政治・経済

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?【画像】車種も様々に。

投稿日:

 

葬儀の際に使用される霊きゅう車が変化を見せているということで注目され話題になっています。

その内容は、時代の流れに沿って豪華絢爛な「宮型霊きゅう車」と呼ばれるタイプの霊きゅう車が激減し、その車種が変化しているということ。

 

この記事では、霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?車種も様々に。の内容や、実施の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?その内容は?

 

葬儀の際に使用される霊きゅう車といえば、車の上に豪華絢爛なお寺のような建物が取り付けてあって、一目見れば霊きゅう車だとわかるような外見をしています。

個人的には、幼少期から「霊きゅう車を見たら親指を隠したほうが良い」なんていわれながら育った思い出があります。

 

私たちがイメージするいわゆる霊きゅう車のイメージがありますが、その外見に変化が起きているということで注目が集まっているということ。

車の上にお寺のような建物を取り付けるのは「宮型(みやがた)」と呼ばれる霊きゅう車なのですが、実はそのタイプの霊きゅう車は激減しているとの事。

 

では、一体その理由は何なのでしょうか?

まず考えられる理由が葬儀が簡素化されているということなのです。

 

お葬式を家族だけで執り行う「家族葬」などで費用の低下があり、宮型霊きゅう車の使用率が減っているのではないかと考えられています。

また、名古屋市では地元民の要望で宮型霊きゅう車の使用を控えてほしいということがあったそうなのです。

 

宮型霊きゅう車はやはり遠くから見ても霊柩車だとわかるほど、目立つものです。

生活道路を霊きゅう車が通るということなので、住宅街に近いところでは乗り入れ禁止になっている場所も多く、名古屋市だけではなく全国的に広がっているということ。

 

そんな宮型霊きゅう車の使用が激減していることを受けて、複雑な思いをしているのが、霊きゅう車の製造会社なのです。

そもそも宮型霊きゅう車のモデルとなっているのは「野辺の送り」という遺体を埋葬地や火葬場まで運ぶことなのです。

 

野辺の送りの際には、遺体を担いで運んでいましたが、その形状が今の宮型霊きゅう車のモデルになっているということでした。

昔の伝統にのっとって宮型霊きゅう車で運んでほしいという人も中にはいるそうなので、葬儀の文化として、宮型霊きゅう車もしっかりと残していってほしいですね。

 

ふと、振り返ると町中で宮型霊きゅう車を見なくなったような気がします。

その理由はこのような事があったからなのですね。

 

時代の流れによって廃れて行ってしまうものは多々あると思いますが、このような古き良き文化は伝統としてしっかり引き継いでいってほしいと思います。

 

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?車種も様々に

 

宮型霊きゅう車の使用率が低くなっているとの事でしたが、その車種にはどのようなものがあるのでしょうか。

名古屋市天白区にある「八事斎場」では、シンプルな黒いタイプやワゴンタイプなど5台の霊きゅう車があるなかで、宮型霊きゅう車は1台しかないといいます。

 

やはり、人気なのは洋型霊きゅう車で、プリウスなどの一般的に知られている車種を霊きゅう車として改造している場合もあります。

様々な変化がありますが、時代のニーズに沿うのと、伝統をのこしていくことを両立することはなかなか難しいようです。

 

スポンサードサーチ

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?実際の画像は?

 

宮型霊きゅう車が激減しているということでしたが、実際の霊きゅう車の画像はどのようなものなのでしょうか。

実際の画像はこちらです。

 


 

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?世間の声

 

霊きゅう車の変化が起きているということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「バス型霊柩車もあるそうな。
座席の下のスペースにバスの後方から棺を入れて、座席にはご遺族が全員乗れるとか。
運転手が1人で済むから便利。」

 

「先日、顔はプリウスなのに異様にホイールベースが長いクルマを見かけて「な、何じゃこりゃ!」と思ったら葬祭サービスのロゴが入ってる霊柩車だった。最近は色んなのがあるんだね。」

 

「もう10年以上経つが祖父の葬儀の時、葬儀社との打ち合わせで霊柩車はどちらにしますかと写真見せられた瞬間に、父と私が同時にこっちで!と洋型霊柩車の方を指差した。
宮型の方、こんな派手ないかにもな車はイヤだととっさに思ったものです。
その後祖母の葬儀のときは参列者も少なかったので親族が乗るバスに棺も同乗する形にし、単独の霊柩車は頼みませんでした。
こうやって段々廃れていくんでしょうね。」

 

費用を抑えることや、時代の流れによって廃れて行くものがあるのかもしれません。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父子家庭の貧困問題に不安…。内容や支援は無い?世間の声まとめ

  沖縄県で6月14日に公表された小中学校調査で見えてきたのは、困窮層での必要な支援がいきわたっていないという事実でした。   この調査は3年ぶり2回目であり、親が働き詰めで、子供 …

イケアが札幌店出店を撤回!理由は?その他の店舗はどこ?おすすめ商品は?

  家具販売の大手といえば、ニトリやイケアが有名ですが、イケア・ジャパンが2020年までの札幌店出店について撤回したことを明らかにし、注目が集まっています。   その内容とは、東京 …

体育の日 最後の理由とは?「体育」という言葉は無くなるのか?

  本日(2019年10月14日)は体育の日でしたが、令和最後の体育の日ということで、注目され、話題になっています。 その内容は、2020年より、体育の日ではなく「スポーツの日」と名称が変わ …

ガリガリ君ソーダ味 青色 理由は海と空?ヒットの理由3つとは?

  国民的アイスキャンディー「ガリガリ君ソーダ味」はなぜ青色なのかという理由が明らかになり、注目され話題になっています。 その内容は、ガリガリ君がロングセラーになったアイデアやマーケティング …

いきなり!ステーキが低迷、その理由は?快進撃から一転、苦戦や誤算まとめ

ステーキ店といったら「いきなり!ステーキ」を思い浮かべるほど有名なこの店舗ですが、一時の勢いに陰りが見えています。   厚切りのステーキを比較的安価な値段で提供し、ステーキブームをけん引して …