ライフハック 政治・経済

越境通学 問題点や理由は?【衝撃】裏技で入学する方法とは?

投稿日:

 

京都市の市立中学校で越境通学が話題となり、その問題点が注目されています。

その内容とは、越境通学をする生徒がいるために、地元の生徒が部活動などでの大会に参加しづらくなっているということ。

 

この記事では、越境通学 問題点や理由は?裏技で入学する方法とは?の内容や、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

越境通学 問題点や理由は?その内容は?

 

「越境通学」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。お子さんのいるご家庭では日常的に使っているかもしれませんが、あまり耳慣れない言葉だと思います。

越境通学とは、義務教育において学区外の学校や、市立高等学校・一部の県立高等学校など学区の定められている学校に学区外から通学することを言います。

 

そんな越境通学ですが、その問題点が話題となり、注目されているのです。

そもそも越境通学をしてしまう理由は何なのでしょうか?

 

特にその理由で多いのが部活動だといいます。

公立学校とはいえ、その指導力には差があり、強豪校に入れてあげたいと思う親御さんも多いはず。

 

公立校に通う場合には、自由に学校を選ぶことが出来ないのでそんな場合に越境通学をしてしまうようなのです。

今回話題になっている京都市内の保護者は、部活動顧問に小学生の時からかかわりがあった人がいるとのことで、子供を越境通学させたということを明かしました。

 

親にとっては、知り合いがいるというのも安心材料の一つになるでしょう。

しかし、このような越境通学には問題点もあるのです。

 

今回注目されているように、越境通学の理由で多いのが部活動に関することです。

部活動に関して越境通学をしているという生徒は、そのスポーツを小学生時代からやっているという人が大半で、中学生から始めた地元の子との実力差がでてしまうとの事でした。

 

やはり、部活動も強い選手を大会などには出場させるでしょう。

と、いうことは、地元の子は越境通学をしている生徒がいることによって、その出場機会が減ってしまうということなのです。

 

親の気持ちや子どもがスポーツを続けたいという気持ちもわりかますが、なかなか難しい問題のようです。

個人的にも、環境の悪い学校や、評判の悪い学校には子供を通わせたくないという気持ちになります。

 

自分の住んでいる地域の学校がそのようなうわさがあるのだとすれば、子供を守るためにも越境通学をさせてしまうかもしれません。

 

自分の子供を一番に考えることは当たり前のことですが、少し考えると、このような問題があるということがわかりました。

 

越境通学 問題点や理由は?裏技で入学する方法とは?

 

越境通学は基本的に禁止されていますが、どのようにして通学しているのでしょうか?

教育委員会によると、越境通学は、難聴学級などのやむを得ない理由で就学する場合には認められていますが、部活の指導力で学校を決めることはできません。

 

そんな中で、越境通学をする裏技があるというのです。

越境通学をさせていた保護者によると、中学入学のタイミングで校区内に引っ越すと偽りの申請を出すそうです。

 

その後は、校区内にある親戚の家に住民票を移し、越境通学をするとの事。

ここまでして通学したいものなのでしょうか。義務教育中は学校とのつながりがまだまだ強いと思いますので、様々な問題が生じそうです。

 

今回の件に関して、学校側は、事前に書類や面談で住居を確認し、越境通学をすることが出来ない状態か確認しているとの事。

しかし、このような相談は絶えず、学校側は黙認状態になっているのではないかといわれています。

 

部活をするためだけに学校に行っているわけではないので、地域との連携で、このような問題を解決してほしいですね。

 

スポンサードサーチ

越境通学 問題点や理由は?世間の声

 

今回の越境通学の問題点に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「これは難しい問題だと思う。
例えば学区の中学ではプールはない、隣の中学はプールがある。という場合。隣の学校に越境して部活を一生懸命やりたいというのはダメなのかな?
学区の中学にプールがあればもちろん越境の理由にはならないと思うけど、こういう場合は親としては越境させてあげたいな。と思う気持ちもある。
地域のスイミングスクールに通うという選択もあると思うけど、学校を代表して大会などに出たいと言う気持ちも有るだろう。」

 

「住所を偽るのは良くないけど、明確な目的があってその中学に行きたい!というならば柔軟に対応してもいいと思います。
学校に通うのは子供だし、行きたい学校に通って部活を頑張って、充実した中学校生活が送れればそれは素晴らしい経験になる。
部活動は教育の一環、などという奇麗事をいうつもりはありません。中学校で自由を奪うことが教育なのかなと思います。
地元の子が試合に出られない、というのは実力の問題。実力のある子が試合に出るのは当然。試合に出たいなら練習してレギュラーを勝ち取るしかない。」

 

学校や地域の柔軟な対応が必要そうです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-ライフハック, 政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

潮来市 抗議殺到の理由は釣り人!?観光客がいなくなる?

  茨城県潮来市の農業用水路でいけなどを浄化するということに抗議が殺到しているということが注目され、話題になっています。 その内容は、バラエティー番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の …

ドーミーインの人気理由とは?大浴場に「夜鳴きそば」サービスがスゴイ!

  日本生産性本部(東京・千代田)の2019年度日本版顧客満足度指数(JCSI)調査において、ビジネスホテル部門でドーミーインが首位となり、注目を集めています。 その内容とは、2018年まで …

高須院長が非難!N国立花氏の言動は営業妨害!実際の動画は?

  高須クリニック院長である高須克弥院長が「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参議院議員の言動を非難したことが注目されています。   その内容は、TOKYO MX「5時 …

ブラックバイト 沖縄 深刻化!怖すぎ…特徴や見分け方対策は?【画像】

いわゆる「ブラックバイト」の名前で知られる、学生であるということを尊重しないアルバイトが深刻化しているということで話題になっています。 その内容とは、沖縄県でブラックバイトの広がりが懸念されている反面 …

エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?登山と先住民との関係は?

  オーストラリアの観光地であるエアーズロックが閉鎖されるということで、注目され、話題になっています。 その内容は、マナー違反や事故、先住民との関係でエアーズロックに登山することが禁止になっ …