事件・事故

岡崎聡子 獄中手記が壮絶…。体操界引退後の現在や近況は?

投稿日:

 

元体操日本代表で、元タレントの岡崎聡子さんの獄中手記が壮絶だということが話題になり、注目されています。

その内容は、タレントの田代まさし容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことによって、同じく薬物関連で逮捕歴のある岡崎聡子さんに注目が集まったということ。

 

この記事では、岡崎聡子 獄中手記が壮絶…。体操界引退後の現在や近況は?の内容や、実際の手記、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

岡崎聡子 獄中手記が壮絶…。その内容は?

 

元体操日本代表の岡崎聡子さんといえば、1975年に、全日本体操競技選手権大会の種目別跳馬競技で優勝を飾り、1976年には同大会で総合優勝、NHK杯体操選手権でも優勝するという華々しい成績を収めた人物です。

 

また、モントリオールオリンピックには若干15歳で出場し、同年代だったナディアコマネチにあやかって「和製コマネチ」と呼ばれ親しまれました。

そんな岡崎聡子さんの獄中手記が注目を集めています。

 

そもそも岡崎聡子さんはなぜ獄中手記を執筆することになったかというと、大麻や覚せい剤などの薬物を使用したことによって、逮捕されてしまったからです。

きっかけは1995年の検問で、職務質問を受けた岡崎聡子さんが大麻を所持しているということがわかり、逮捕されました。

 

その後も出所しては薬物を使用するという生活を繰り返し、最近では2019年4月に覚せい剤を使用したということで14回目の逮捕となっています。

昨今の薬物問題として記憶に新しいのはタレントの田代まさしさんの逮捕なのではないでしょうか。

 

そのような薬物問題があったということで、岡崎聡子さんもまた注目されることになったのです。

田代まさしさんは、出所してからEテレで、薬物の恐ろしさを語るなど復帰の道も見えましたが、やはり依存してしまうということがわかったと思います。

 

岡崎聡子さんに関しても、出所後3ヶ月で薬物を使用しているということがあり、薬物の依存性に関してもう一度考えさせられることだと思います。

獄中手記には母親から「あなたのせいですべてを失った」ということを言われたということが記されていて、どれほど壮絶なものだったかということがわかります。

 

おそらく自分では辞めたいと思っていても周りがそうさせてくれないのかもしれません。

一時的な誘惑に打ち勝ったとしても売人がそれを勧めてくるのかもしれません。

 

昨今の薬物問題に関して、芸能界だけではなく一般人に対しても深刻な問題だということが改めて感じさせられます。

 

岡崎聡子 獄中手記が壮絶…。体操界引退後の現在や近況は?

 

岡崎聡子さんの獄中手記が話題になっていますが、引退後の現在や近況はどのようなものなのでしょうか。

岡崎聡子さんは体操界引退後、タレントとして活躍されていたということがしられています。

 

1978年放送の人気ドラマ「熱中時代」に出演し、教師役として奮闘されました。

しかし、その後は芸能界を引退し、子供二人と幸せな生活を送っているかのように見えました。

 

そんななか、1995年に第一回目の逮捕となり、その際には1年前から注射をしていたと岡崎聡子さんが語っています。

その後も逮捕と出所を繰り返し、2019年に合計14回の逮捕となったのです。

 

2005年の裁判では「子供たちの前で、胸を張れる生き方をしたい」と泣きながら訴えていた岡崎聡子さんですが、今後の逮捕歴が更新されないことを願うばかりです。

 

スポンサードサーチ

岡崎聡子 獄中手記が壮絶…。実際の手記

 

岡崎聡子さんの執筆した獄中手記の一部を紹介いたします。

 

「赤いランドセルを背負い、道草が日課の私だった。

 母の夢。

「バレリーナか、体操をやりたかったわ、戦後のこの国じゃ、夢のまた夢よ」

 3歳からバレエを習い、9歳から体操を始めた。

 母の夢が私の夢へと変わる。

 毎日が楽しくてしかたない。

 憧れの選手に近づくために、一歩一歩本気で進む。

 そんな無邪気な一方、成長するにつれ、自分の存在が、常に正しく、努力家で、少し胸の張れる人間でいることを、自他共に求めてきたところもあった。

 いつからだろうか、時々、心に堅い鎧をまとうようになった。

 大きなケガが重なったころからだったのか?

