エンタメ 政治・経済

エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?登山と先住民との関係は?

投稿日:

 

オーストラリアの観光地であるエアーズロックが閉鎖されるということで、注目され、話題になっています。

その内容は、マナー違反や事故、先住民との関係でエアーズロックに登山することが禁止になったということ。

 

この記事では、エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?登山と先住民との関係は?の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?その内容は?

 

エアーズロック(ウルル)といえば、世界でもっとも有名な一枚岩で、世界的にも多くの人に知られ観光名所になっています。

オーストラリアといえばエアーズロックと考える人も多くいるかもしれませんが、実は世界で1番大きな一枚岩ではなく、2番目に大きいということでも話題になりました。

 

そんなエアーズロックですが、登山が禁止され閉鎖されるということで、注目され観光客が殺到しているというのです。

エアーズロックへの登山禁止が決定したのは2017年のことで、地元の先住民であるアボリジニが登山禁止を長年訴えている状況でした。

 

2019年10月26日からは登山が禁止されてしまうということになるので、25日には多くの観光客が登山のために列を作っている状況です。

それでは、このように有名な観光地が閉鎖されてしまう理由は何なのでしょうか?

 

その理由はいくつかありますが、一つ目が、マナー違反だということ。

やはり観光客の中にはごみを捨てていってしまう人もいるらしく、そのことが環境に良くないということは明白です。

 

また、観光客でホテルが満室になってしまうこともよくあるそうなのですが、ホテルの部屋が無いからといって、近隣で違法にキャンプをしている人もいるといいます。

エアーズロックは1987年にユネスコの世界遺産に登録されていますので、そのことを考えたら致し方ないのかもしれません。

 

二つ目はエアーズロックで事故が起きているということです。

登山をすることによって、急斜面を登ることになりますので、滑ってなくなってしまった人もいるということ。

 

また、エアーズロックは夏場には気温が47度と高温になるため、脱水症状や熱中症で今までにも十数人がなくなっているということ。

やはり安全面を考えると、このような対応になったのでしょうか。

 

環境と観光は両立させることが難しいようです。

現在では観光客が殺到しているようですが、また怪我や事故が起きないようにしてほしいですね。

 

エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?登山と先住民との関係は?

 

エアーズロックが閉鎖されることになりましたが、登山禁止の理由には先住民が大きくかかわっているようです。

エアーズロックのふもとには登山をしないように訴える看板が複数設置されています。

 

地元に住んでいるアボリジニの男性によると、エアーズロックは教会のような神聖な場所ということで、やはり登山はしてほしくなかったということなのでしょうか。

世界中の人たちはエアーズロックに登るためにその場所を訪れていると思いますが、なかなか難しい問題だったようですね。

 

日本でも富士山のマナー違反などの問題が明らかになりましたが、このような事にならないと良いですね。

アボリジニの皆さんは長年訴えてきたということだったので、そのことが大きく影響し、今回の閉鎖につながったのでしょう。

 

エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?実際の動画

 

エアーズロックが閉鎖されたということで、その実際の動画がこちらです。

 

 

スポンサードサーチ

エアーズロック 閉鎖の理由はマナー違反?世間の声

 

エアーズロックが閉鎖されたということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「自国で考えると、聖地にわけわからんただの山好き外国人が登るのは嫌だもんな。その民族の人たちにしかわからないことがあるからこれでいいと思う。
行ったことあるけど、本当に綺麗な岩山で神秘的だった。景観を守れるし、眺められるだけでも充分だと思います。」

 

「記事文中の「何が重要なのかを理解するのは難しい。ウルルは岩だし、登るた めにあると思うという」という言葉は酷い。
「自分達にとってただの岩では無く、民族の聖地なので汚して欲しくないし、尊重して欲しい」と意志表明したアボリジニ達の主張を完全に無視している。
異文化や聖地への敬意・畏敬が全く微塵も感じられないこの言葉がウルルに殺到した観光客全員の総意ではない事を祈ります。
「聖地」である以上、そこに無理やり入ろうとする事は、例えばギリシャのアトス山やヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂に、着用禁止されている短パンやノースリーブ・タンクトップ・スカート・ワンピース・ピアスなどを敢えて着用し強硬突破で一悶着を起こそうと試みているようなものなのです。
あるいは地面を素足で歩いた後に泥を洗い落とさずそのままイスラムのモスクやアジアの寺院・廟に上がり込んで歩き回るも同然。
観光客の方が自戒・自制すべきです。」

 

「さすがに頂上から眺望する360度の地平線には感激して未だに憶えてはいますが結構な急斜面で転けたら死ぬなと思ったし道中岩だらけで特に楽しい登山ではなかった記憶が‥
アボリジニの聖地と言われる場所は他にもありましたがどこも立ち入らず遠めで眺めてる方がいい印象です」

 

これからは別の楽しみ方を模索してく必要があると思います。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-エンタメ, 政治・経済

執筆者:


  1. 匿名 より:

    いろいろほざいてるけど自分も一度は登ってるんだから綺麗事言ってんじゃねーよと思いました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

訪日韓国人客 48%減の真相は日韓問題!訪韓日本人はどうなった?

  2019年8月の訪日韓国人が48%減しているということで注目され、話題になっています。 その内容は、2019年8月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、2018年8月に比べて、48%減って30 …

JR九州 自動運転案が可決?AIの発達で変わっていく日本の未来とは?

  JR九州が、列車の自動運転技術の導入を検討しているということがわかり、注目され話題になっています。 その内容は、国土交通省が主催した「自動運転技術」検討会の中で、JR九州がその導入を検討 …

PTA やらされ感を無くして青春!入らないとどうなる?

  学校のPTA活動はどうしてもやらされ感が出てしまうものですが、その楽しみ方があるということで注目され、話題になっています。 その内容は、大阪府和泉市の小中学校で楽しめるようなPTA活動に …

埋蔵携帯 総額2兆円はなぜ?無料回収に疑問の声!

  埋蔵携帯の価値が総額2兆円になっているということで注目され、話題になっています。 その内容は、機種変更などで使われなくなり、自宅に眠っている「埋蔵携帯」の総額が2兆円を突破したということ …

ベッキー 妊娠報道で出産はいつ?片岡治大結婚後、現在の仕事とは?

  タレントのベッキーさんが第一子を妊娠しているということが判明し、注目され、話題になっています。 その内容は、片岡治大さんと結婚されたベッキーさんが、都内の病院に通う姿が目撃されたというこ …