ライフハック

お墓の悩みランキング1位はあの理由!解決策まとめ!

投稿日:

 

お盆や命日になるとお墓参りが高齢になっている家庭もあると思いますが、お墓の悩みランキングが注目され話題になっています。

その内容は、現代ではおはかの様式や携帯が変化しいてきている中で、その悩みも多様化してきているということ。

 

この記事では、お墓の悩みランキング1位はあの理由!解決策まとめ!の内容や、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

お墓の悩みランキング1位はあの理由!その内容は?

 

夏が近づくにつれて、お盆の季節となり帰省もかねてお墓参りに行くという人は大木のではないでしょうか。

個人的にも幼少期の頃は夏になるのが楽しみで、お墓参りがメインとは考えませんでしたが祖父の家に遊びに行くことが恒例になっていました。

 

しかし、現在では時代の移り変わりによってお墓を持たない人も出てきているようで、その原因にはお墓に関する悩みが関係していたということ。

そんなお墓の悩みに関してランキング形式でまとめていきます。

 

 

第3位:墓じまいの手間がかかる

 

墓じまいとは墓石を撤去して使用権を返却するというというものです。

お墓をたてたのはいいものの管理する人がいなくなってしまっては、お墓を引っ越しさせるなどの対応が必要になってきます。

 

生涯独身の人やお墓が遠方にあるなど、理由は様々ですがその手続きが面倒だということなのでしょう。

勝手にお墓を移動させたり破棄したりすることは違法なので、行政手続きが必要になります。

 

このようなことを考えるのであれば、最初からお墓はたてないという人がいるのも納得です。

 

 

第2位:お墓を継承する人がいない

 

この理由は多くの人が経験しているのではないでしょうか。

現在では少子化や核家族化などにより、子供のいない夫婦や独身の人もいます。

 

そんな中で、お墓をたてたとしても管理する人が居なくては、無駄になってしまうでしょう。

お墓は代々続いていくという考えがありますが、軽症出来ない人がいるということも事実なのです。

 

 

第1位:自宅から遠い

 

この理由は全体の35%以上を占め、最も多い理由となりました。

やはり結婚や転勤などで故郷を離れることによって、代々のお墓を守っていくことが難しいという人はたくさんいらっしゃいます。

 

また、長男、長女同士が結婚することによって、両家のお墓を守っていくことが困難になってしまうという人もいるみたいですね。

ある調査ではお墓参りには年に何度か行きたいという人が7割を超えたそうですが、実際に1年に1回以下という人が半数以上を占めていたそうです。

 

 

以上がお墓に関する悩み1位から3位でしたがいかかでしたでしょうか。

やはり、管理が楽なことやアクセスが良いということがお墓選びの基準になっているようですね。

 

お墓の悩みランキング1位はあの理由!解決策まとめ!

 

お墓のお悩みランキングが注目されていますが、その解決策はいったいどのようなものがあるのでしょうか。

墓じまいや自宅からの距離など様々な悩みに関する解決策を提案していきます。

 

・納骨堂の利用

これは、お寺と永代供養を結ぶことに似ているのですが、お墓の管理者がいない人は代わりに供養してもらえるというものです。

期間が過ぎたらその後は供養塔の移動になるということですが、お寺にもお願いすることが出来るということなので、遺族にも迷惑がかからないのではないでしょうか。

 

・散骨

これは山や海に遺骨を散骨するという方法です。

もちろんその儀式は住職と共に行うことが出来るのですが、手元に少量の遺骨をのこすこともできます。

 

散骨であれば、お墓をもつ必要もありませんし、旅行好きの故人にとっては様々な場所に旅行できるという考えもあるようです。

 

・手元供養

これは手元に遺骨を置いて、お墓を造らないという方法です。

遺骨をペンダントなどの身に着けるものにすることもできるようで、故人と共に過ごしたいという人には良いのではないでしょうか。

 

お墓を自宅に置くという方法もあるようなので、そのことでも悩みが解決できそうですね。

 

スポンサードサーチ

お墓の悩みランキング1位はあの理由!世間の声

 

お墓の悩みランキングに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「今年墓じまいしました。
理由は、自分以降お墓を継ぐ人間がいない。お墓が県外で遠くお墓参り毎に新幹線等の交通費がかさみ家計が圧迫される。お墓の維持のための手入れが出来ず業者に頼まなくてかはいけない。お寺の檀家になっておりそれに係る費用がやはり家計を圧迫し始めた。
と以上、四つでした。
費用の面が大部分をしめていますが自分に何かあったらお墓を維持してはいけないし無縁仏となりあれ放題になってしまうのも嫌だったので決心しました。
一部のお骨を手元に残し後は全て墓じまい専門の業者さんにお願いしました。」

 

「もう、旧来の墓なんて負担だし所有するのはリスクにしか感じなくなった。
散骨できれば、自分はそうしてほしい。」

 

「隣に放置墓があると困る。関わりの無い墓だからこちらも見て見ぬふりをしてたけど、見過ごせないほど迷惑になって、軽く掃除したことがある。
管理会社がかんりしている墓地なのに。」

 

お墓に関する考え方も多様化してきているようです。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オープンカーの幌 耐水性はどのくらい?手入れで長持ちさせる方法!

  昨今では、温暖化の影響などによりゲリラ豪雨などが心配されていますが、オープンカーの幌の耐水性はどの程度なのかということが注目され話題になっています。 その内容は、オープンカーは完全防水で …

越境通学 問題点や理由は?【衝撃】裏技で入学する方法とは?

  京都市の市立中学校で越境通学が話題となり、その問題点が注目されています。 その内容とは、越境通学をする生徒がいるために、地元の生徒が部活動などでの大会に参加しづらくなっているということ。 …

冠水 道路 注意点はこちら!歩く場合には溺水トラップも要注意!

  2019年10月は台風などの影響により冠水する道路がありましたが、その注意点が話題となり、注目されています。 その内容は、河川氾濫や大雨などによって道路冠水が発生しているということで、や …

水害後 消毒 ポイントはこちら!流行りやすい感染症とその対策とは?

  台風19号が上陸し、広い範囲で水害が起こることになりましたが、水害後の消毒のポイントが注目され、話題になっています。 その内容は、住宅や車など浸水被害にあったものを清掃する際の注意点が、 …

洪水リスク 注意喚起で被害を最小限に!【動画】台風後の注意点まとめ!

  勢力の強い台風19号が上陸したということで、河川などの洪水リスクを注意喚起しているとして、注目され、話題になっています。 その内容は、台風が過ぎ去った後でも、水害のリスクはあり、洪水のリ …