政治・経済

小泉進次郎 苦言の理由は入閣報道!【動画】育休はどうなった?

投稿日:

 

衆議院議員である小泉進次郎氏が入閣に関して、報道された件について苦言を呈していることが注目され話題になっています。

その内容とは、環境大臣として入閣することになった小泉進次郎氏が、入閣する際の育休問題などについて取り上げられたことに関する苦言を呈したというもの。

 

この記事では、小泉進次郎 苦言の理由は入閣報道!育休はどうなった?の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

小泉進次郎 苦言の理由は入閣報道!その内容は?

 

小泉進次郎氏といえば、衆議院議員として活躍されており、最近ではフリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚したことで話題になりました。

また、小泉進次郎氏が入閣するかしないかということでも多くの記事や、メディアで取りざたされることになったのです。

 

そんな小泉進次郎氏が今回の一連の報道に関して苦言を呈しているということが注目されているのです。

環境大臣として入閣することが決定した小泉進次郎氏ですが、2019年9月11日にマスコミの囲み取材に応じ、記者からの質問に答えました。

 

その際に一連の報道に関して苦言を呈す場面があったのです。

今回の報道とは、小泉進次郎氏が入閣するにあたって、育休はどうなるのかというもの。

 

その件に関しては「切り取り報道があった」と、伝えたかったことと違うように伝わってしまった恐れがあるということを明らかにしました。

環境大臣の仕事としては、9月12日にまずは福島へ行くということを明かした小泉進次郎氏。

 

原子力防災担当大臣の仕事は今まで小泉進次郎氏が取り組んでこられた復興や除染などのことに関して欠かせないことだとして、しっかりと働いていきたい、と環境大臣に就任した意気込みを語りました。

また、今回の入閣報道で、入閣する、しない、といったことに関して話題になった小泉進次郎氏ですが、記者からは入閣打診の時期についても話がうつりました。

 

その件に関しては、月曜日に阿部総理大臣から電話があり入閣打診について知らされたということ。

しかし、「言わないことで価値がある」として、政治家同士の信頼関係や記者との信頼関係の中では、秘密にしておいたほうが良いと釘を刺したのでした。

 

原発問題から長い時間がたち、難しい問題が山積みだとは思いますが、これからは環境大臣として日本のために頑張っていってほしいですね。

 

小泉進次郎 苦言の理由は入閣報道!育休はどうなった?

 

小泉進次郎氏が入閣するにあたって、育休はどうなるのかという問題が報道されましたが、その件に関してはどうなっているのでしょうか。

小泉進次郎氏は子供が生まれた後のことよりも、まずは妻が元気に出産すること、妻である滝川クリステルさんを心配する様子を見せました。

 

このままいけば、滝川クリステルさんは42歳という高齢出産を経験することになります。

やはり高齢出産は多くのリスクが付きまとうものなので、育休より、まずは妻の身を案じるということなのでしょう。

 

また、小泉進次郎氏が育休を検討している件に関して、報道になる事が「日本って固い」と今の体制に事に関して疑問を持っているようでした。

確かに、ニュージーランドでは議員の子供を議長が抱っこしてミルクをあげている姿が話題になりました。

 

そういった臨機応変な対応が日本でもできるようになっていけば良いですね。

 

スポンサードサーチ

小泉進次郎 苦言の理由は入閣報道!実際の動画は?

 

小泉進次郎氏が記者からの囲み取材を受けた際の実際の動画はこちらです。

 


 

小泉進次郎 苦言の理由は入閣報道!世間の声

 

小泉進次郎氏が苦言を呈していることに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「放射能への過剰反応に現地は今も苦しんでおり、ヘイトにさらされている。
それを突破するには何が出来るか、返ってヘイトを広めてしまう結果になるのか、かなり難しい。
特に韓国とのヘイトには正面切って対決してほしい。」

 

「任された環境省とは、まだまだ形の定まらない若い組織だと感じます。これまでも大臣による行動実績より口頭の演出が目立つ場面が多かったと思います。
せっかくの入閣です。国内外に向けて何を訴えるのか。福島に残る悪いイメージを払拭できるか。
難しい役目ですが、目に見える実績を残して欲しいです。」

 

「汚染水の放出が避けられない状況にある。韓国のみならず、アジアが見ている、環太平洋諸国が見ている中で説明責任を果たし、多数派工作に努めなくてはならない。福島での炊き出し活動から、一気にその分野の最高責任者になった。強烈に外交力、発信力が要求される。なったからには、被災地のために死ぬ気で奉公して欲しい。」

 

これからは環境大臣としての仕事で活躍していってほしいですね。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一風堂 3400円ラーメンのメニューがオシャレ!【画像】値段と釣り合う?

Contents1 一風堂 3400円ラーメンのメニューがオシャレ!その内容は?2 一風堂 3400円ラーメンのメニューがオシャレ!値段と釣り合う?3 一風堂 3400円ラーメンのメニューがオシャレ! …

大人様ランチは3722kcal!内容・画像は?値段や行き方まとめ

Contents1 大人様ランチは3722kcal!内容は?2 大人様ランチは3722kcal!値段や行き方まとめ 「お子様ランチ」ならぬ「大人様ランチ」というメニューが、北陸道の南條サービスエリア下 …

住職 実はブラックだった!?「坊主丸儲け」は嘘?年収や給料は?

Contents1 住職 実はブラックだった!?その内容は?2 住職 実はブラックだった!?年収や給料は?3 住職 実はブラックだった!?世間の声   8月に入り、そろそろお盆の時期になりま …

丸山穂高議員また発言炎上。和田アキ子へのツイートが話題に。動画やツイートまとめ

Contents1 丸山穂高議員また発言炎上。その内容は?2 丸山穂高議員また発言炎上。世間の声   衆議院議員である丸山穂高議員のTwitter上での発言が問題視されています。 その内容と …

救急病院に募金殺到!その理由や内容に世間は賛否両論!?

Contents1 救急病院に募金殺到、その内容とは?2 救急病院に募金殺到、世間の声とは   救急病院が窮地に陥り、募金活動を開始したところ、その叫びに各地からの募金が殺到したことで注目を …