スポーツ

ジョセフHC 人柄で勝利!【動画】スコットランド戦モチベは台風?

投稿日:

 

ラグビー日本代表がベスト8に進出したということでジョセフHCの人柄と、今までの過程に関して注目が集まり、話題になっています。

その内容は、ラグビー日本代表を史上初のベスト8に導いたのが、ヘッドコーチであるジェイミー・ジョセフ氏だったということ。

 

この記事では、ジョセフHC 人柄で勝利!スコットランド戦モチベは台風?の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

ジョセフHC 人柄で勝利!その内容は?

 

2109年10月13日、横浜国際総合競技場にて、ラグビーワールドカップ日本代表対スコットランド代表の試合が行われました。

結果は28-21で、日本が勝利を収め、史上初のベスト8へ進出したのです。

 

このことによって、日本中が歓喜と興奮の渦に巻き込まれたということは言うまでもありません。

これまで、目覚ましい結果が出ていなかった日本代表チームですが、ここまでの結果を出せるように導いてきたのが、ヘッドコーチであるジェイミー・ジョセフ氏だったのです。

 

そんなジェイミー・ジョセフ氏の人柄や、いままでの道のりが話題になっています。

現役時代は「荒くれもの」として選手たちに恐れられていたといわれるジェイミー・ジョセフ氏ですが、今回の勝利の秘訣は、その人柄にあったようです。

 

やはり今回のヘッドコーチ就任には大きなプレッシャーがかかっていたようで、前ヘッドコーチであるエディージョーンズ氏からバトンを引き継ぐことになりましたが、その功績に気になることもありまし太。

エディージョーンズ氏は、大きな功績を残しているということもあり、「就任当初は失敗を恐れて積極性に欠け、受け身だった」とその胸中を吐露しています。

 

選手たちの自主性を重んじ、規律を緩めることなどの改革を行ってきましたが、選手に勘違いされてしまったり、口喧嘩をしてしまったりと人心掌握にも苦労したということ。

しかし、そのことを取り持ってくれたのが藤井一郎氏だったといいます。

 

もちろんコーチと選手との信頼関係が無ければチームは強くなっていきません。

「ジェイミーは日本人を尊敬している」という藤井一郎氏の言葉もあり、そこから本当のワンチームが始まっていったのです。

 

ここまで来るのには苦しいことをたくさん経験してきたことでしょう。

しかし、信念を忘れず、選手たちを導いてこられたのはジェイミー・ジョセフ氏の人柄がなさる業だったのではないでしょうか。

 

大きなプレッシャーを乗り越え、歴史的な勝利を収めた日本チームですが、今後の活躍にも注目が集まります。

 

ジョセフHC 人柄で勝利!スコットランド戦モチベは台風?

 

2019年10月13日にスコットランド戦がありましたが、その際にはちょうど台風の問題で日本中が大変な状況にあるときでした。

しかし、そんな台風をモチベーションに変えて、選手たちは試合をしていたといいます。

 

ジェイミー・ジョセフ氏はラグビーの前にまずは台風で家族を亡くした方々にお悔やみ申し上げたい、と話し、選手たちも明るい話題を届けるために頑張りたいと奮起したようです。

主将であるリーチマイケル氏も、「きょうの試合は、単純に僕らだけのものじゃないと思っていた」と語り、台風の被害で苦しんでいる人たちのためにも試合をしているということを明かしました。

 

今回のスコットランド戦では大きな一歩を踏み出すことになった日本チームですが、この快進撃をいつまでも続けてほしいですね。

 

スポンサードサーチ

ジョセフHC 人柄で勝利!実際の動画

 

ジェイミー・ジョセフ氏の人柄が話題になっていますが、その実際の動画がこちらです。

 


 

ジョセフHC 人柄で勝利!世間の声

 

ジェイミー・ジョセフ氏の人柄が話題になっていることに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「『ONE TEAM』良い言葉だし響きも良い。敵チームを交わし、独走のトライも気持ち良いが、ラグビーは、パス回しでのトライこそ醍醐味があるような気がします。そういった意味でラグビー程、”ONE TEAM”が似合うスポーツはない気がします。次の決勝トーナメントでも、”ONE TEAM”を生かし、南アフリカを撃破してください。期待しています。ファイト日本!」

 

「今まで人気のあった競技とは真逆。
他のスポーツでは髪型を気にしたり、格好をつける選手が多かった。
ラグビー代表はなりふり構わず突進するド迫力。
目から鱗で本当のスポーツの魅力というものに魅せられてしまった。
どちらがいい悪いじゃないが、自分はラグビーが本当に面白くて仕方がない。」

 

「日本人よりも大きな声で国歌を歌う外国人選手。
様々な理由から日本代表になったと思うが、日本人以上の日本代表への思いを感じる。
ラグビー日本代表は、どのスポーツよりもチームワークを重んじ、規律、統制が取れている。
今回のベスト8進出が一つの結果だと思う。
これまでの、監督、選手が培ってきたものがしっかりと受け継がれて今に至ると思う。
これまで、日本ラグビーに関わった方々の努力の成果だと思う。
次の試合も頑張れ。
みんな応援している。」

 

これからもラグビー熱は加速していくことでしょう。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オールブラックス お辞儀は日本への愛!日本ファンも賛歌合唱!

  ラグビーニュージーランド代表であるオールブラックスが試合後にお辞儀をしたということで注目され、話題になっています。 その内容は、オールブラックスが試合後にスタンドに向かって頭を下げたとい …

藤田菜七子 学校時代が過酷!【画像】私服が好きなかわいい女性!

  騎手の藤田菜七子さんが、競馬学校時代のことをインタビューで語り、今までの過程がすごいと注目され、話題になっています。 その内容は、女性騎手で初の重賞制覇を成し遂げ、快勝を続ける藤田菜七子 …

明石商業監督が注意!理由はガッツポーズ?実際の動画はこちら!

  第101回全国高校野球選手権大会第12日目の準々決勝、明石商業対八戸学院光星の試合が8月18日に甲子園球場で行われ、監督が日本高野連から注意を受けていたことが話題になっています。 &nb …

斎藤佑樹 手応えで成績はどうなる?結婚願望が強いことを明かす!

  日本ハムに所属する斎藤佑樹選手が復活の手応えや報道批判に関して語ったということが注目され話題になっています。 その内容とは、今季まだ一勝もあげられていない状況の斎藤佑樹選手ですが、意外に …

吉田輝星がプロ初先発!成績や経歴、プロフィールは?

  日本ハムのドラフト1位である吉田輝星投手がプロ入り初登板、初先発したことが注目を集めています。 吉田輝星選手は、2軍での最終テストで思うような結果が残せなかったにもかかわらず、一軍昇格が …