 天真爛漫とは裏腹に、必要なこと不必要なこと共に耳を塞ぐようになった。

 小さな私だけの箱に引きこもり、頑張れない自分、弱い自分が受け入れられず、認められない。心は常に孤独だった。

 のちに、私は薬物使用で逮捕される。菊屋橋留置所の面会室。アクリル板の向こうの母の、指先のふるえが止まらない。

「あなたのおかげで、声が出なくなったわ、“失語症”」

 小さなかすれた声でそう話す。

 これを皮切りに、薬物使用を繰り返す私に、

「あなたのせいで、私は全てのものを失ったわ」

 悲しい目で、度々つぶやく母。

 私には返す言葉もない。

 件の母も、父も、子供たちの父親も、前刑、公判中、受刑中にそれぞれ他界した。今となれば、そんな母の愚痴さえも、懐しく思える。

でも、誰のせいでもない。悪いのは、全て私なのだから、キツかった。

 受刑生活を繰り返してきた私だが、薬物使用を良いことだと考えたことはない。“やめたい”と思う気持ちはもちろんあるが、その思いが、どれほどのものだったのかと問われれば、いかんせん、心もとない。

 いつでもやめられる。そのための懲役であると思っていた。しかし、現実は違っていた。ほんのひとときの夢を前に、ためらいも、罪悪感も、“二度と再び薬物に手を染めないでほしい”と願う人たちの思い、言葉の全てが無力だった。

 自業自得と自嘲して、刑務所(ムショ)帰りのレッテルを他の誰でもない、自分自身が貼りつけて絶望……。自分に嘘をつくそんな自分がますます許せなくなる。すべての悲しみを忘れさせてくれる薬。楽になりたいと思い使う薬が神経をヘトヘトにすり減らすものになるなんて……

 人生を投げ捨て、夢を追い、傷を負い、誹謗中傷どこ吹く風、やさしさや、愛に満ちた言葉でさえ、“問答無用”切り捨て、一瞬の夢を求め続けた。

 大切なはずの家族、多くの人、自分を傷つけながら。

 行き着く所は、塀の中。

 迎えてくれる両親ももういない。前刑初めての満期出所。実質4年半ぶりの社会での生活は、穏やかで明るいものに違いない。出所の嬉しさと、二度と戻りたくないと思うプレッシャーの中…。(いったい何をやっているんだろうか)。また薬物を使ってしまった。」

 

 

壮絶な人生と悲しい胸の内が伝わってくる内容です。

やはり、努力や忍耐ではどうにもならないということなのでしょうか。

 

岡崎聡子 獄中手記が壮絶…。世間の声

 

岡崎聡子さんの獄中手記に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「あったら必ず使う。ならば供給を断つしかない。司法取引は使えるか?入手先教えたら〜で芋づるをどこまで手繰れるか?報復恐れて証言渋る人は保護し、大本を壊滅しないと。後釜退治も根気よく」

 

「デビュー前に すでに手を出してるからね… タイーホ歴なら 岡崎聡子がダントツ なんだけど 目立つのは 田代まさし 清水健太郎 高橋祐也 の 御三家 ASKA の追い上げ お塩先生の再浮上もあるかもしれない 個人的には 清原は戦力外通告したい。」

 

「田代まさしの引き合いに出された「岡崎聡子」という人を私は知らないのだけど、この方の使い始めのきっかけが興味深いなぁ。ロスにエアロビの勉強しに行った時に使い始めちゃったらしいんだけど。 「疲れが取れるよ」とかヒロポン的手口で勧められてしまったのだろうか。」

 

今後の岡崎聡子さんの言動にも注目が集まります。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トンネル火災で特急しなの運休。運行状況や消防活動は?実際の動画あり

  6月29日の早朝、長野県南木曽町のJR中央線のトンネルで火事があり、特急しなのが始発から運休しています。 その内容とは、南木曽町田立のJR中央西線・島田トンネルで6月29日の午前4時ごろ …

TDS 噴水 封鎖理由はマナー違反?噴水で涼む行為も!【画像】

  東京ディズニーシーの人気撮影スポットが封鎖されたということで、その理由は何だったのかという憶測が飛び交い、注目され話題になっています。 その内容は、ディズニーシーにある「ジャスミンの噴水 …

車浸水の対処法まとめ!どこまで浸水したらアウトなの?正しい脱出法は?

  近年報道されている自然災害の一つにゲリラ豪雨があります。 7月に入り、これから台風の季節がやってきました。   そんなことも相まって、大雨の際に道路が冠水し交通事情に悪影響を及 …

中国ハッカーの通信大手攻撃報道!内容は?日本は大丈夫?世間の声まとめ

  アメリカ、サイバーセキュリティー会社サイバーリーズンの最新の報告書で中国ハッカーが通信大手にサイバー攻撃をしているということが判明しました。 その内容は、中国政府の支援を受けていたと思わ …

あなたの番です 苦情殺到で炎上?「考察が面白い」理由とは?

  日本テレビ系で放送されている「あなたの番です―反撃編―」に苦情が殺到しているということが注目され話題になっています。 その内容は、大人気ドラマである「あなたの番です―反撃編―」はミステリ …