事件・事故

テレ朝会長 怒りの理由はセクハラ問題!犯人や被害女性は誰?

投稿日:

 

ニュース番組「報道ステーション」のチーフプロデューサーがセクハラ問題で更迭されたことに関して、テレ朝会長が怒りをにじませているということが注目され、話題になっています。

その内容は、2019年9月24日にテレビ朝日の定例会見が行われ、今回のセクハラ問題に関して説明を行ったというもの。

 

この記事では、テレ朝会長 怒りの理由はセクハラ問題!犯人や被害女性は誰?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

テレ朝会長 怒りの理由はセクハラ問題!その内容は?

 

ニュース番組「報道ステーション」といえば、2004年から放送が開始された番組で、様々なニュースを取り上げている情報番組です。

現在では富川悠太アナウンサーがメインキャスターとして活躍されていますが、以前は古舘伊知郎さんがキャスターを務めていたということでも知られています。

 

そんなテレビ朝日の看板番組である報道ステーションで、セクハラ問題がおき、その件に関してテレビ朝日の会長が怒りをあらわにしているということが、注目されました。

この件が発覚したのは、2019年9月1日のことでした。

 

一部週刊誌にこのことが取り上げられると、瞬く間にそのニュースが広がっていきました。

内容は、報道ステーションのチーフプロデューサーが女性社員にセクハラをしていたというもの。

 

このチーフプロデューサーに関しては、2019年8月30日に3日間の謹慎処分を受け、番組を外されるという処分を受けています。

この件を受けて、2019年9月24日行われたテレビ朝日の定例会見では、テレビ朝日の会長が怒りをにじませる様子がありました。

 

今回の問題を速やかに対応できなかったということの反省を含め、会長は「重く受け止めております」と反省の意を示しました。

また、局内ではコンプライアンス研修などの研修も行っていたということをあげ、「受け止められなかった人間がいたということです」と、今回のチーフプロデューサーの問題に関して怒りをあらわにしました。

 

今後の対策としては、そのような行為をした場合に厳正処分があるということの周知を徹底していくということ。

今回は看板番組のチーフプロデューサーが問題を起こしてしまったということで、そのダメージも大きいのではないでしょうか。

 

報道ステーションといえば、知らない人のほうが少ないのではないかというくらいの番組です。

チーフプロデューサーなど、役職がついたり、出世すると何をしても良いと思い込んでしまうのでしょうか。

 

今回の報道によって、このような行為をしている人に対しては、抑止力になるのではないでしょうか。

 

テレ朝会長 怒りの理由はセクハラ問題!犯人や被害女性は誰?

 

報道ステーションのチーフプロデューサー起こした問題に関して、その犯人や女性社員はいったい誰なのでしょうか。

現在のところ、被害にあった女性社員は森葉子アナウンサーで、チーフプロデューサーは桐永洋氏だといわれています。

 

桐永氏は、森アナウンサーに強引にキスをしようとしたり、マンションまでついていくなど、強制わいせつ罪ともとれるような行為をしていたということ。

また、今回の件だけではなく、社員から学生アルバイトまで10人以上にセクハラ行為を繰り返していた様子。

 

やはり被害者たちの声が大きくなり、今回のことが明るみに出ることによって、更迭に至りました。

このような事はどんどん取り上げていくべきなのではないでしょうか。

 

スポンサードサーチ

テレ朝会長 怒りの理由はセクハラ問題!実際の画像

 

今回話題になっている、桐永洋氏や森葉子アナウンサーの実際の画像はこちらです。

 

 

テレ朝会長 怒りの理由はセクハラ問題!世間の声

 

テレビ朝日の会長が怒りをあらわにしている件に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「セクハラも傷害等のように法をもっと整備して、実刑等を科すべきだと思いますね。そうしないとセクハラ問題はなかなか減っていかないんじゃないですかね。解決しようにも当事者はあやふやな終わり方で不満を抱えて生きている方も大勢いらっしゃいますし。」

 

「コンプライアンス研修を履修したからって、人を性善説に立って見たって不祥事は無くなる筈がない
要するに当事者に丸投げして本人任せにしていた訳ではないか
常に上からの監視と下からの報告を聴くことが必要」

 

「そもそも、罪を重くすればセクハラが無くなるだろう、というような発想しか持てない人が会長をやっていること自体が、全く、前近代的経営者。
これは精神に根差している問題だと考えれば、ある種、”犯罪を犯す人にも事情があった”、このとから出発して社員と一緒になって歩む姿勢が無ければ、そのうち最高刑の死刑を持ち出す会長になりそう。」

 

今回の件に関しては、まだまだ疑問の声が多いようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宮迫博之と田村亮が謝罪会見!吉本興業の闇とは?実際の動画、ツイートまとめ

  いわゆる芸人の闇営業として話題となった宮迫博之さんや田村亮さんですが、今回ついにその沈黙が破られ、話題になっています。   その内容とは、事務所を通さない営業で問題発覚した6月 …

佐野SA スト 経緯は何?原因は社長?解雇部長の告白とは?

  8月14日、東北道にある佐野サービスエリアでは従業員がおこした前代未聞のストライキによって、お盆真っただ中の観光客を困惑させる事態になったのは記憶に新しいです。   世間をにぎ …

浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!【画像】監督・選手侮辱で批判殺到!

  サッカーチームである浦和レッズのサポーターが侮辱的行為をしたということで、処分を受けていたということが注目され、話題になっています。 その内容は、ジーコテクニカルディレクターの記念碑にサ …

ペット同行避難 対応ばらつきで賛否両論!中一男子の事例が原因か?

  台風19号の影響でペット同行避難をする際の避難所の対応ばらつきに関して、注目され、話題になっています。 その内容は、避難所にペットを連れていくことに関して、賛否両論の議論が交わされている …

神戸市長 ツイートで教育委員会を批判!組体操は禁止なのか?

  神戸市長である久元喜造さんが、自身のTwitter上で組体操に関してツイートしたことが注目され、話題となっています。 その内容は、運動会や体育大会で組体操を行っている小中学校での怪我が判 …