ライフハック 科学

トイレの逆流対策はこちら!【画像】台風で気を付ける点は?

投稿日:

 

台風が近づいてくることによって、トイレの逆流代作が注目され話題になっています。

その内容は、台風19号の上陸によって、家庭のトイレが逆流し、浸水被害をもたらす可能性があるとして、その対策について反響があるということ。

 

この記事では、トイレの逆流対策はこちら!台風で気を付ける点は?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

トイレの逆流対策はこちら!その内容は?

 

2019年10月12日には非常に強い勢力を保ったまま台風19号が上陸するという予報がされています。

東海地方または関東地方に上陸し、その後は東北地方へ向かっていくとみられているこの台風ですが、中心気圧が925ヘクトパスカルということで、大きな被害が予想されるのではないでしょうか。

 

最大瞬間風速は70メートルとも言われていて、家のそとにあるものは飛ばされてしまわないように対策が必要です。

先日の台風の爪跡がまだ完全に回復しないまま、またしても台風が上陸するということで。被害を最小限にするためにも備えが必要になってきます。

 

様々な台風対策がありますが、その中でも今回注目されているのは、トイレの「逆流対策です。

もしかしたら経験したことがある人もいるのかもしれませんが、豪雨の際には下水が逆流し、トイレやお風呂場の排水溝から水が噴き出るという被害にあう可能性があるというここと。

 

そんな被害を少なくするために、国土交通省が家庭でできる対策に関して呼びかけをしました。

その方法は「水嚢」が効果的だということ。

 

過程にある40リットルから45リットルのビニール袋に半分ほど水を入れ、残りの空気をしっかり抜いて~、口を堅く結びます。

その後、それをそのままトイレに入れることによって、逆流を防ぐことが出来ると良いうこと。

 

もちろん、ビニール袋ではなくてもプラスチック製のタンクなどでも代用可能だということなので、ご家庭にある場合は試してみてはいかがでしょうか。

玄関からの浸水の場合にも土嚢が効果的で、プランターやポリタンクなどでも代用可能です。

 

やはり、トイレが逆流するのは、衛生的にもよろしくないですよね。

浸水に加えて、不衛生な環境にあることによって、連鎖的な被害をうける可能性もあります。

 

排水溝から「ゴポゴポ」と、おかしな音が聞こえてきたら逆流の危険性があるということなので、注意しましょう。

また、その水は二階まで逆流する可能性もあるため、浸水被害にあわないように家財道具を非難させておくのも大切です。

 

トイレの逆流対策はこちら!台風で気を付ける点は?

 

トイレの逆流対策が話題になっていますが、身近にできることから対策をしておきましょう。

 

まずは、植木鉢や物干しざおを片付けるということです。

風邪で飛ばされてしまうと、自分の家だけではなく、他人の家にも被害が及ぶ可能性があります。

 

また、モバイルバッテリーや懐中電灯の準備を確実にしましょう。

停電の可能性があるので、いざという時にスマホや懐中電灯が使えると便利ですよね。

 

後は、非常用の食料や水を確保しておくということでしょうか。

電気やガスが止まった際にはそれらを活用して生活していくことになるかもしれません。

 

準備はしすぎて悪いことでもないですし、自分は大丈夫という心が危険を招きます。

安全第一で過ごしていきましょう。

 

スポンサードサーチ

トイレの逆流対策はこちら!実際の画像

 

今回話題になっている、トイレの逆流対策の実際の画像がこちらです。

 

 

トイレの逆流対策はこちら!世間の声

 

トイレの逆流対策に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「日本人は災害に慣れているとはいえ、まだまだ色々
知らないことがあるのだろうなと感じます
知っていても、わかっていてもその行動ができない、しないということも あるのでしょうが。
雨風の中、倉庫を見に行ってとか、田畑を見に行って
亡くなるかたをよく耳にします
ぜひ気をつけていただきたいです」

 

「なんだか、昨日と同じ今日、今日と同じ明日を人任せにしてきた結果が今だと思うわ。
毎年、電車の運行停止や家屋倒壊、冬嵐による停電とか経験している側から見たら、我が身を守るのは我しかいないってことを心底に経験してもらいたい。
数センチ雪が積もっただけで物流がストップ、事故多発(笑)
なぜスタッドレスタイヤを買わないの?て。
売っていないのなら仕方がないけどww
正直、どんな被害がでるか興味を持って静観するつもり。
少し前の台風をどのように感じていたか?
この民度に興味。」

 

「ペット用のトイレシートが意外と役に立つ。
それなりの値段で吸水性抜群。
雨漏りや逆流の処理はもちろん普段床に液体こぼした時にも使えるし雨の日の玄関マットにもなる。しかも同様の介護用の使い捨て敷きパッドより安い。」

 

天災なので過ぎるのを待つしかありませんが、安全第一が重要ですね。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-ライフハック, 科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホホルダーで違反?位置は大丈夫?車の正しい取り付け場所とは?

  近年では、カーナビの代わりにスマホのナビアプリを利用する人が増えてきていますが、一歩間違えると、法律違反になってしまうということなのです。 その内容とは、スマホを運転席から見やすくするた …

ワルナスビ 注意!毒あり!【画像】駆除方法などまとめ!

  「ワルナスビ」という北米原産の帰化植物に注意、ということで注目が集まり、話題となっています。 その内容は、「ワルナスビ」という帰化植物が繁茂していることによって、その植物の危険性や繁殖力 …

恐竜先生は答え教えない?なぜ?ダイナソー小林のプロフィールまとめ

  7月も終わりに近づき、夏休みに突入している学校も多いのではないでしょうか。その中でも子供たちを苦しめるのが夏休みの宿題です。 そんな宿題にどう向き合えばいいのか「恐竜の先生」として人気の …

PTA やらされ感を無くして青春!入らないとどうなる?

  学校のPTA活動はどうしてもやらされ感が出てしまうものですが、その楽しみ方があるということで注目され、話題になっています。 その内容は、大阪府和泉市の小中学校で楽しめるようなPTA活動に …

深層崩壊 警戒で台風後も注意!そのメカニズムや対策は?

  2019年台風19号の影響で深層崩壊が起きる可能性があるとして、その警戒を吸うるということが注目され、話題になっています。 その内容は、台風や豪雨などの影響によって大規模ながけ崩れである …