事件・事故

スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!【動画】不適切演出で企画中止!

投稿日:

 

テレビ朝日系報道番組の「スーパーJチャンネル」にて、謝罪があったということが明らかにされ、注目され話題になっています。

その内容は、スーパーJチャンネルで起きた不適切な演出に関して、番組内で渡辺宜嗣アナウンサーが謝罪したということ。

 

この記事では、スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!不適切演出で企画中止!の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!その内容は?

 

スーパーJチャンネルといえば、1997年から一部地域を除き、日曜以外の曜日で放送されている報道番組です。

「Jチャンネル」や「Jチャン」などの愛称で親しまれているこの番組ですが、関東地方では2006年4月より最も長く続いている夕方の番組ということで知られています。

 

そんなスーパーJチャンネルの企画で、不適切な演出があったということが発覚し、謝罪があったということが注目されています。

2019年10月17日に放送されたスーパーJチャンネルの番組内で、渡辺宜嗣アナウンサーが今回の件に関して謝罪をしました。

 

そもそも今回の不適切な演出とは、スーパーマーケットの買い物客を密着取材するという企画の中で行われました。

その企画内では、買い物客の購入品や人生模様などを描くというものでしたが、買い物客のうち主要な男女四人が番組を担当したディレクターの知り合いだったということ。

 

このディレクター関しては、映画監督の経験があり、俳優養成教室の講師を務めていたということで、その生徒や、知り合いが登場したということ。

四人には店に来るようにスケジュールを伝え、いざ対面するとあたかも初対面のように話し始めたということ。

 

今回の件で、制作に関わったスタッフやプロデューサーなどを懲戒処分にするということを発表しました。

このような事件があると、今まで培ってきたものが一瞬にして崩れてしまいます。

 

信用を積み上げるのはなかなか難しいことですが、それを崩すのはこのような一件で十分なのではないでしょうか。

この企画やスーパーJチャンネルを楽しみにしている視聴者にとっては大きな裏切り行為となってしまったので、今後は再発しないように努めてほしいですね。

 

スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!不適切演出で企画中止!

 

スーパーJチャンネルの不適切演出が話題になっていますが、このような事は記憶に新しいのではないでしょうか。

最近では、人気バラエティー番組の「消えた天才」や「クレイジージャーニー」など、そのやらせが発覚し、放送休止に追い込まれています。

 

また少し前にも、「世界の果てまで行ってQ」や「ほこたて」などの番組でやらせが発覚し、人気番組だけあっておおきな話題になりました。

今思えば、「ほこたて」のやらせがきっかけになってこのような騒動がよく取りざたされるようになったのではないかと感じます。

 

では、そもそもなぜこのような事が発覚したのでしょうか。

それは、スーパーJチャンネルに関しては、匿名のタレコミがあったということで発覚したようです。

 

テレビ朝日によると、2019年10月4日に匿名の情報提供があり、調査を進めてきたということ。

やはり罪の意識にさいなまれ、耐えられなくなってしまった人がいるということなのでしょうか。

 

悪いことをしてもいつかは見つかってしまうということなのですね。

 

スポンサードサーチ

スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!実際の動画

 

スーパーJチャンネルで謝罪があったということですが、その実際の動画がこちらです。

 


 

スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!世間の声

 

スーパーJチャンネルで謝罪があったということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「失態は協力会社の責任。高視聴率は局員の功績。むかしから今もその構図は変わっていないように思う。記事を読むと、暗に丸投げしていた下請け子会社に派遣されていた孫受けディレクターの責任のように報じているけど、常に高視聴率を稼ぐ企画制作のプレッシャーをかけていたのは、テレビ朝日に他ならない。記者会見に社長ではなく常務や広報局長クラスで済ませているのも、日頃から安倍さんとべったりの社長、会長が、世間を舐めきっている現れだと思う。また同じことが繰り返されると思う。」

 

「今の企画コーナーは厳しいと思う。
新聞で企画コーナーを確認してそのチャンネルに合わせる主婦も多いと聞いた。毎日の企画だし、民放全てがほぼ同じ時間帯に放送している事を考えれば、企画を考え映像にする人達は辛いんだと感じる。
やらせと演出は紙一重だと思うけど、明確な指示を出していなくてもダメなのかなぁ。」

 

「不適切な演出…要はヤラセだったという話。
渡辺さんご自身には、責任は無い様に思うが、報道番組という特に客観性とファクトが求められる番組での、信頼性の失墜は致命的だろう。
関係者の処分に留まらず、番組の打ち切りもやむを得ない様に思う。」

 

やはり今回の件に関しては、疑問の声が多くあったようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドコモ 不適正手続き 是正の理由は来店予約設定ミス?解約できない?

  ドコモショップでは来店予約が出来ますが、不適正手続きではないかと問題になり、ドコモ側がそれを是正したことが注目され、話題になっています。 その内容は、来店予約で「解約」を選ぶと、予約枠が …

無印良品 自主回収が多い理由は何?チョコに水…回収品まとめ!

  無印良品が自社製品を自主回収するということで、注目され、話題になっています。 その内容とは、無印良品を運営する「良品計画」がチョコレート菓子にカビが生えたとして自主回収することになったと …

東大王チーフディレクターが不適切行為で異動!その他の不祥事とは?

  TBS社員であるチーフディレクターが女性ADへ不適切行為をしたと言うことで、移動になっていたということが発覚し、注目され話題になってます。 その内容は、大人気クイズ番組である「東大王」の …

あなたの番です 苦情殺到で炎上?「考察が面白い」理由とは?

  日本テレビ系で放送されている「あなたの番です―反撃編―」に苦情が殺到しているということが注目され話題になっています。 その内容は、大人気ドラマである「あなたの番です―反撃編―」はミステリ …

eスポーツ大会 賞金大幅減額で炎上か?賞金がもらえなくなるワケ

  eスポーツ大会で、本来提供されるとされていた賞金が大幅減額されたということで注目され、話題になっています。 その内容は、eスポーツ大会で、優勝者に提供されるはずだった賞金500万円が10 …