ライフハック 科学

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!【動画】台風後の注意点まとめ!

投稿日:

 

勢力の強い台風19号が上陸したということで、河川などの洪水リスクを注意喚起しているとして、注目され、話題になっています。

その内容は、台風が過ぎ去った後でも、水害のリスクはあり、洪水のリスクもまだ残っているということで、注意を促しているということ。

 

この記事では、洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!台風後の注意点まとめ!の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!その内容は?

 

2019年10月12日の夕方から夜にかけて非常に勢力の強い台風19号が上陸し、その爪痕をのこしていきました。

現在ではその脅威も過ぎ去り、特に関地方東や東海地方、東北地方ではその被害状況がだんだんと明らかになってきていると思います。

 

そんな中で、2019年10月12日の夜には千曲川が氾濫し、13日には信濃川が氾濫するという水害が起きました。

そんな洪水リスクがあるということで、これからの被害を少なくするためにも注意喚起を行っているということが、話題になっています。

 

今回の台風の勢力は非常に強く、中には避難をした地域もあるのではないでしょうか。

台風が過ぎ去ったということで、自宅の様子が気になってくると思いますが、そんな場合でも水害が潜んでいるので注意してください。

 

特に「溺水トラップ」といわれている水害があり、側溝やマンホールのふたが外れた箇所など、急な深みが至る所に存在しています。

それに気が付かずに歩いていると、そこにははまってしまい、実際に死亡事故になったケースも存在しています。

 

また、これから水路の復旧作業や亡弟の応急処置に入られる方もいらっしゃるかもしれませんが、10月12日には御殿場市で水難事故が起きました。

この方は、水路の作業中だったということで、その恐ろしさがわかると思います。

 

水路ではお分かりかと思いますが、思った以上に早く水が流れていて、一度流されてしまうと自力では立ち上がれないほどになってしまいます。

流域の長い河川では台風などの大雨が降っている最中ではなく、一日たってから洪水が起こる可能性が高いということがわかっています。

 

台風が過ぎたからといって、不要に河川に近づくようなことは危険なのでやめましょう。

大きな被害があった場所もあり、心身ともに疲弊しているかもしれませんが、気を抜かずに安全第一で過ごしていきましょう。

 

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!台風後の注意点まとめ!

 

台風が上陸したということで、その際の対策が話題になりましたが、実は台風が過ぎ去った後も注意が必要なのです。

特に避難されていた方は、自宅に戻る際や日常の生活に戻る際には十分に気を付けましょう。

 

まず、今後の災害のリスクが考えられるのは、河川の氾濫や土砂災害があるということです。

河川の氾濫に関しては上記に記した通りですが、大雨の後に地盤がゆるくなって土砂災害に発展する可能性も十分にあります。

 

また、大気の乱れなどによって突風や竜巻の被害が発生してしまうということも考えられますので、支障情報には十分気を付けたほうが良いでしょう。

台風後には電線が切れていたり、ガラスが飛び散っている場所も少なくありません。

焦りは禁物なので、周囲に十分注意して行動してください。

 

やはり、そんな中で一番大切なことは、自分や家族の心身の状態を保つことなのではないでしょうか。

家や車の心配もわかりますが、まずは命を一番に考え、ストレスサインが隠れていないか見つけることも重要です。

 

スポンサードサーチ

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!実際の動画

 

洪水リスクがまだあるということで注意喚起がされましたが、河川が氾濫した実際の動画はこちらです。

 

 

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!世間の声

 

洪水リスクを注意喚起していることに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「みなさんお気をつけくださいませ実際排水溝のようなところで溺死なさった方もいらっしゃいます 河川近くにお住まいの方は河川の水量の確認など川に近付くときは十分ご注意を 洪水リスクこれから本番 流域の長い河川は特に注意 」

 

「東日本大震災の時でも、殆ど報道されませんでしたぎ、津波が川を遡り下水道を逆流してマンホールの蓋を吹き飛ばした事例も少なくなかったから、本当に気を付けて欲しい。」

 

「側溝や外れたマンホールにはまって亡くなるかたもいるから、膝下まで引いたからって安心できない😭皆様お気をつけください。」

 

まずは安全第一ですね。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-ライフハック, 科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤマビルに注意喚起!内容は?生息地や時期、対策まとめ

野生の動物に運ばれることによって、「ヤマビル」が全国的に生息範囲を拡大しています。   湿気があり、蒸し暑い梅雨の時期はヤマビルの活動が最も活発になる事から、登山などで山に入る際には被害にあ …

足の爪の切り方に注意!正しい切り方が話題に!実際の画像などまとめ

  皆さんも定期的に爪を切ることがあると思いますが、その正しい切り方が存在しているということをご存知でしょうか。 現在、皮膚科の先生が「みんな爪切り過ぎなんよ(半ギレ)」という言葉と共に患者 …

恐竜先生は答え教えない?なぜ?ダイナソー小林のプロフィールまとめ

  7月も終わりに近づき、夏休みに突入している学校も多いのではないでしょうか。その中でも子供たちを苦しめるのが夏休みの宿題です。 そんな宿題にどう向き合えばいいのか「恐竜の先生」として人気の …

スマホホルダーで違反?位置は大丈夫?車の正しい取り付け場所とは?

  近年では、カーナビの代わりにスマホのナビアプリを利用する人が増えてきていますが、一歩間違えると、法律違反になってしまうということなのです。 その内容とは、スマホを運転席から見やすくするた …

マダニに噛まれ女性死亡…。その内容は?マダニの生息地域や対処法まとめ

  最近ではだんだんと夏らしい天気が続き、服装も肌の露出が多いものになってきました。 しかし、そこで気をつけなければいけないのが、害虫から受ける被害についてです。 そんな中でも注意しないとい …