スポーツ

J2町田 サポーター反発の理由は改名!【動画】選手のために子会社化の現在は?

投稿日:

 

J2のFC町田ゼルビアがチーム名改名に関して、サポーターの反発を受けているということで、注目され話題になっています。

その内容は、「FC町田ゼルビア」がクラブ名を「FC町田トウキョウ」に改名するといいうことを発表したというもの。

 

この記事では、J2町田 サポーター反発の理由は改名!選手のために子会社化の現在は?の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

J2町田 サポーター反発の理由は改名!その内容は?

 

FC町田ゼルビアといえば、東京都町田市をホームタウンとするサッカーチームで、マスコットキャラクターに「ゼルビー」というカワセミをモチーフにしたキャラクターがあるということで知られています。

2008年に株式会社ゼルビアが設立され、FC岐阜の元監督である戸塚哲也さんが監督に就任したということでも話題になりました。

 

そんなFC町田ゼルビアですが、クラブ名が改名されるということが判明し、サポーターの反発を受けているということが注目されています。

1997年から使用されている「FC町田ゼルビア」というクラブ名ですが、今回なぜ改名することになってしまったのでしょうか。

 

今回の改名の件に関しては、クラブの親会社である藤田晋社長から説明がありました。

改名の主な理由としては、クラブを発展させていくためのスポンサーの獲得や、マーケットの拡大の面を考え、今回の名前に改名するということを明らかにしました。

 

やはり、東京都で活躍しているということなので、ブランド力のある「東京」という名前は入れたかったのでしょう。

そのブランド力がしっかりと発揮されれば、選手の獲得やブランディングで様々な恩恵を受けられると思います。

 

しかし、今回の改名に関して疑問が残る形になってしまったようで、サポーターたちからは多くの反発の声が聞かれたということ。

今回の件に関しては、十分に伝わらなかった面があったということで、その反響は大きくなってしまったのかもしれません。

 

今まで一緒に応援してきたチームが急に改名となったら、怒りを感じるファンも多いことでしょう。

改名に関しては、しっかりと説明すればファンはわかってくれそうな気もしますが、その説明不足が今回の件を引き起こしてしまったといっても過言ではありません。

 

マスコットキャラクターである「ゼルビー」もスタジアムのマスコットということになり、チームのキャラクターはアメコミのようなキャラにあるということ。

また、J1であるFC東京と混同するという意見も聞かれ、今回の件に関してはよく思っていない人が多いようです。

 

FC町田ゼルビアにはこの改名でしっかりと結果を出して、ファンを安心させてほしいですね。

 

J2町田 サポーター反発の理由は改名!選手のために子会社化の現在は?

 

J2町田ゼルビアは2018年にサイバーエージェントの傘下に入り、子会社化したということがしられています。

やはりJ1ライセンスの獲得に向けて大きな資金を得ることが目的だったのでしょう。

 

また、監督や選手のおかげで存続できているチームだったといいうことで、その人たちのためにも環境の整備が必要だったのだと思います。

そのような関係者が必要なのはもちろんのことですが、それ以上に応援してくれているファンの存在も本当に大きなものだと思います。

 

今回の件に関しては、社長もサポーターの意見を聞かなかったことはミスだったと語っているように、しっかりと説明が必要でしたね。

今後の活躍にも注目が集まります。

 

スポンサードサーチ

J2町田 サポーター反発の理由は改名!実際の動画

 

J2FC町田ゼルビアの改名に関して、サポーターミーティングが行われました。

57分10秒あたりから、その反発の様子がうかがえます、

 

 

J2町田 サポーター反発の理由は改名!世間の声

 

今回の改名の件に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「他サポだが、そのままゼルビアで良いと思う。変えるにしてもファン・サポーターの了解は得るべき。
ゼルビアが覚えづらいというのが変更理由らしいが、FC町田トウキョウってのもFC東京と被って逆に覚えづらいと思う。」

 

「やっぱりスポーツビジネスはスタジアムに足を運んでくれるサポーターがいてこそ成り立つものであると思う。だからこそ、チーム名変更という重要なものに関しては、サポーターへ十分な説明をするべきだったと思う。チーム名の変更に加え、これまでのサポーターとフロントにあった信頼関係までに影響を及ぼしてしまう問題だと思う。あと、クラブとしてのビジョンみたいなものをみたけど、ちょっと理想論すぎるなと感じた。」

 

「サイバーエージェントは、町田ゼルビアというクラブが欲しかったんじゃなくて、J2参入権が欲しかったんじゃないの?
もし新規クラブを立ち上げてJリーグを目指すとすれば、いくら大企業が出資しても、都道府県リーグから何年もかけて勝ち上がらなきゃならないよね?
既存Jクラブを買収して、作りたかったクラブと同じように買収クラブを変更すれば、下部リーグをショートカットしてJリーグに加盟できてしまう。
理想とするクラブをつくるのは自由だが、既存クラブを材料にして、下部リーグでの下積みを飛ばさないで欲しい。
J所属クラブを買収した場合は、ホームタウンや名称の変更を10年くらい禁止すべきだと思う。」

 

やはり今回の件に関しては疑問の声が多かったようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DeNA綾部 涙の戦力外通告…。【画像】文春キス写真が影響か?

  横浜DeNAベイスターズが、所属する10選手に戦力外通告をしたということが注目され、話題になっています。 その内容は、綾部翔選手や、田中大志選手など10名の選手が来シーズンから契約を結ば …

ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?山崎武司の予言的中か?

  ナゴヤドームにてHRテラス計画があるということで、注目され、話題になっています。 その内容は、中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームにホームランテラスが新設されるという計画があり、賛否 …

稲垣啓太 山田ローラの娘から求愛で笑顔?【画像】イケてる私服も話題に!

  モデルの山田ローラさんが自身のブログを更新し、ラグビーワールドカップ日本代表の稲垣啓太選手と野球観戦をしたということを公開され、話題になっています。 その内容は、山田家と共に野球観戦をし …

斎藤佑樹が吉田輝星にエール!その内容は?現在や成績まとめ

  日本ハムの斎藤佑樹投手が一軍デビューの決定した吉田輝星投手にエールを送りました。 その内容とは、吉田投手が2軍での最終テストで思うような結果が残せなかったにもかかわらず、一軍昇格が決まり …

攝津正引退後の現在は?結婚生活や子ども、画像などまとめ

  2008年度プロ野球ドラフト会議でソフトバンクホークスに5位指名されて入団した攝津正さん。 2018年度に球界から身を引いた攝津さんですが現在の様子は、どのようなことをしているのでしょう …