政治・経済

増税還元クレカ 判別方法はこちら!カードや対象は?

投稿日:

 

消費税増税に関して増税した際の還元を受けられるクレカ(クレジットカード)の判別方法が注目され話題になっています。

その内容は、ポイント還元策において、手持ちのクレジットカードが還元の対象か否かを判別することが出来る仕組みを、経済産業省が発表したというもの。

 

この記事では、増税還元クレカ 判別方法はこちら!カードや対象は?の内容は、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

増税還元クレカ 判別方法はこちら!その内容は?

 

2019年10月から消費税が10%になるということで、現在では還元セールや、増税前セールなどが様々な場所で行われています。

また、消費税が10%になるものや8%のままであるものもあるということが判明していて、消費者にとっては混乱を招いている部分があるようです。

 

そんな中で、2019年9月22日に経済産業省が手持ちのクレジットカードのポイント還元になるかという判別方法の新たな仕組みを導入するということが、注目されています。

このサービスは、経済産業省が作った専用のサイトで、自身のクレジットカードに記載されている最初の6桁の番号を打ち込むことによって、還元対象になるか調べることが出来るというもの。

 

このサイトでは、現在でも自分のカードが還元対象になるかということを調べることが出来ます。

しか、6桁の記載されている数字を入力するのではなく、カードの裏面に記載された発行会社名を入力し、各社のサイトに飛ぶことによって、還元対象かを確認できるというものなのです。

 

この方法でも調べることはできるのですが、カードの裏面には発行会社以外の提携先なども記載されている場合が多く、わかりづらいという声が上がったため、その改善策として、今回の新しい仕組みが導入されることになったのです。

クレジットカードの仕組みとしては、15桁もしくは16桁の番号の内最初の6桁は発行会社の物ということで、その番号を入力することによって判別が可能だということ。

 

やはり、クレジットカードの番号を入力するとなると、いくら経済産業省のサイトといっても少々抵抗があります。

ただ、すべての番号を入力するわけではないので、今のところは安心といえるのではないでしょうか。

 

このことによって、利用者の負担が大幅に削減されることになります。

ポイント還元や割引など、お得だとはわかっているものの面倒な手順があるからということで見逃しがちになってしまうこともあります。

 

しかし、このような対策によって、自分のクレジットカードの判別をする人は増えるのではないでしょうか。

増税まであと少ししかありませんが、大きなお買い物は今のうちに済ませておいたほうが良いのかもしれませんね。

 

増税還元クレカ 判別方法はこちら!カードや対象は?

 

今回の、増税後に還元対象になるクレジットカードの判別方法が話題になっていますが、そのカードや対象はどのようなものなのでしょうか。

経済産業省によると、「主要な事業者はほとんど対象にする」ということなので、マスターカードやビザカードなどの一般的によく使われているカードは対象になるようですね。

 

しかし、クレジットカードの発行業者は無数にあり、所持しているクレジットカードが対象外の場合もあります。

国内だけでもクレジットカード発行枚数は2憶7000万枚、発行会社は300件を超えるということ。

 

これらすべての判別をするのは難しいのかもしれません。

 

スポンサードサーチ

増税還元クレカ 判別方法はこちら!世間の声

 

今回の増税還元のクレジットカード、判別方法に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「ポイント還元の仕組み作りでお金をかけたり、ポイント還元したりするのなら、その分消費税を上げなければよいじゃないか。
よい評判を聞いたことがない。」

 

「ポイント還元対象事業者側ですが、はっきりいって対象となるための手続きが煩雑すぎてやる気が失せてます。
カード会社毎に手続き申請しないといけないし、店舗が違えば店舗ごとにしないといけない。
手続きもWEB上で出来ればいいが、会社によってはいちいち電話しないといけない。
電話したところで対象となるのに何週間もかかって本当に手続きできてるのかどうかもわからない。
事業者側でカードも使えますが当店では多分ポイント還元対象にはなりませんのであしからず。」

 

「ポイント還元の為クレジットカードを使わせるのなら、初めから消費税を上げなきゃ良い。世界的に見ても高いクレジット会社への手数料を販売店が負担することになり、販売店が損、クレジット会社がぼろ儲けするだけです。
クレジット会社の手数料は3.25%~12%位で高すぎるから、中国や欧州のように0.5~0.8%程度にするべきです。(ビックカメラやヨドバシカメラのような販売店の方が強い立場でも0.5%~2%らしい)今のままでは販売店が損失を被るし最終的には販売価格の値上げになってしまいます。」

 

やはり消費税増税に関しての疑問の声は多いようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

訪日韓国人客 48%減の真相は日韓問題!訪韓日本人はどうなった?

  2019年8月の訪日韓国人が48%減しているということで注目され、話題になっています。 その内容は、2019年8月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、2018年8月に比べて、48%減って30 …

高須院長が非難!N国立花氏の言動は営業妨害!実際の動画は?

  高須クリニック院長である高須克弥院長が「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参議院議員の言動を非難したことが注目されています。   その内容は、TOKYO MX「5時 …

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?【画像】車種も様々に。

  葬儀の際に使用される霊きゅう車が変化を見せているということで注目され話題になっています。 その内容は、時代の流れに沿って豪華絢爛な「宮型霊きゅう車」と呼ばれるタイプの霊きゅう車が激減し、 …

イケアが札幌店出店を撤回!理由は?その他の店舗はどこ?おすすめ商品は?

  家具販売の大手といえば、ニトリやイケアが有名ですが、イケア・ジャパンが2020年までの札幌店出店について撤回したことを明らかにし、注目が集まっています。   その内容とは、東京 …

JASRAC 保留金の使途とは?16億の新事業?世間からは批判の声

  JASRAC(日本音楽著作権協会)が分配保留金の使途を明らかにし注目が集まっています。   その内容とは、利用者から徴収した使用量の内の分配保留金を作詞家や作曲者に共通する目的 …