確かに、決勝の舞台で投げることが決まれば連投ということになります。

高校野球をやっている以上は誰でも出場したいという気持ちがあるはずです。

しかし、本当に将来のことを考えるのであれば、今回のように温存したほうが選手生命にかかわらないということなのです。

 

国保監督は、投球間隔と気温が故障の原因になるとし、温存を決めました。

今回の岩手県大会決勝のように勝てば大船渡は1984年以来の出場となりましたが、大事な場面で選手の大切さを考える冷静さが素晴らしい決断だったと思います。

 

国保監督、佐々木選手共に苦渋の決断になったことは間違いありません。

この決断を受け、佐々木選手は「負けてしまいましたけどチームメイトはすごく頑張ってくれた。誇らしく思います」と、チームへの感謝を表しました。

さらに「大船渡を選んで良かったな」と、今回の大会に関して、悔いがないような様子を見せました。

 

今回の試合では、先発に柴田選手を起用。七回からは前川選手が登板しました。

しかし、守備の乱れや、花巻東の強力な打線に苦しみ、大きな差がついてしまったのです。

 

そんな大船渡チームですが、最後まで引き締まったプレーを心がけます。

佐々木選手はチームへ懸命に声援を送りますが、ベンチで敗戦を見届けることとなりました。

 

今回は試合で投げることは無かった佐々木選手ですが、本当に注目されている選手です。

甲子園には出場できなかったものの、これからプロの道に進んでいくことになるでしょう。

プロのマウンドでは、さらなる活躍を期待しています。

 

佐々木朗希の登板回避理由。実際の動画は?

 

佐々木朗希選手は160キロを超える球速で話題になりましたが、実際の動画はどのようなものなのでしょうか。

実際の動画はこちらです。

 


 

スポンサードサーチ

佐々木朗希の登板回避理由。世間の声

 

今回の件について世間の声をまとめます。

 

「お疲れさまでした。
佐々木くんの「大船渡高校を選んで良かった」
この言葉に尽きると思います。
過去に誘いを蹴った花巻東が優勝しましたが、それでも、大船渡高校で良かったと。
みんな頑張ったんだよね。
胸をはって凱旋してください。」

 

「決勝まで行くこと自体すごいこと。
佐々木の影響で、みんなが努力した。
佐々木抜きでも勝てた試合もあったわけだし、周りのメンバーもすごいと思うよ。
そして、決勝でなげさせてもらえないとなっても、自分の感情をグッと押しこらえて、文句を言わない。監督との信頼関係、佐々木自身の人間性は素晴らしい。」

 

「甲子園で投げる佐々木投手を見たかったが、監督の判断は決して間違えてない。佐々木投手は日本の宝、プロに入り、行く行くはメジャーで快投して今以上に日本を盛り上げてくれる存在。将来のために故障のリスクを回避した監督の英断に拍手を送りたい。同時に「佐々木投手が投げていたらどうなっていたか?」と言った声も聞かれるが、それは愚問。花巻東は総合力で優勝し見事に岩手県代表になったし、強さは大船渡の選手が一番分かってる。花巻東甲子園出場おめでとう。」

 

「佐々木投手とチームメンバーの本心は、佐々木投手が投げて、勝ちたかったはずだと思う。
強豪校の高校球児たちは、みんな甲子園を目指しているのである。
肩の故障を気にするのも結構だが、高校野球の素晴らしいところは、損得抜きで、球児たちが純粋に一生懸命プレーするところにある。
佐々木投手の方は守れたかもしれないが、チームメンバー達の想いは複雑だと思う。
精いっぱい戦って負けたのなら諦めがつく。
しかし、力を温存して負けたのでは、後悔だけが残ると思う。
選手達が何のために今まで頑張って来たのか、その意味がなくなってしまう。
肩の故障に配慮し過ぎたあまり、2度とないチャンスを放棄してしまったのである。
選手達にとっては、良い思い出でにはならないと思うし、後悔しても仕切れない、悔しさだけが残る試合として記憶に残るであろう。」

 

これからの佐々木選手の活躍に注目です。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

斎藤佑樹が吉田輝星にエール!その内容は?現在や成績まとめ

  日本ハムの斎藤佑樹投手が一軍デビューの決定した吉田輝星投手にエールを送りました。 その内容とは、吉田投手が2軍での最終テストで思うような結果が残せなかったにもかかわらず、一軍昇格が決まり …

仲邑菫が最年少記録樹立!その内容は?経歴や学校などまとめ。動画アリ

  囲碁棋士の最年少プロである仲邑菫さんが最年少記録を樹立したとして注目を集めています。 その内容とは、7月8日に開催された公式戦2戦目で初勝利を挙げ、10歳4ヶ月という年齢で最年少記録を更 …

福田秀平 涙の理由はファンの声援!【動画】ソフトバンク退団で移籍先は?

  ソフトバンクホークスの福田秀平選手がパレードに出席し、涙を見せたということが注目され、話題になっています。 その内容は、ソフトバンク日本一祝賀パレードが福岡県で行われ、出席した福田秀平選 …

藤田菜七子 学校時代が過酷!【画像】私服が好きなかわいい女性!

  騎手の藤田菜七子さんが、競馬学校時代のことをインタビューで語り、今までの過程がすごいと注目され、話題になっています。 その内容は、女性騎手で初の重賞制覇を成し遂げ、快勝を続ける藤田菜七子 …

佐藤都志也 4年越しにドラフト指名!支えたのは実家の両親!

  東洋大学の佐藤都志也選手が、4年ぶりにドラフト指名されたということで、注目され話題になっています。 その内容は、佐藤都志也選手が、ロッテからドラフト会議で2位指名されたということ。 &n …