ライフハック

オープンカーの幌 耐水性はどのくらい?手入れで長持ちさせる方法!

投稿日:

 

昨今では、温暖化の影響などによりゲリラ豪雨などが心配されていますが、オープンカーの幌の耐水性はどの程度なのかということが注目され話題になっています。

その内容は、オープンカーは完全防水ではないといえ、その耐水性はどの程度のものなのかということ。

 

この記事では、オープンカーの幌 耐水性はどのくらい?手入れで長持ちさせる方法!の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

オープンカーの幌 耐水性はどのくらい?その内容は?

 

オープンカーといえば、だしもが一度は乗ってみたいとあこがれる車なのではないでしょうか。

運転手側も助手席側も、その車に乗りたいと思う人は多いはずです。特に晴れた日に風を感じながらのドライブは最高でしょう。

 

そんなオープンカーですが、雨の日はどのくらい走れるのでしょうか?その耐水性に注目が集まっています。

一般的な車であれば、雨を心配知ることはありません。しかし、オープンカーはその構造上、完全防水というわけにはいかないようです。

 

また、昨今では雨による被害も多く取りざたされるようになってきました。

カーメーカーのマツダによると、マツダのオープンカーであれば、ゲリラ豪雨のような大雨でも耐えられるような設計になっているということ。

 

ただ、高圧洗浄機のようなピンポイントで水を噴射するものが窓と幌の間に当たってしまうと浸水する可能性があるそう。

高圧洗浄機を使うということは、かなり特殊な状況だと思いますので、日常的に運転する分には問題なさそうですね。

 

そもそもオープンカーには、屋根の種類が2種類あって、主にアルミニウムやFRP(繊維強化プラスチック)からできているハードトップと、キャンバスやビニールを使用したソフトトップという種類があります。

そんなオープンカーの屋根ですが、もちろん耐久性に優れているのはハードトップです。

 

しかし、「らしさ」を求めるのであればソフトトップが良いというユーザーも多いのだとか。

ハードトップよりもソフトトップのほうが耐水性に心配を感じますが、それでも日常遣いには問題ないそう。

 

雨の日が心配だからといって運転できなかったり、購入を検討しているという人は、安心して運転できそうですね。

 

オープンカーの幌 耐水性はどのくらい?手入れで長持ちさせる方法!

 

オープンカーの屋根について、ソフトトップのほうがメンテナンスも難しそうに感じますが、その手入れ方法はどのようなものなのでしょうか?

マツダが推奨しているものは、薬品を使わず水洗いするということです。

 

それは、市販の薬品がどのような効果があるかわからず、悪影響を出してしまう可能性があるということでした。

また、自動洗車機や高圧洗浄機は傷をつけてしまう可能性が大きいので、注意が必要です。

 

さらに、オープンカーのソフトトップは雨や紫外線にさらされることによって劣化してしまします。

屋外の駐車場に車を停めてある場合はボディーカバーをするなどの対策をしたほうが無難ということですね。

 

このような少々手間がかかってしましますが、だからこそ、愛着がわくのではないでしょうか。

長持ちさせて、ずっと運転していきたいですよね。

 

スポンサードサーチ

オープンカーの幌 耐水性はどのくらい?実際の動画は?

 

オープンカーのメンテナンス方法について話題になりましたが、実際の動画はこちらです。

 

 

オープンカーの幌 耐水性はどのくらい?世間の声

 

オープンカーの幌の耐水性について、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「20年前のNBロードスターだってゲリラ豪雨でもなんの問題もありませんでしたね。
ただし生産から10年くらい経過すると色々交換する必要がある部品が出てくるかな。
そして幌のメンテ&交換は信頼と実績のあるところで。間違った交換している店もかなりあるみたいですよ。それはディーラーでも同じ。とにかく技術を持ったところを見つけるのが不可欠。」

 

「NAロードスターに17年間乗ってたけど、室内保管な上あまり乗らなかったから幌は痛まず、雨の日でも一度も雨漏りはありませんでした。
ただ、一度だけ「いけるだろう」と洗車機にかけたら幌のリアのチャックから室内に水が漏れてきて、かなり焦りました。
その時オープンカーは洗車機にかけてはいけないと学びました。
現在は初代コペンを所有しており電動ハードトップですが、洗車機にはかけません。」

 

「ファミリア・カブリオレ、ロードスター・リトラクタブルライト最終型、どちらも新車からの経験から、ソフトトップからの雨漏りの経験はありません。が、リアウインドがビニールだと手入れに気を使います。マツダ純正のビニールウインド保護ワックスは必需でした。ソフトトップは素材に合った撥水スプレーを使用していました。現在のオープンはガラスウインドゥなので心配はないでしょうねぇ。フルオープン走行は夏場の日焼けに注意。オープンが楽しいのは、春、秋の好シーズンか冬場。意外に冬場のオープンは爽快ですよ。」

 

雨対策よりも紫外線のほうが対策したほうが良いという意見も見受けられました。

雨は優先度が低いということは、耐水性には問題ないようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

越境通学 問題点や理由は?【衝撃】裏技で入学する方法とは?

Contents1 越境通学 問題点や理由は?その内容は?2 越境通学 問題点や理由は?裏技で入学する方法とは?3 越境通学 問題点や理由は?世間の声   京都市の市立中学校で越境通学が話題 …

スマホホルダーで違反?位置は大丈夫?車の正しい取り付け場所とは?

Contents1 スマホホルダーで違反?位置は大丈夫?その内容は?2 スマホホルダーで違反?位置は大丈夫?世間の声   近年では、カーナビの代わりにスマホのナビアプリを利用する人が増えてき …

臭う汗と臭わない汗の違いとは?その原因と対策まとめ

Contents1 臭う汗と臭わない汗の違いとは?2 臭う汗と臭わない汗の原因は?3 臭う汗の対策について4 臭い汗の対策をしている人の声   6月に入り、ジメジメとした季節がやってきました …