エンタメ

木村一基九段 悲願達成で涙!【画像】将棋解説での名言とは?

投稿日:

 

棋士である木村一基九段が悲願達成で初タイトルを獲得したということが注目され、話題になっています

その内容は、将棋の王位戦七番勝負第七局が行われ。豊島将之王位に勝利し、王位タイトルを獲得したということ。

 

この記事では、木村一基九段 悲願達成で涙!将棋解説での名言とは?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

木村一基九段 悲願達成で涙!その内容は?

 

木村一基九段といえば、プロ入り後の勝率が非常に高いということが有名で、500戦以上している棋士の中で、勝率が7割以上の棋士は羽生善治さんと、木村一基九段だけという状態が長く続きました。

また、解説者としての人気も高く、丁寧で分かりやすいうえに、ジョークや毒舌を交えることで、視聴者からの支持を集めています。

 

そんな木村一基九段ですが、今回、初タイトル獲得という悲願を達成したということが注目されています。

2019年9月25日・26日に将棋の王位戦七番勝負第七局が都市センターホテルで行われました。

 

木村一基九段の相手は名人位を持つ豊島将之王位です。

今回の試合内容としては、木村一基九段が1局目、2局目と連取される結果となり、やはり「豊島強し」という雰囲気が流れていました。

 

しかし、3局目、4局目を木村一基九段が逆に連取。互角に渡り合った試合展開に大きな期待が寄せられながらも最終局面へとたどり着くのです。

始めはどんどん攻めてくる豊島将之王位に押され気味かと思われた試合でしたが、中盤になると盛り返し、接戦にもつれ込んだのです。

 

そして、木村一基九段が慎重に指し進めた結果、豊島将之王位は投了。悲願の初タイトル獲得となりました。

木村一基九段は1997年に4段に昇格後プロ入りし、2001年には勝率一位賞、最多勝利賞などの様々な所を受賞し、華々しい結果をのこしました。

 

しかし、タイトルに挑戦すること6回、あと一歩及ばず、対等取得を逃してきたのです。

そこでさすがの木村一基九段ですが、一切腐るとなく将棋を研究、「千駄ヶ谷の受け師」の異名をとるほど粘りの将棋を得意とし、今回の勝利を掴んだのです。

 

木村一基九段は46歳3ヶ月でのタイトル初獲得となりました。

この結果は、今までの記録を9歳近く更新する史上最年長記録となったのです。

 

昨今では将棋界に若い風が吹いていると取り上げられがちですが、「中年の星」もまだまだ負けてはいないようです。

 

木村一基九段 悲願達成で涙!将棋解説での名言とは?

 

木村一基九段といえば、その将棋の戦い方だけではなく、将棋解説や名言も注目される存在です。

 

木村一基九段の最も有名とされる言葉はこちらなのではないでしょうか。

「負けと知りつつ、目を覆うような手を指して頑張ることは結構辛く、抵抗がある。
でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂道を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう。」

この言葉を聞くと、木村一基九段の人生哲学が感じられ、今回の価値につながった要因なのではないかと感じます。

 

豊島将之王位は現在最強ともいえる棋士で、その人を破ってのタイトル獲得ということは、日々木村一基九段が進化しているという証明なのではないでしょうか。

 

これからも将棋やその解説で愛される存在であってほしいですね。

 

スポンサードサーチ

木村一基九段 悲願達成で涙!実際の画像

 

今回話題となっている木村一基九段の実際の画像はこちらです。

 

 

木村一基九段 悲願達成で涙!世間の声

 

木村一基九段が悲願達成したことに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「木村新王位、おめでとう。
守りの手のような5三に打った桂馬が、最後の最後に攻めに大活躍した。まるで、過去タイトル挑戦7回奪取失敗にもめげずに「百折不撓」を体現した木村新王位を象徴しているようだった。
人間は、最後まであきらめないことが大切で46歳になっても能力を向上させることができることを教えていただきました。」

 

「本当におめでとうございます!うう、涙が。すごいよ木村九段、いや木村王位。
藤井そうた七段が史上最年少タイトルとれるのかなどが注目されている中で、初タイトル最年長とか、どれだけ心が強い人なんや。
分かりやすい解説とか、ユーモアあふれるお話とか、優しい人柄が大好きで応援してたけど、本当に嬉しい。自分もそうだけど、勝手ながら木村九段に自分を重ね、感情移入してる人って多いと思う。諦めなければ、粘って続ければ想いは叶うんや。泣ける。これからも応援します!」

 

「木村新王位、初戴冠誠におめでとうございます。齢46にして益々キレを増す棋力もさることながら、座右の銘の百折不撓を貫徹し、戦いに打ち克った精神力には只々感服するしかありません。羽生永世七冠と並び中高年の星です。この勢いで更にタイトルを獲得して、更なる高みへ登りつめて頂くことを切に願います。解説も分かりやすく、人間的にも尊敬できる素晴らしい棋士です。本当にめちゃめちゃカッコいいです。」

 

木村一基九段には祝福の声が殺到しました。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

松下洸平 反響は朝ドラ初出演!【画像】戸田恵梨香との関係は?

  俳優でシンガーソングライターの松下洸平さんが朝ドラに初出演したということで、反響が広がり、注目されています。 その内容は、現在放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演し、戸田恵 …

元猿岩石・森脇 現在とは?【動画】土田晃之が激怒?

  元猿岩石の森脇和成さんが、ブレイク後、現在の状況やそれまでの過程などを語ったということが注目され、話題になっています。 その内容は、一度、芸能界を引退したものの、またしても復帰し、様々な …

徳光和夫 不仲説検証で福留功男との関係暴露!理由は悪評?

  8月25日、日本テレビ系で放送された「24時間テレビ42」の番組内で、徳光和夫さんに関する企画が行われ、そのことが注目され話題を呼んでいます。   その内容とは、元日本テレビの …

紅白 綾瀬はるか 事情とは?司会に選ばれる基準は何?

  大みそかに放送される紅白歌合戦の司会が綾瀬はるかさんに決まり、その裏事情に注目が集まり、話題となっています。 その内容は、今回の司会の本命と噂されていた女優の広瀬すずさんや戸田恵梨香さん …

弘中綾香アナの私らしさとは?インスタの投稿も自然体で話題に!実際の画像あり

  「らしさ」が自然体で愛されている弘中綾香アナウンサーが自分らしさとは何かということを語ったことが注目されています。   その内容とは、弘中綾香アナが普段実践している無理をしない …