政治・経済

喫茶店倒産 追い打ちで最多に!チェーン店には勝てないのか?

投稿日:

 

2019年に入り、様々な追い打ちを受けたということによって、喫茶店の倒産が相次いでいるということが注目され、話題になっています。

その内容は、過去20年の間で喫茶店の倒産件数が最多になっているということが、東京商工リサーチの調べによって判明したというもの。

 

この記事では、喫茶店倒産 追い打ちで最多に!チェーン店には勝てないのか?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

喫茶店倒産 追い打ちで最多に!その内容は?

 

おいしいコーヒーや軽食など、その独特の落ち着いた雰囲気で来店した人を和ませている存在である喫茶店ですが、その倒産件数が過去20年で最多になっていると言ことがわかり、話題になっています。

昨今ではコーヒーブームと呼ばれるほど、コーヒーへの人気があるようなのですが、それを取り扱っている喫茶店の閉店が相次いでいる理由は何なのでしょうか。

 

やはり、今多くの競合がいるというのが大きな理由のようで、大手チェーンの増加によって喫茶店が多く閉店しているということ。

スターバックスコーヒーやドトールコーヒー、コメダ珈琲など、挙げればきりがありませんが、多くのチェーン店が話題になっています。

 

その中でもスターバックスコーヒーは、新作のフレーバーが出るたびに話題となり、Instagramで投稿される方も増えました。

また、コンビニで提供される、レジ横のコーヒーは安くて、手軽に飲めると人気になっています。

 

2013年にセブンイレブンが仕掛けた「セブンカフェ」は大きな反響を呼び、2018年には10億杯をこえる売り上げを記録したのです。

そんなコンビニエンスストアですが、現在ではイートインを設置してある場所も多く、そのことによって喫茶店に行かなくても良いと考える人も多いのではないでしょうか。

 

このようなコーヒーを飲む場所が多様化したことによって、手軽に休憩出来たり、安くコーヒーが飲める場が求められているのかもしれません。

確かに、喫茶店に行けば一杯600円くらいのコーヒーを頼むことになるのかもしれません。

 

それを考えれば、コンビニに行ってお手軽に済ませることが良いということなのでしょう。

さらには2019年10月から消費税増税に伴って、値上げをせざるを得ない喫茶店も出てきているようです。

 

喫茶店は軽減税率の対象にはならず、その苦境に拍車がかかっている様子。

コンビニや大手チェーン店など、便利な部分はたくさんありますが、喫茶店にはその店舗にしかない良さがあるのだと思います。

 

地域性のあるメニューやコーヒーの味など、その雰囲気に付加価値がついて喫茶店に通っているという人も少なくはないでしょう。

素晴らしいメニューがあるのにも関わらず、なくなってしまうのは本当に寂しいですね。

 

喫茶店倒産 追い打ちで最多に!チェーン店には勝てないのか?

 

喫茶店の倒産が相次いでいるということなのですが、チェーン店には勝つことはできないのでしょうか。

喫茶店の閉店が相次ぐなか、実は若いせだいに支持を得ている場所もあるというのです。

 

東京・上野の老舗である「珈琲 王城」や「喫茶 マドンナ―」は昭和レトロな喫茶店として若者の入店が多いとの事。

外国人客も増えているということで、その経営は順調なのではないかと感じさせられます。

 

また、名古屋の老舗喫茶ではナポリタンが週末に200食以上出る場所もあり。レトロ人気の風潮は追い風になっている様子。

このような追い風が続けばいいのですが、喫茶店業界はまだまだ苦しい状況に立たされているようです。

 

この逆境に負けずに頑張ってほしいですね。

 

スポンサードサーチ

喫茶店倒産 追い打ちで最多に!実際の画像

 

喫茶店が倒産していることに関して、その関連画像はこちらです。

 

 

喫茶店倒産 追い打ちで最多に!世間の声

 

今回の喫茶店が倒産していることに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「スタバとかは味も雰囲気も想像できるし混んでるから敬遠する
ハズレ覚悟で純喫茶に入ってみると意外な発見があったりしてなかなか面白い
空いているのであれば店員さんと軽く話してみるのもまた一興」

 

「一見で入りにくい店が多いかな。チェーン店ならイメージしやすいし、値段の相場も分かってる。
こだわりの店を作りたいって感じで入りにくい店舗は敬遠しちゃう。冒険するぐらいなら、コメダとかでいいやってなる。」

 

「コーヒーを飲むだけならコンビニでも飲めるし、家でもそこそこ美味しいのが飲めるようにコーヒーメーカーとかも進化してるからね。
となると、喫茶店の価値は時間を潰せる、居心地がよい、自分では淹れられないメチャメチャ旨いコーヒー、くらいになるかな?
時間潰しなら安い方がいいって人が多いだろうから個人店はまあ不利なんじゃないかな。
なので店の雰囲気に徹底的にこだわるとか、コーヒーの味に絶対の自信があるとか、そういう強みがあって根強い支持者がいるとかじゃないと生き残れないのかも。」

 

やはり、喫茶店経営は難しい部分もたくさんあるようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柿の種 配合比率 見直しは国民投票!不動の比率が崩れるか?

  亀田製菓の主力商品「亀田の柿の種」の配合比率を見直しするということが明らかになり、注目され、話題になっています。 その内容は、柿の種に配合されている、柿の種とピーナッツの比率を国民投票に …

霊きゅう車 変化の理由は葬儀の簡素化?【画像】車種も様々に。

  葬儀の際に使用される霊きゅう車が変化を見せているということで注目され話題になっています。 その内容は、時代の流れに沿って豪華絢爛な「宮型霊きゅう車」と呼ばれるタイプの霊きゅう車が激減し、 …

大人様ランチは3722kcal!内容・画像は?値段や行き方まとめ

「お子様ランチ」ならぬ「大人様ランチ」というメニューが、北陸道の南條サービスエリア下り線のフードコートで販売され、話題になっています。   大人になっても子供が食べている「お子様ランチ」を食 …

小泉進次郎 苦言の理由は入閣報道!【動画】育休はどうなった?

  衆議院議員である小泉進次郎氏が入閣に関して、報道された件について苦言を呈していることが注目され話題になっています。 その内容とは、環境大臣として入閣することになった小泉進次郎氏が、入閣す …

定期テスト 持ち込みOKに!勉強法の変化で前日暗記は効果なし?

  全国の中学校で行われている定期テストですが、そのテストに持ち込みOKになるということで、注目され、話題になっています。 その内容は、生徒の学ぶ意欲向上などの効果を期待して、定期テストの回 …