事件・事故 政治・経済

潮来市 抗議殺到の理由は釣り人!?観光客がいなくなる?

投稿日:

 

茨城県潮来市の農業用水路でいけなどを浄化するということに抗議が殺到しているということが注目され、話題になっています。

その内容は、バラエティー番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の撮影があり、池の浄化をすることに関して、釣り愛好家などから市に抗議が殺到しているということ。

 

この記事では、潮来市 抗議殺到の理由は釣り人!?観光客がいなくなる?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

潮来市 抗議殺到の理由は釣り人!?その内容は?

 

「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」とは、テレビ東京系で放送されている人気バラエティー番組で、芸人の田村淳さんと田中直樹さんがメインMCを務めています。

番組内容としては、危険生物や外来生物に悩まされる池の水をすべて抜き、そこにはどのようなものが潜んでいるのかを調査するという番組です。

 

そんな人気番組ですが、その撮影場所に選ばれた茨城県潮来市に来ている一部の釣り愛好家からは講義が殺到しているということで、注目されています。

今回、撮影の対象になったのは潮来市東部を流れる農業用水路で、1.3キロの区間をせき止め、約3万トンを排出する予定だということ。

 

そこにはブラックバスが生息していて、釣り愛好家たちがバス釣りを楽しんでいるという現状があります。

この番組の趣旨としては、池や水路の浄化や、迷惑な外来生物の駆除と言ことで、潮来市にとっては良いニュースになったのではないでしょうか。

 

潮来市では家電製品の不法投棄の除去や観光船の運航などの計画があるため、池の水を抜くという打診は願ってもみないことだったはずです。

しかし、今回の件に関しては一部の釣り愛好家たちから抗議が殺到しているということで、潮来市の担当も頭を悩ませる結果になってしまいました。

 

「外来種も生物」というような駆除に反発する抗議が殺到していますが、本当に魚のことを考えての苦情なのでしょうか。

確かに、外来生物にも命があり、それをむやみに駆除してしまうということはよくないのかもしれません。

 

しかし、生態系を壊してしまったり、迷惑になっている外来生物は駆除されるべきです。

おそらく、今回の外来生物の対象が「バス」だったため、このよう抗議が殺到しているのでしょう。

 

池を浄化することに関しては、これからの市の発展にも大きく影響してきます。

水路を利用し、観光船の運航などの整備が進めば、経済も安定し、釣り堀だって出来るかもしれません。

 

それを一時の趣味がなくなってしまうということで抗議するのは少々やりすぎなのではないかと思います。

この件を受けて、潮来市は「番組関係者らの協力を得て臨むので、理解してほしい」と説明しています。

 

潮来市 抗議殺到の理由は釣り人!?観光客がいなくなる?

 

潮来市の水路を浄化することに関して「観光客がいなくなる」といった抗議もありました。

しかし、そんなことは一部の人たちが言っているだけであり、そのような心配はないのではないかと考えられます。

 

「潮来市にはいかない」や「飲食店などに経済的な打撃がある」という抗議文が届いているようですが、今後のことを考えればそのような打撃は打撃ではないでしょう。

現在では抗議が殺到し、潮来市も悩まされているかもしれませんが、池の浄化は良いことだと思いますので、このような抗議をした人も納得できるような改善をしてほしいですね。

 

今後の取り組にも注目が集まります。

 

スポンサードサーチ

潮来市 抗議殺到の理由は釣り人!?実際の画像

 

潮来市の水路の様子はどのようなものなのでしょうか。

実際の画像がこちらです。

 


 

潮来市 抗議殺到の理由は釣り人!?世間の声

 

潮来市に抗議が殺到した件に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「釣り人が来なくても、それ以上に観光客が来るようになれば、景観はよくなり環境もよくなり経済も潤う。一部の人の趣味と公序良俗、優先するのはどちらかなのは法的にも明白。個人の権利は重要だが、勘違いしてはいけない。」

 

「番組に賛否はあるだろうが
興味ない人にとったら釣り人も邪魔になりうる。土地勘がないからわからんが結構路駐してる人も多いのでは?釣り人が来ないから経済打撃?そんな1日に何百人も釣り人がくるのかね。」

 

「生態系を守る為に身勝手に持ち込まれたブラックバスを責任を果たすべき人達の代わりに仕方なくやってあげているのだし
外来種も命だ酷いというなら
その人達が責任をもって引き取って飼育すれば良い。」

 

やはり今回の釣り人たちからの講義に関しては、疑問の声が多く見受けられました。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故, 政治・経済

執筆者:


  1. 日本を愛する男 より:

    エゴの塊の意見は、支持されないよ。自分等の趣味を守る為に「ブラックバスの命」を前面に掲げてるだけだ。こういうこじつけの輩の性質は、現在の韓国人と同類項だ。
    ブラックバス等の外来種を放置すれば、在来種は絶滅する。
    在来種の魚類、動物、植物を守る行動は、世界の多くの国々で行われている。
    釣り人よ、自己の趣味に固執した考えが、いかにちっぽけなものかを考えよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関大コーチ 疑惑 反論はモラハラ!真相は派閥争いか?

  フィギュアスケート元五輪代表で、関西大学の監督だった織田信成さんのモラハラ問題に関して、疑惑の関大コーチが反論したということで注目され話題になっています。 その内容は、関西大学アイススケ …

ラグビー・ウルグアイ代表 トラブルの動画はこちら!今後の対応はどうなる?

  ラグビーのウルグアイ代表選がたらブルを起こしたということで、注目され話題になっています。 その内容は、ラグビーのウルグアイ代表選手が熊本市内の飲食店で、暴行や器物破損などの容疑にかけられ …

宮迫博之と田村亮が謝罪会見!吉本興業の闇とは?実際の動画、ツイートまとめ

  いわゆる芸人の闇営業として話題となった宮迫博之さんや田村亮さんですが、今回ついにその沈黙が破られ、話題になっています。   その内容とは、事務所を通さない営業で問題発覚した6月 …

映画「ブラック校則」 おわびの理由は誤放送?【動画】実はステマか?

  2019年11月1日に放映される映画「ブラック校則」が誤放送をしてしまったとして、おわびしたということが注目され話題になっています。 その内容は、「ブラック校則」の告知の際に仮音源をオン …

いきなり!ステーキが低迷、その理由は?快進撃から一転、苦戦や誤算まとめ

ステーキ店といったら「いきなり!ステーキ」を思い浮かべるほど有名なこの店舗ですが、一時の勢いに陰りが見えています。   厚切りのステーキを比較的安価な値段で提供し、ステーキブームをけん引して …