政治・経済

「れいわ新選組」障害者当選なぜ?票集めに利用?議員たちの反応は?国会で何が出来るのか。

投稿日:

 

今回の参議院議員選で初当選した「れいわ新選組」の舩後靖彦さんと木村英子さんですが、2人の一挙手一投足に注目が集まっています。

 

そんな中で、同じくれいわ新選組の山本太郎さんが、2人の障碍者を起用したことについてその理由を語りました。

この記事では、「れいわ新選組」障害者当選なぜ?票集めに利用?議員たちの反応は?国会で何が出来るのかということや、世間の声についてまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

「れいわ新選組」障害者当選なぜ?その理由は?

 

今回の参議院選挙でれいわ新選組として2議席を獲得した舩後靖彦さんと木村英子さん。

山本太郎さんは当選できませんでしたが、れいわ新選組としては「勝った」結果になったのではないでしょうか。

 

政党要件を獲得できたことによって、メディア露出も増えていきますし、助成金をもらって活動することもできるので、今後の活動の幅が広がりました。

今回の参院選で最も注目を集めたといっても過言ではないれいわ新選組のお二人ですが、なぜ、政界に進出することを決定したのでしょうか?

 

山本さんによると、特定枠で重度障害の方に立候補していただきたいということはかなり前から考えていたそうです。

木村さんは以前から障碍者対策に関する活動に取り組んでいて、政治家になる適性があると感じていたそう。

 

舩後さんについては、以前から介護事業の副社長をしていて実際に経営もしているという頭脳明晰さを持ち合わせています。

お二人とも政治に対する思いや、物事の考え方など、障害がない人よりもむしろ熱いものがあるかもしれません。

 

山本さんは「生産性で人間の価値を測るような世の中は、もうやめよう」という思いからこの二人の立候補を決定しました。

 

障害者である二人が国会にいることによって、その二人にペースを合わせなければいけない。

国会議員が国会のルールに合わせるのではなくて、国会のルールそのものを変えてしまうほうが良いと山本さんは語ります。

 

2020年には日本でオリンピック・パラリンピックが開催されます。

そんな国で、同時に障害者が国会議員になっているとしたらどんな人でもサポートが受けられるような国になっているのではないでしょうか。

 

とはいえ、障害者のお二人が実際に国会議員としての職務を全うするには、様々な困難が付きまとうでしょう。

健康の面や、実際の仕事が出来るのか?など、考えていかなければならないことはたくさんあります。

 

衆議院議員の任期は6年。これから多くの障害者の代表として、対策を進めていくことが出来るのか、注目です。

これからのれいわ新選組の真価が問われています。

 

「れいわ新選組」障害者当選なぜ?世間の声は賛否両論

 

今回の件について世間の声をまとめます。

 

「山本太郎は“弱者”であること“障害”があることを出汁にして
優遇やより優位な条件を引き出そうとしているのだろうが、甘えてはいけない。
有権者や他党の議員からしたら、障害の有無など関係ない。
本当に山本太郎の言う通り、有為な人材なら得別扱いはいらないはず。
特にれいわの二人の個人得票率は、二人合わせても1万票もないのだから、有能であるところを証明してほしい。
今の段階では、山本太郎の手法は偽善にしか感じない。(少なくとも私には)」

 

「弱者の声を国政に届けるという意味と
票集めと言う意味で重度障害者の起用は成功だと思いますが
今回の大量票の獲得は一時的なブームであって
結果的に送り込んだ議員によってどういった実績が残せたかで
れいわに対する有権者の本当の評価が決まると思いますね。」

 

「障がい者の方でも、政治に参加できるしくみは確かに必要とは思う。
ただ、当選したお二人の方が、問題なく議員活動をして、成果を上げることが出来るかと心配しています。支援者の努力もあると思いますが、難しいことのような気が個人的には思います。
あと、山本氏の発言で、「極端に言えば、2人が国会の場にいてくれるだけでもいいと私は思っているんです。」とあります。
極端にと断りは入れていますが、これは、とんでもない発言と思います。悪く解釈すれば、議員はたくさんいるから、二人くらい何もしなくて良いと取れます。それなら、二人で無くて一人の方が良かったことになります。
お二人が、活躍されることを期待はしていますが、懸念を持っております。」

 

「意味は分かるが、在任中の介護やら医療の関係を税金で払うのは如何なものかと思います。
足腰が弱くても有能な方はいらっしゃるので、バリアフリー化などは大変良いことだと思いますが、個人のための医療、となると話は別です。
一般の障害を持つ方はたとえ手帳持っててもあるもので頑張ってます。普通の日本人であれば、人から恵んでもらうことを是とはしません。
在任たかだか数年で数千万稼ぐことになるのだから、一般感覚から言えばこの2人は辞退する意思を見せてもよかったと思います。
権利ばかり主張して、税金を個人のために使うことに戸惑いを覚えない輩には正直期待できません。」

 

当選したばかりの二人ですが、どのような仕事ぶりを見せていただけるのか注目です。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高須院長が非難!N国立花氏の言動は営業妨害!実際の動画は?

  高須クリニック院長である高須克弥院長が「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参議院議員の言動を非難したことが注目されています。   その内容は、TOKYO MX「5時 …

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?【画像】車種も様々に。

  葬儀の際に使用される霊きゅう車が変化を見せているということで注目され話題になっています。 その内容は、時代の流れに沿って豪華絢爛な「宮型霊きゅう車」と呼ばれるタイプの霊きゅう車が激減し、 …

救急病院に募金殺到!その理由や内容に世間は賛否両論!?

  救急病院が窮地に陥り、募金活動を開始したところ、その叫びに各地からの募金が殺到したことで注目を集めています。 その内容とは、大阪府の救急救命センターが人手不足を解消するために募金を募った …

RONI WORLD 破産の理由は何?子供服の店舗は逆風か?

  子供服ブランドを展開するRONI WORLDが自己破産を申請する見込みだということで注目され話題になっています。 その内容は、株式会社RONI WORLDが2019年10月11日までに新 …

体育の日 最後の理由とは?「体育」という言葉は無くなるのか?

  本日(2019年10月14日)は体育の日でしたが、令和最後の体育の日ということで、注目され、話題になっています。 その内容は、2020年より、体育の日ではなく「スポーツの日」と名称が変わ …