スポーツ 事件・事故

浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!【画像】監督・選手侮辱で批判殺到!

投稿日:

 

サッカーチームである浦和レッズのサポーターが侮辱的行為をしたということで、処分を受けていたということが注目され、話題になっています。

その内容は、ジーコテクニカルディレクターの記念碑にサポーターがよじ登ったり、マフラーをかけるなどの行為をしたということ。

 

この記事では、浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!監督・選手侮辱で批判殺到!の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!その内容は?

 

浦和レッドダイアモンズは埼玉県をホームタウンとするサッカーチームで、J1リーグに所属しているということがしられています。

また、チームは「レッズ」や「赤い悪魔」などという愛称で親しまれています。

 

そんな浦和レッズですが、そのサポーターが入場禁止処分を受けていたということで、注目されています。

なんでも、侮辱的行為をしたということなのですが、その内容はどのようなものだったのでしょうか。

 

2019年10月25日、浦和レッズはサポーターに関して処分内容を発表しました。

今回の件に関しては、2019年10月14日に行われたプレナスなでしこリーグ1部第15節・INAC神戸レオネッサ戦の際に判明しました。

 

一部の浦和レッズのサポーターがスタジアムに設置されている、ジーコテクニカルディレクターの記念碑によじ登ったり、マフラーをかけたりするなどの侮辱的行為を行ったというもの。

その件に関与したのは11人で、四人がジーコ像によじ登り、その他の七人は傍観者だったということ。

 

ジーコ監督といえば、サッカー日本代表の監督を務め、素晴らしい成績を残してくれました。

また、現在では鹿島アントラーズのコーチ兼テクニカルディレクターを務め活躍しているということで、今回のようなことが侮辱に値することだとは考えなかったのでしょうか。

 

実行者によると、いたずら心だったということですが、サッカーを愛するものなのであれば、そのようなことは簡単にできないはずです。

今回の件に関しては、実行者侮辱的行為をしている場面を写真に撮り、そのことを自身のSNSで投稿したということで発覚してしまったといいますから、自業自得ですよね。

 

傍観者側も制止することはしなかった、ということなので、やはり試合が始まるということで盛り上がりすぎてしまったのでしょう。

しかし、もう大人なので、そのあたりのモラルやマナーはわきまえないといけませんね。

 

浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!監督・選手侮辱で批判殺到!

 

浦和レッズのサポーターが処分を受けていたということですが、今回の件はジーコ監督や、選手をも裏切る行為となってしまいました。

今後の対応としては、実行犯に関しては今季のなでしこリーグの入場禁止と、トップチーム公式戦の入場禁止が言い渡されました。

 

また、傍観者側に関しては、厳重注意とし同じ行為を二度としないように制約させるということ。

今回の件に関しては入場禁止と厳重注意ということになりましたが、少々罰が軽いのではないかと思います。

 

試合が見られなくなってしまったからといって、次回もまたこのような事を起こさないとは限りません。

SNSで偶然見つかったので話題になりましたが、そうでなければまた繰り返していた可能性もあります。

 

盛り上がるのは致し方ないことだと思いますが、侮辱行為は許されないことですね。

 

スポンサードサーチ

浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!実際の画像

 

浦和レッズのサポーターが処分を受けたということで、その実際の画像がこちらです。

 

 

浦和レッズ サポーター処分で入場禁止!世間の声

 

浦和レッズのサポーターが処分を受けたということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「最低な輩どもだな。カイオへの人種差別の件といい、なにも浦和レッズのサポーターは懲りていない。歴史は繰り返すばかり。
浦和サポの中には、良識ある方々もいるのだろうけど、こうゆう件があるとレッテルを貼られてしまうからね。チームとサポーター合わせて大改革が必要だと思うよ。」

 

「どんなにサポーターの数が多くても、立派なスタジアムを持っていても、どんなに試合に勝ってもやはりこういった悪事の方が目立ってしまい、とても残念。
鹿島と浦和は常に正々堂々とピッチ内での勝負に集中して欲しいしサポーターもピッチ内の勝負を応援したい!」

 

「本来はごく一部のサポーターの愚行だと思うが、トップチーム含めて浦和レッズ案件がここまで多いとなると組織全体の問題意識の稀薄さ、させない仕組み作りの不十分さが寄与していると考えられる。
また、このようなニュースが頻繁に出ればJリーグ全体の印象も悪くなるので、お灸を据える意味でもリーグから浦和に対して、勝点剥奪、無観客試合といった厳しすぎるくらいのペナルティを与え、当該サポーターにも己の愚行がどれだけ愛するチームへ迷惑になるのかを気づかせ猛省させるべきだと思う。」

 

やはり今回の件に関しては、怒りの声が多いようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-スポーツ, 事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

駒田徳広の苦悩と葛藤…。一般的に負け犬?とりあえずお疲れの真相とは?

  巨人や横浜(現DeNA)で活躍された元プロ野球選手の駒田徳広さんが7月20日放送の「バース・デイ」に出演され、話題を呼んでいます。 その内容とは、現在プロ野球独立リーグの高地ファイティン …

佐野SA スト 経緯は何?原因は社長?解雇部長の告白とは?

  8月14日、東北道にある佐野サービスエリアでは従業員がおこした前代未聞のストライキによって、お盆真っただ中の観光客を困惑させる事態になったのは記憶に新しいです。   世間をにぎ …

テレ朝会長 怒りの理由はセクハラ問題!犯人や被害女性は誰?

  ニュース番組「報道ステーション」のチーフプロデューサーがセクハラ問題で更迭されたことに関して、テレ朝会長が怒りをにじませているということが注目され、話題になっています。 その内容は、20 …

京都市 PR 物議はステマ?ツイート一回50万円は違法?

  京都市が市の制作をPRするために取った方法が物議を醸しているということで、注目され話題になっています。 その内容は、京都市が吉本興業に所属する地元出身の芸人にツイッターでPRしてもらうた …

違法まつエク店 警鐘で被害は減る?【動画】YouTubeも原因か。

  以前から問題になっているとされる「違法まつエク店」が減らないということを受け、業界団体が警鐘を鳴らしたということが注目され、話題になっています。 その内容は、まつ毛エクステンションの無免 …