事件・事故

アマゾン火災 写真誤用に注意!範囲や動物も過去の物!誤用ツイートまとめ!

投稿日:

 

南米・ブラジルなどで続くアマゾンの森林火災が世間を意義わせていますが、その拡散方法について、注目されています。

その内容は、ローラさんやブルゾンちえみさんらもSNSで拡散したこの事件についてですが、使用されている写真がかなり過去の物だったということ。

 

この記事では、アマゾン火災 写真誤用に注意!範囲や動物も過去の物!誤用ツイートまとめ!の内容や、実施の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

アマゾン火災 写真誤用に注意!範囲や動物も過去の物!

 

最近、世界中で話題になっているアマゾンの火災ですが、その焼失面積は四国の大きさを超え、深刻な事態になっているということです。

そのことを、モデルのローラさんや、フランスのマクロン大統領などがSNSで拡散したことによって一気に話題になりましたよね。

 

しかし、今回の件を拡散するにあたって、注意しなければならないことがあるということなのです。

それは、アマゾン火災の写真の誤用です。

 

このような拡散に使われている写真が実は、過去の物だったということなのです。

例えば、俳優のレオナルドディカプリオさんや、モデルのローラさん、お笑い芸人のブルゾンちえみさんなど、投稿に使われた写真はいずれも16年も前の物だったといいます。

 

その他にも、複数の過去の写真や、関係の無い写真までもが出回ってしましました。

森林が燃えている画像だけではなく、子供を抱いている猿の画像を出回っているようですが、実はそれも何の関係もなく、インドで撮影されたもの。

 

Avinash Lodhi氏によって撮影されたこの写真は、躓いて倒れた子ザルを心配して叫んでいる様子をとらえたものだということ。

今回のような森林火災のことを世界に伝えるということは本当に大切なことなのかもしれませんが、しっかりと事実を伝えなければなりません。

 

そのことが本当のことなのか、一度立ち止まって考えることが重要そうです。

写真はコピーが簡単にできてしまうので、どの写真が真実を伝えているのかわからなくなってしまう場合もあります。

 

撮影日などが記されているものを参照に、本当の情報を取捨選択することが誤用の対策になりそうですね。

 

実際に、アマゾンで起きている火災は、本当に深刻なもので過去最悪のペースで進行しているとの事。

 

火災の件数は、昨年と比べると、84%も増加し、このまま続くと気候変動に大きなダメージを及ぼす影響が考えられています。

そもそも、その原因になったのは、熱帯雨林の開発ということなので、私たちが自然とうまく共存するすべを見つけていかないといけないのかもしれません。

 

本当にこの火災によって、苦しんでいる動物たちがいるかもしれませんし、最終的には我々人類への影響になってしまいます。

事実を伝えることこそが、このような世界的な事件の防止になるのかもしれません。

 

アマゾン火災 写真誤用に注意!誤用ツイートまとめ!

 

今回話題になっているアマゾン火災の誤用ツイートをまとめます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日はとてもショックをうけました。今ブラジルでは、大規模な山火事が3週間続いています。なのにこの件はほとんどのメディアが取り上げていません。アマゾンの森林は地球の20パーセントの酸素を生み10パーセント近くの生き物が生息しています。毎日ニューヨークシティの大きさの森が地球から消えています。森が無くなることで地球温暖化はさらに加速し、これから様々な問題が発生します。私たちが何を食べるか、選ぶかで私たちの未来が決まります。みんなでこの事をリポストをしてシェアしましょう #PrayForAmazonia I am very shocked that the Brazilian forest has been burning for 3 weeks now and there has been very little media coverage on this devastation. Brazil’s forest, the largest forest in the world, provides 20% of the earth’s breathing capacity. Research shows that the Brazilian forest is home to 10% of the world’s species and it contains 80,000 different plants. Everyday a forest area, the size of New York City, is lost. The land is then used to produce items to meet human demands, such as livestock farms, Palm oil, etc . What we eat, buy or do is vital to our future environment. Please share with others about what is happening to our planet and what is happening to the Amazon Forest

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 –

スポンサードサーチ

アマゾン火災 写真誤用に注意!世間の声

 

今回の件について世間の声をまとめます。

 

「実際にアマゾンの密林を訪ねたことのある人は少ないと思います。だから画像の転用ということになるのでしょうが、それなら、使用許可の有無や画像の間違いの成否をよくよく確認した方が良いでしょう。
地球環境の意味を訴えたいという気持ちもわかりますが、私たちのほとんどが、その犠牲の上に暮らしていることも事実です。
だからこそ、各方面への投稿には功を焦らず、アップの前には再検討の必要があると思います。」

 

「難しいときもあると思うが、そもそも論として、伝聞と自分で体験したことを分けて伝えた方が良いと思う。
まるで見てきたことのように書いたり、こういった出来事を批判につなげようとすぐするのはこういうコメント欄に書き込むだけの行為も含めて少し慎んだ方が良いね。」

 

「SNSの発達で瞬時に世界中の多くの人にいろいろな情報を伝えることができるようになったが、誤ったあるいはわざと間違った情報をも伝えてしまい、真実がどこにあるかが以前よりわかりにくくなった。
まだまだ簡単に情報を鵜呑みする連中も多く、おかしな方向へどんどん進む場合も少なくない。
ツイッター、インスタグラム、各種掲示板云々は信用半分だと思う。
発信側の程度も求められるが、受信側も良し悪しを判断できる力が必要だ。」

 

「例えばRTする前に画像検索なり他の媒体はどう報じているのかなどを検索するだけでも大半のフェイクは防げる
ただ今回のアマゾンの火災で言うと別の国の猿の写真や山羊の写真はともかく過去のアマゾンの火災などの写真は今のアマゾンの火災の写真と変わらず(全体規模の写真などだと違うが部分的な範囲での写真は今の火災の現場も無数にあるので)大変な火災だということを伝える意図としてはさほど問題ではないと思う
もちろんフェイクニュースを右から左へ簡単に拡散してしまう習慣は忌むべきものなので言ってること自体は賛成だしわかる」

 

発信者が気を付けるのはもちろん、受信者も情報の取捨選択をすることが大切のようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関大コーチ 疑惑 反論はモラハラ!真相は派閥争いか?

  フィギュアスケート元五輪代表で、関西大学の監督だった織田信成さんのモラハラ問題に関して、疑惑の関大コーチが反論したということで注目され話題になっています。 その内容は、関西大学アイススケ …

高島屋 原産地誤表示の理由は?世間の声や動画まとめ

  大手百貨店である高島屋が、通販サイトで有名ブランドの原産地を誤表示したことが騒動になっています。   その内容とは、高島屋が通販サイトで販売している高級ブランド化粧品が、偽物で …

no image

矢沢永吉 二転三転はメールの件!43年ぶりライブはどうなった?

  歌手の矢沢永吉さんが野外ライブ中止に関してファンからのメールと自身のコメント削除をしていたということで注目され、話題になっています。 その内容は、野外ライブを中止する代わりにインターネッ …

アップリカに排除措置命令。ベビーカーはどこで買えばいい?

  ベビーカーなどを安売りしないように小売店に圧力をかけたとして、ベビー用品メーカーのアップリカが処分を受けたことで話題になっています。 その内容とは、ベビー用品大手のアップリカが、ベビーカ …

違法まつエク店 警鐘で被害は減る?【動画】YouTubeも原因か。

  以前から問題になっているとされる「違法まつエク店」が減らないということを受け、業界団体が警鐘を鳴らしたということが注目され、話題になっています。 その内容は、まつ毛エクステンションの無免 …