事件・事故

YouTube 認証バッジ 条件変更で炎上回避?ネットからは安堵の声

投稿日:

 

Youtubeが認証バッジを付与する際の条件を変更したということで、注目が集まり、話題となっています。

その内容は、Youtubeが著名なクリエイターに付与するとされていた認証バッジですが、新しい基準を発表。しかし、不満が多く殺到し、方針を転換したということ。

 

この記事では、YouTube 認証バッジ 条件変更で炎上回避?ネットからは安堵の声の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

YouTube 認証バッジ 条件変更で炎上回避?ネットからは安堵の声

 

Youtubeといえば言わずと知れた、動画コンテンツで情報発信をするプラットフォームですが、そのYoutubeが認証バッジの付与する条件を変更したということで話題になっています。

認証バッジとは、そのクリエイターが登録者数10万人をこえていると、獲得することが出来るようなものでした。

 

具体的に言えば、そのチャンネルの名前の横にチェックマークがついているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

この認証バッジをめぐっては、一時、認証バッジが受け取れなくなってしまうというメールがYoutubeから送信され、クリエイターやYoutube関係者をざわつかせていました。

 

そもそもこの認証バッジですが、登録者数が10万人を超えているということを条件に、本当に公式なアカウントではなくても獲得できるようなものでした。

しかし、Youtube側は、この件に関して登録者数を主に見るのではなく、「公式だと証明できる」ことや「YouTube外でも広く認知されていること」を条件にすると、獲得条件の変更をしようとしたのです。

 

この件を受けて、Youtubeユーザーからは不満の声が殺到。YoutubeのCEOであるスーザン・ウォジッキ氏は方針を転換しました。

基準を満たさないチャンネルに関しては、認証バッジを持てなくなるということでしたが、この方針を撤回し、ユーザーからは安堵の声が広がっています。

 

実は、このような認証バッジの条件変更に関しては背景がありました。

認証バッジを獲得するようなチャンネルは他追えば誰かに成りすまされるような可能性があったり、バッジがないことによって混乱を引き起こしてしまうのではないかと考えられていました。

 

そこでYoutube側は、チャンネル登録者数だけではなく、広く認知されていたり、公式だといえるアカウントにバッジを付与しようと考えたのです。

Youtubeといえば、誰でも簡単に動画などのコンテンツが投稿できることが魅力の一つなので、このような制度がなくなってしまったら、ユーザーの張り合いもなくなってしまうでしょう。

 

登録者数が10万人をこえるということは本当に素晴らしいことだと思いますので、従来の条件で良かったのではないかと思います。

方針転換後は、従来通り登録者数が10万人にたっすれば、その申請を受けることができるということ。

 

本物のクリエイターブランドであり、公開のチャンネルであることを条件にバッジを取得することが出来ます。

しかし、なりすましなどの行為が発覚した場合は、もちろんバッジ付与は無く、追加で措置がされるとのこと。

 

この変更に伴って、認証バッジのデザインが変更されるということも明らかになっています。

今まではチェックマークだったのが、チャンネル名の背景を薄いグレーにして表示するということ。

 

チェックマークの場合だと、Youtubeがそのコンテンツを支持しているのではないかと勘違いされていることもあったらしく、その対策として、デザインの変更もされました。

Youtubeクリエイターの中には、そのようなバッジやYoutubeから送られてくる盾を目標に頑張っている人もいるのではないでしょうか。

 

ユーザーの意見を受けて、すぐに対応したYoutube側もさすがだと思います。

 

YouTube 認証バッジ 条件変更で炎上回避?実際の画像

 

今回、混乱を招くことになってしまった認証バッジの件ですが、その関連画像がこちらです。

 

 

スポンサードサーチ

YouTube 認証バッジ 条件変更で炎上回避?世間の声

 

Youtubeの認証バッジの条件が変更されたことに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「犯罪を犯したり迷惑をかけるような行為をしたりしたYouTuberは取消しすべきだと思う。」

 

「新興勢力の取り込みをなくした瞬間にオールドメディアになる可能性があるんだけどなぁ。」

 

「YouTube外で広く認知されている事って
これって誰がどう言う風に判断するの?」

 

「それより興味ないを選んだ動画を出て来ないようにして欲しい。企業も効果の無い広告費など無駄に支払う必要もなし」

 

やはり今回の件に関しては疑問の声があったと同時に、その他の改善点も考えられるようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

陸自 集団カンニングが発覚!方法はLINE?教官までもグルだった

  陸上自衛隊の昇級試験において、集団カンニングがあったことが発覚しニュースとして報道され、注目を集めています。 その内容とは、2018年8月に行われた筆記試験で、陸士長が3等陸曹に昇給する …

キユーピー 自主回収で被害はある?ドレッシングやベビーフードも危険?

  大手食品メーカーであるキユーピーが、商品を自主回収したということで、注目され話題になっています。 その内容は、キユーピーが販売しているパスタソースの中に樹脂製部品の一部が混入したとして8 …

高島屋 原産地誤表示の理由は?世間の声や動画まとめ

  大手百貨店である高島屋が、通販サイトで有名ブランドの原産地を誤表示したことが騒動になっています。   その内容とは、高島屋が通販サイトで販売している高級ブランド化粧品が、偽物で …

マルイ 謝罪の理由は伝票誤廃棄!弓月光氏も反応!謝罪文は?

  池袋マルイでは、2019年5月から6月まで「弓月光原画展」が開催されていましたが、その直筆サイン入りの版画が発送できなかったということで話題になっています。 その内容とは、画業50周年を …

田口淳之介 小嶺玲奈の初公判!土下座謝罪のその後…。動画や世間の声まとめ

  大麻取締法違反の罪で起訴された、元KAT-TUNのメンバーである田口淳之介被告と元女優の小嶺玲奈被告の初公判が、7月11日に行われ注目を集めています。 その内容とは、2019年5月に自宅 …