エンタメ 科学

ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?【画像】ネス湖のロマンとは?

投稿日:

 

イギリス北部スコットランドにあるネス湖に存在するとされるネッシーの正体が調査により判明したということが注目され話題になっています。

その内容は、未確認生物の「ネッシー」の正体が実は巨大なうなぎだったということ。

 

この記事では、ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?ネス湖のロマンとは?の内容や実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?その内容は?

 

「ネッシー」といえば、スコットランドのネス湖に存在するといわれている未確認生物で、恐竜のような姿をしているのが特徴的な生物です。

ネッシーに関しては、昔からその存在について議論が交わされ、様々な証拠写真がありましたが、そのどれもがネッシーの存在を裏付けるものにはなりませんでした。

 

そんなネッシーですが、その正体が調査によって判明したということで、話題になっているのです。

ネッシーに関しての調査はニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授らのチームによって行われました。

 

そして、2019年9月5日の発表で「大量のうなぎのDNAを発見した」と説明されました。

今回の調査は、水中に存在する膨大な量の生物のDNAを調査・分析するというものでしたが、その結果、うなぎのDNAが多く見つかったということ。

 

20世紀最大の謎といわれたネッシーの存在についてですが、結果がうなぎということで、ファンは意気消沈してしまったのではないでしょうか。

未確認生物と聞くと、ネッシーの名前はすぐに出てきますが、いないと決定されてしまうと、とてもさみしい気持ちになります。

 

ひと昔前はゴリラや、パンダも未確認生物といわれていたこともあるだけに、大きなうなぎがネッシーだとされても不思議ではありません。

ネッシーに関しての証拠写真は今まで様々なものが世に出回ってきました。

 

今回調査にあたった教授は「うなぎが通常よりも極端に大きく成長する可能性もある」としていますので、今までの写真に写っていたものはうなぎだったということなのでしょうか。

ネッシーはいないということになっていましたが、うなぎが巨大化するネス湖の環境もそれはそれで気になります。

 

恐竜のように見えるうなぎがいたということになれば、それもロマンを感じますし、未確認生物といっても過言ではないでしょう、

大規模な調査で熱しの存在は否定的になってしまいましたが、まだまだ解明されていないことは多く、さらなる解明の必要性を感じます。

 

ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?ネス湖のロマンとは?

 

ネッシーはそもそもどのようなきっかけで、世に出ることになったのでしょうか。

ネッシーをめぐっては、1933年に地元紙が未確認生物の目撃情報を報道したということから始まりました。

 

そこから約90年がたっていますが、今でも多くのファンがそのロマンに胸をときめかせています。

もちろん当初は創作という指摘も多くありましたが、現在でも目撃例が年間10件寄せられているということ。

 

火のない所に煙は立たぬといいますが、全ての目撃例が、偽物というわけでもないかもしれません。

未確認生物や幽霊などの霊的な現象を目の当たりにした際には、超常的過ぎて人間の脳の処理が間に合わないという説もあります。

 

もしかしたら、そういったロマンに立ち会っているにもかかわらず、見えていないように思っているだけなのかもしれません。

今回はネス湖の調査でしたが、地球は広く、解明されていない謎もたくさんあります。

 

そんな謎は謎のままにしておくほうが実は面白いのかもしれません。

もしかすると、あなたも超常的な体験をしているかもしれません。

 

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

スポンサードサーチ

ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?実際の画像は?

 

今回、ネス湖のネッシーが話題になっていますが、その実際の画像はこちらです。

 

 

ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?世間の声

 

ネッシーの正体が調査で判明したということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「イッシーがいるとされている池田湖にも大ウナギがいるから妙に納得してしまった。
いないって証明されちゃうのは悲しいが真実を知りたいという気持ちも当然ある。
もちろんネッシーが実在するのが一番いい形ではあるけど」

 

「魚が極端に少ないネス湖。
大きな魚がいないため、恐竜だと餌不足。
雑食性のウナギなら、魚が少なくても、甲殻類や両生類がいれば大きくなれる。
オオウナギの種類なら、尚更大きくなれる可能性がある。
個人的には、ウナギに似た古代生物であって欲しいが・・・」

 

「淡水魚には死ぬまで成長し続ける種が多くいるそうです
それぞれの寿命に個体差もあるだろうから、超長寿のうなぎが奇跡的に外敵から逃れ続け、信じられない大きさに成長していることも十分に考えられる
大きくなれば襲われにくいし、長年生きれば用心深くもなるだろう
ネッシーが巨大うなぎでも十分に夢があると思う」

 

個人的には、ネッシーなど未確認生物の存在を信じています。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-エンタメ, 科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やなぎなぎが結婚!相手は誰?顔画像や馴れ初めは?世間の声などまとめ

  シンガーソングライターであるやなぎなぎさんが結婚されたということで注目が集まっています。   その内容とは、大阪府出身でシンガーソングライターのやなぎなぎさんがこの度一般の男性 …

演出 やらせ 差異とは?テレビ番組では日常茶飯事?

  昨今ではテレビ番組での過剰な演出が話題になる事がありますが、演出とやらせの差異とは何なのか、注目され話題となっています。 その内容は、ドラマや、映画、演劇などの演出と、場を盛り上げるため …

鈴木福 左手骨折!理由は野球?中学校の思い出に!彼女はできた?

  俳優の鈴木福君が、8月21日、東京・神田練塀町のアキバシアターで行われたイベントに参加し、その姿が話題となっています。   その内容とは、鈴木福君が米映画の「シャザム!」のブル …

倉木麻衣 デビュー当時再現でファン歓喜!ライブで歌われた歌詞の意味とは?

  歌手の倉木麻衣さんが自身の行ったライブで、デビュー当時を再現したということが注目され、話題になっています。 その内容は、倉木麻衣さんがデビュー20周年記念ライブツアーのファイナル公演を行 …

パプリカ ヒット理由とは?子供たちに大人気の真相は歌詞やダンス?

  米津玄師さんが作曲した「パプリカ」が、子供たちに大人気ということで注目を集めています。   米津玄師さんといえばパプリカだけではなく「Lemon」や「Flamingo」など大ヒ …