エンタメ

あいみょん 原点とは?人気曲や歌詞の秘密は官能小説?

投稿日:

 

シンガーソングライターであるあいみょんさんが、自身の曲作りや、歌手になったきっかけなどの原点に関して語ったということが話題になり注目されています。

その内容は、2019年10月2日に新曲である「空の青さを知る人よ」がリリースされることになり、現在に至るまでの経過をインタビュアーの前で語ったというもの。

 

この記事では、あいみょん 原点とは?人気曲や歌詞の秘密は官能小説?の内容や、実際の動画、世間の声についてまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

あいみょん 原点とは?その内容は?

 

シンガーソングライターのあいみょんさんといえば、現在大人気で、若者を中心に絶大な支持を集めています。

インディーズデビュー曲である「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」では過激な歌詞が話題となり、その後も「君はロックを聞かない」「マリーゴールド」「今夜このまま」など、CM哉ドラマ主題歌として起用される大ヒット曲を生み出し続けています。

 

そんなあいみょんさんですが、自身の原点となったことをインタビュアーの前で語り、注目されています。

天才といわれているあいみょんさんですが、名曲を何曲もリリースし続ける原点となった曲はスピッツの「醒めない」という曲だったといいます。

 

記憶に残っている中では、あいみょんさんが小学校4年生の時、初めてスピつが好きだとしたんだとか。

また、あいみょんさんの父親の部屋にはたくさんおCDがあって、それを聞くことによって、現在の歌詞制作などに活かされているのではないかと語ります。

 

あいみょんさんといえば、本を読むことが好きだということがしられていますが、昔からその傾向があったようで、読んでいない本があるのに、新しい本を買ったようです。

しかし、お父さんにはお叱りを受けたようで、「家にあるものからよめ!」という教育のもと、本やCDは家にあるものをたくさん聞いていたといいます。

 

マイケルジャクソンやビートルズなど、世界的に有名なものから、沖縄民謡まで、様々なジャンルを聞き、現在に活かされているということ。

また、芸術家の岡本太郎さんにも影響を受けているということで、あいみょんさんの曲の中にちりばめられている、繊細さや大胆さは、岡本太郎さんの影響なのかもしれませんね。

 

あいみょんさんが多くのヒット曲を生み出し続けてる理由は、様々な音楽を聴いたことと、父親の世代の音楽を聴いて自分の物にしてきたということが関係しているのかもしれません。

こんごも素晴らしい作品を提供してくれるということを期待しています。

 

あいみょん 原点とは?人気曲や歌詞の秘密は官能小説?

 

あいみょんさんの人気になった曲やその歌詞には、実は官能小説が活かされているということ。

多くの支持を受けている理由の中に、表現が美しいというものがありますが、実は大好きだという官能小説からヒントを得ているみたいですね。

 

官能小説といえば、いかに直接的な表現を使わないかということで比喩が多く使用される傾向にあります。

例えば、「茂み」や「ふくらみ」など、一見普通の言葉のように感じますが、実は女性の体の一部を現しているものでもあります。

 

そのことが知らず知らずのうちに歌詞の勉強になっていたとあいみょんさんは語ります。

また、ストーリー性のある歌は、小説の起承転結から学んだのでしょう。

 

今後も美しい表現で、ファンを魅了してくれることでしょう。

 

スポンサードサーチ

あいみょん 原点とは?実際の動画

 

あいみょんさんが新曲のMVを発表されたということですが、実際の動画はこちらです。

 


 

あいみょん 原点とは?世間の声

 

あいみょんさんが原点を語ったことに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「若い才能に敬意を表します。彼女なりに「いくつかの視点」を持っていること。決して独りよがりでなく、世代を超えて共感を呼ぶことは、間違いなく才能です。
しかし、彼女の分析記事には、たくさんの影響された人物・アーティスト名が出てきます。記事自体は媒体側の編集方針であるのですが、彼女の場合、このパターンで取り上げられた記事を多数、目にします。
最近、これは彼女、あるいは、彼女を取り巻く大人たちの「マーケティング」なのではないか?と感じています。
つまり、「私は誰々の影響を受けた」とする記事を流布することで、「誰々」のファンに対して、存在を訴求しているというのが、私なりの分析です。」

 

「マリーゴールドしか聴いたことないのですが、確かにスピッツの世界観はわかりますね。
批判してる人多いですが、私のようにけっきょくプロになれなくて音楽辞めた人間からしたら、一曲でも心に残る曲が書ければ、とてつもなく凄いことなんですがね。」

 

「おばちゃんにはこの子の唄の良さが残念ながらわからないんだけど。若い人たちに支持される唄を作り出していることはすごいことだと思いました。若いから若い感性で作れるのは当然なんですけど、ここまで有名になれるのはやっぱり素質があるからじゃないかと思います。
うらやましいです」

 

今後もあいみょんさんの活躍に期待です。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

向井理 愛妻家っぷりがカッコイイ!実は庶民派?国仲涼子が落ちたワケ

  俳優の向井理さんの愛妻家な姿がかっこいいと様々なうわさや、その言動から話題になっています。 その内容とは、国仲涼子さんと結婚された向井理さんですが、仕事が終わると家に直帰したり、結婚指輪 …

有野晋哉 仕事論をブログで公開!独自の教育論で嫁や子供との関係は?

  お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉さんが仕事論を語ったということで注目され、話題になっています。 その内容は、高校時代のアルバイト経験や現在に至るまでの仕事についての心構えを、自身のブログ …

ASKA チャゲアス脱退理由とは?「いっそ解体」埋まらなかった二人の溝

  「CHAGE&ASKA」で歌手のASKAさんがデビュー40周年を迎え、自身のグループを脱退するということが発表され注目を集めています。 その内容とは、8月25日、歌手のASKAさんが自身 …

C.C.ガールズ 3代目が発足!初代との比較画像はこちら!

  「C.C.ガールズ」の3代目となるグループが発足したということで、注目され、話題になっています。 その内容は、1990年代から2000年代前半に活躍した女性グループ「C.C.ガールズ」の …

宮根誠司 クレームで炎上?徳光和夫が指摘!羽鳥との違いは「涙」

  フリーアナウンサーの宮根誠司さんが「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、24時間テレビの総合司会について語ったことが話題になっています。 その内容とは、宮根誠司さんが24時間テレビの総合司会 …