事件・事故

東京消防庁 謝罪は救助中の落下!【動画】台風19号で残る爪痕。

投稿日:

 

今回の台風19号の救助活動中に誤って女性をヘリから落下させてしまったとして、東京消防庁が謝罪したということが注目され、話題になっています。

その内容は、救助活動を行っていた消防ヘリ「はくちょう」が誤って救助していた女性を落下させてしまったということ。

 

この記事では、東京消防庁 謝罪は救助中の落下!台風19号で残る爪痕。の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

東京消防庁 謝罪は救助中の落下!その内容は?

 

2019年10月13日、台風19号が過ぎ去り、関東地方や東海地方、東北地方にかけて大きな被害が出たと思います。

そんな中で活躍されているのが、消防や自衛隊の皆さんです。

 

河川が氾濫してしまった地域では、取り残されてしまうような住民の方も多数いらっしゃったということで、その救助に尽力されていることでした。

しかし、そのような中で、起きてはいけない痛恨のミスがあったということで、東京消防庁が謝罪をしたということが話題になっています。

 

なんでも、救助活動の際に救助ヘリから誤って女性が落下してしまったということ。

2019年10月13日10時ごろ、その事故は起きてしまいました。

 

消防ヘリ「はくちょう」で77歳の女性を救助していたところ、約40メートルの高さから女性が落下してしまい心肺停止の状態に陥ってしまったということ。

病院に搬送された女性でしたが、そのままお亡くなりになってしまいました。

 

台風19号の上陸で、多くの被害が出ている中、救助活動も大変な時期だったと思いますが、会ってはならない事故になってしまったようです。

では、なぜこのような事が起きてしまったのでしょうか。

 

今回の事故に関しては、ハーネスのカラビナを取りつけていなかったということがそもそもの原因になったようです。

本来であれば、座った状態でその装着をするのですが、今回は浸水があったために座ってもらうことが出来ず、一人の隊員が女性を抱えたままでの取り付けとなりました。

 

そのことによって、その手順を見失ってしまいヘリコプターの中に女性を入れる際に体制を変更したところ、誤って落下してしまったということ。

隊員は二人とも消防に入って10年以上のキャリアを持っていたということでしたが、航空隊に配属されてからは2年ほどということでした。

 

人間は誰しもミスがあるものですが、このような事は二度と起こらないように対策が必要ですね。

隊員の皆さんも極度の緊張や疲労の中で救助に当たってくれているということなので、そのことを考えると、やはり悲しい事故になってしまいました。

 

まだまだ復旧には時間がかかるかもしれませんが、細心の注意を払って再発防止に努めてほしいですね。

 

東京消防庁 謝罪は救助中の落下!台風19号で残る爪痕

 

今回のような自然災害の際には、SNSなども有効に活用することによって、被害の対策や、救助などの役に立っているようです。

中でも千曲川の堤防が決壊してしまった長野県のツイッターでは、救助を待つ人たちへの強い呼びかけがありました。

 

ツイッター上にはまだ救助されていない人たちからの悲痛な叫びが数多く投稿されていて、そのことに関して長野県は「必ず助けます」などと力強い励ましを送ったのです。

このように、災害の際には各都道府県と住民がつながれるということは良いことですよね。

 

このような呼びかけに助けられた人はたくさんいるでしょう。

皆様がご無事であるということを祈っています。

 

 

スポンサードサーチ

東京消防庁 謝罪は救助中の落下!実際の動画

 

今回の東京消防庁が謝罪したという実際の動画はこちらです。

 

 

東京消防庁 謝罪は救助中の落下!世間の声

 

東京消防庁が謝罪したということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「あってはならない事故だから消防だけで無く、警察・自衛隊・海保など救助活動に従事する全ての隊員に再発防止を徹底して欲しいです。
その上で、要救助者の数の多さなど大規模災害での任務は救助する側も極度の緊張を維持し続ける訳ですから大変なのは理解できます。
隊員が過度な任務にならない様にも配慮をお願いします。」

 

「災害も多く避難しなかった人の救助が当たり前になってきてるし数が増えればそれほどミスも起こり得る可能性出てくるよね
消防の方にはミスをなくすように努めて欲しいが自治体には今一度事前避難も見直して欲しい
特に独居の老人で身動き取れない人とかまだまだ多いと思う
あと本来なら危険の少ない避難所ですら危険な恐れが出てきて救助が必要になりそうなこともあったみたいだしそういう場合は避難所の方優先して欲しい」

 

「確かにあってはならない事故。
親族に消防士がいますが、休み返上で参集され、市民のために力を尽くしてくれています。
最近、災害が起こるたびに「命を守る行動を」と言われますが、改めて早めの避難や事前対策の重要性を考えさせられます。」

 

隊員への配慮も重要になってきそうです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾン火災 写真誤用に注意!範囲や動物も過去の物!誤用ツイートまとめ!

  南米・ブラジルなどで続くアマゾンの森林火災が世間を意義わせていますが、その拡散方法について、注目されています。 その内容は、ローラさんやブルゾンちえみさんらもSNSで拡散したこの事件につ …

チェルノブイリ 観光客増の理由はドラマ!?危険地域の現在とは

  原発事故が起きたチェルノブイリで観光客が増加しているということで注目され、話題になっています。 その内容は、米ケーブルテレビ局HBOの人気ドラマ「チェルノブイリ(Chernobyl)」の …

進研模試で不正発覚!ネット売買で悪用か。実際の画像は?

  学生時代には誰もが模試を受けてきたはずですが、そのなかでも有名なのが「進研模試」ですよね。 現在、この進研模試に不正があったとして注目されています。   その内容とは、インター …

小林幸子 手術告白の理由は失明?夫との関係や紅白出場はどうなる?

  歌手の小林幸子さんが、あわや失明の危機だったということを明かし、手術を受けていたということがわかり注目され、話題になっています。 その内容は、網膜剥離だと診断された歌手の小林明子さんが、 …

浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!【画像】監督・選手侮辱で批判殺到!

  サッカーチームである浦和レッズのサポーターが侮辱的行為をしたということで、処分を受けていたということが注目され、話題になっています。 その内容は、ジーコテクニカルディレクターの記念碑にサ …