スポーツ 政治・経済

ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?山崎武司の予言的中か?

投稿日:

 

ナゴヤドームにてHRテラス計画があるということで、注目され、話題になっています。

その内容は、中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームにホームランテラスが新設されるという計画があり、賛否両論となったというもの。

 

この記事では、ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?山崎武司の予言的中か?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?その内容は?

 

ナゴヤドームといえば、1997年3月に建設されたドームで、中日ドラゴンズの本拠地になっています。

 

公式戦試合数は1500試合以上を誇り、その試合を観戦しに行ったという人も少なくないのではないでしょうか。

そんなナゴヤドームにホームランテラス席が設置されるということで、話題になっています。

 

2019年10月12日、球団関係者によると、ナゴヤドームに斗球団関係者との話し合いが始まったということでその計画が明らかにされました。

今回の件に関しては、早ければ2021年のシーズンから運用できるのではないかということ。

 

やはり、ホームランテラスが設置されることによって、ナゴヤドームの集客に関しても大きな影響が出てくるのではないでしょうか。

今季の観客動員数は228万5333人ということで、2年連続のぞうかとなっていますが、これからももっと伸びていくということが期待されます。

 

テラス席に入ることによって、ホームランを間近で感じられることや、選手のプレーを臨場感たっぷりで観戦することが出来るでしょう。

また、今回の件に関して、朗報になったのは観客だけではありません。

 

それは選手たちにとっても、嬉しいものになるかもしれないということです。

ホームランテラス席を設置することによって、当然ながらグラウンドが狭くなります。

 

と、いうことはホームランが出やすくなり、チームにとっても追い風になることは間違いないでしょう。

中日ドラゴンズは今季チーム打率2割6分3厘はリーグ1位と素晴らしい結果をのこしていますが、本塁打90本はリーグ最下位となり、この結果にも大きく関係してくるでしょう。

 

ナゴヤドームは12球団の中でも本塁打が出にくいとされているので、今回のことでどのような影響が出るのか楽しみですね。

しかし、ホームランテラス席の設置によって本塁打が出るようになるのは対戦相手チームも同じことです。

 

今後の試合内容に注目ですね。

 

ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?山崎武司の予言的中か?

 

ナゴヤドームにホームランテラス席が設置されるということでしたが、そのことに関して元プロ野球選手の山崎武司さんがこのような事をおっしゃっていました。

2019年6月のヤフオクドームでの交流戦で中日ドラゴンズ対ソフトバンクホークスの試合行われた際のことでした。

 

中日ドラゴンズはソフトバンクホークスに敗退、その要因となったのが本塁打の威力とテラス席が設置されるということだったのではないでしょうか。

ヤフオクドームにはテラス席が設置されていて、この試合で放たれた6本のうち5本はテラス席に入ったものでした。

 

そこで解説でおとずれていた山崎武司さんは以下のようにコメント。

 

「この球場は意外と飛ぶんだわ。テラス席があるからなおさらね。今日もオコエだけでしょ? スタンドまで飛んだのは。ナゴヤドームもつくろうか!」

 

やはり、テラス席の効果は大きいようですね。

今後の中日ドラゴンズの活躍に期待です。

 

スポンサードサーチ

ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?実際の画像

 

ナゴヤドームにホームランテラス席が設置されるということでしたが、その他球場のテラス席の実際の画像はこちらです。

 

 

ナゴヤドーム HRテラス計画で賛否両論?世間の声

 

ナゴヤドームにホームランテラス席が設置されるということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「そもそもの話なんだけど野球って球場の大きさが統一されてないって非常に不公平なスポーツなんだよねぇ…
ホームランキングとかって球場ちっちゃい球場の選手がとり易いし防御率やセーブのセーブのタイトルは比較的広い球場の選手がとり易い。
ナゴヤドームは広い球場なんだから広い球場なりの選手を使って育てるべきだと思う。」

 

「パリーグのファンだが、テラスホームランは本当に見ていてつまらない。
ヤフオクは左中間、右中間に抜けたあとの三塁打が魅力あったのに、それが減った。テラスを作るのではなく、フェンスを低くして、少し客席を増やすべきだった。
ZOZOにいたっては海に浮かんだ球場で風が問題なのだから、こちらはメラドのように、上に屋根を付けてドーム型にして風の影響を少なくする改築をすべきだったと思う。
各球団それぞれ違った対処をするべきで、皆が右に習えの発想がおかしい。球場が広いなら、パワーヒッターを沢山ドラフトで取るとか、足の早い中距離ヒッターを育てるとか、逆に落合のように投手力主体のチームを作るなどして、現存するハコモノに人間が合わせるべき。野球に限らず、全て人間に合わさせようとする考えがそもそも世の中をおかしくしている。」

 

「球団がどう考えるかですね。
ホームランが増える事を想定すれば投手陣の力がより重要になる。
迫力があっても『結果打ち負ける』『緊張感のある投手戦が減る』とチームどころか野球そのものの魅力減少にもなる。
でも逆も真なりですからどちらにせよはっきり方針を打ち出せばいいと思います。
あと多数決とはやめた方がいい。
多数決は基本的に良い結果にはならない。
責任ある人がしっかり話あってトップダウンでいいと思う。」

 

今回の件に関しては、賛否両論のようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ, 政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本田圭佑 仰天行動の内容は直談判!移籍した先の未来とは?

  元日本代表サッカー選手である本田圭佑さんの仰天行動が注目され、話題となっています。 その内容は、本田圭佑さんがサッカーチームである「マンチェスターユナイテッド」に直談判をし、オファーをく …

協栄ジム 報道否定で休止活動は嘘?金平会長の金銭トラブルとは?

  名門ジムであるボクシングジム「協栄ジム」が活動休止に関する報道否定をしたということによって注目され、話題になっています。 その内容は、活動休止が報じられていた協栄ジムが、公式サイトやツイ …

本田圭佑 変装姿が逆に目立ってる!【画像】バセドー病の病状は?

  サッカー元日本代表の本田圭佑選手の変装姿が、逆に目立っていると注目され話題になっています。 その内容は、フィテッセのホームゲームをスタンド観戦していた本田圭佑選手の変装姿が逆に目立ってい …

イケアが札幌店出店を撤回!理由は?その他の店舗はどこ?おすすめ商品は?

  家具販売の大手といえば、ニトリやイケアが有名ですが、イケア・ジャパンが2020年までの札幌店出店について撤回したことを明らかにし、注目が集まっています。   その内容とは、東京 …

WBO世界王者 KO負けで井上尚弥の相手は?【動画】バンタム級の勢力図は?

  WBO世界王者であるゾラニ・テテ選手がKO負けをしたということが注目され、話題になっています。 その内容は、WBO世界バンタム級王座統一戦にて、ゾラニ・テテ選手がジョンリエル・カシメロ選 …