ライフハック 科学

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!【動画】台風後の注意点まとめ!

投稿日:

 

勢力の強い台風19号が上陸したということで、河川などの洪水リスクを注意喚起しているとして、注目され、話題になっています。

その内容は、台風が過ぎ去った後でも、水害のリスクはあり、洪水のリスクもまだ残っているということで、注意を促しているということ。

 

この記事では、洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!台風後の注意点まとめ!の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!その内容は?

 

2019年10月12日の夕方から夜にかけて非常に勢力の強い台風19号が上陸し、その爪痕をのこしていきました。

現在ではその脅威も過ぎ去り、特に関地方東や東海地方、東北地方ではその被害状況がだんだんと明らかになってきていると思います。

 

そんな中で、2019年10月12日の夜には千曲川が氾濫し、13日には信濃川が氾濫するという水害が起きました。

そんな洪水リスクがあるということで、これからの被害を少なくするためにも注意喚起を行っているということが、話題になっています。

 

今回の台風の勢力は非常に強く、中には避難をした地域もあるのではないでしょうか。

台風が過ぎ去ったということで、自宅の様子が気になってくると思いますが、そんな場合でも水害が潜んでいるので注意してください。

 

特に「溺水トラップ」といわれている水害があり、側溝やマンホールのふたが外れた箇所など、急な深みが至る所に存在しています。

それに気が付かずに歩いていると、そこにははまってしまい、実際に死亡事故になったケースも存在しています。

 

また、これから水路の復旧作業や亡弟の応急処置に入られる方もいらっしゃるかもしれませんが、10月12日には御殿場市で水難事故が起きました。

この方は、水路の作業中だったということで、その恐ろしさがわかると思います。

 

水路ではお分かりかと思いますが、思った以上に早く水が流れていて、一度流されてしまうと自力では立ち上がれないほどになってしまいます。

流域の長い河川では台風などの大雨が降っている最中ではなく、一日たってから洪水が起こる可能性が高いということがわかっています。

 

台風が過ぎたからといって、不要に河川に近づくようなことは危険なのでやめましょう。

大きな被害があった場所もあり、心身ともに疲弊しているかもしれませんが、気を抜かずに安全第一で過ごしていきましょう。

 

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!台風後の注意点まとめ!

 

台風が上陸したということで、その際の対策が話題になりましたが、実は台風が過ぎ去った後も注意が必要なのです。

特に避難されていた方は、自宅に戻る際や日常の生活に戻る際には十分に気を付けましょう。

 

まず、今後の災害のリスクが考えられるのは、河川の氾濫や土砂災害があるということです。

河川の氾濫に関しては上記に記した通りですが、大雨の後に地盤がゆるくなって土砂災害に発展する可能性も十分にあります。

 

また、大気の乱れなどによって突風や竜巻の被害が発生してしまうということも考えられますので、支障情報には十分気を付けたほうが良いでしょう。

台風後には電線が切れていたり、ガラスが飛び散っている場所も少なくありません。

焦りは禁物なので、周囲に十分注意して行動してください。

 

やはり、そんな中で一番大切なことは、自分や家族の心身の状態を保つことなのではないでしょうか。

家や車の心配もわかりますが、まずは命を一番に考え、ストレスサインが隠れていないか見つけることも重要です。

 

スポンサードサーチ

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!実際の動画

 

洪水リスクがまだあるということで注意喚起がされましたが、河川が氾濫した実際の動画はこちらです。

 

 

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!世間の声

 

洪水リスクを注意喚起していることに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「みなさんお気をつけくださいませ実際排水溝のようなところで溺死なさった方もいらっしゃいます 河川近くにお住まいの方は河川の水量の確認など川に近付くときは十分ご注意を 洪水リスクこれから本番 流域の長い河川は特に注意 」

 

「東日本大震災の時でも、殆ど報道されませんでしたぎ、津波が川を遡り下水道を逆流してマンホールの蓋を吹き飛ばした事例も少なくなかったから、本当に気を付けて欲しい。」

 

「側溝や外れたマンホールにはまって亡くなるかたもいるから、膝下まで引いたからって安心できない😭皆様お気をつけください。」

 

まずは安全第一ですね。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-ライフハック, 科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワルナスビ 注意!毒あり!【画像】駆除方法などまとめ!

  「ワルナスビ」という北米原産の帰化植物に注意、ということで注目が集まり、話題となっています。 その内容は、「ワルナスビ」という帰化植物が繁茂していることによって、その植物の危険性や繁殖力 …

偽メダカは法律違反!飼育をしてはいけない理由とは?種類や見分け方は?

  夏になると水辺でのレジャーやアクティビティが多くなってきます。 そんな中で、川辺に言った際川の中を泳いでいる魚を見つけると、「飼ってみようかな」なんて思うのはよくある話です。 &nbsp …

深層崩壊 警戒で台風後も注意!そのメカニズムや対策は?

  2019年台風19号の影響で深層崩壊が起きる可能性があるとして、その警戒を吸うるということが注目され、話題になっています。 その内容は、台風や豪雨などの影響によって大規模ながけ崩れである …

越境通学 問題点や理由は?【衝撃】裏技で入学する方法とは?

  京都市の市立中学校で越境通学が話題となり、その問題点が注目されています。 その内容とは、越境通学をする生徒がいるために、地元の生徒が部活動などでの大会に参加しづらくなっているということ。 …

ネッシー 正体 調査結果はうなぎ?【画像】ネス湖のロマンとは?

  イギリス北部スコットランドにあるネス湖に存在するとされるネッシーの正体が調査により判明したということが注目され話題になっています。 その内容は、未確認生物の「ネッシー」の正体が実は巨大な …