事件・事故

国道161号 事故多発 原因はこちら!【動画】事故防止の対策は?

投稿日:

 

琵琶湖西岸に位置する国道161号線で正面衝突による事故が多発しているということで、その原因に注目が集まり、話題となっています。

その内容は、片側一車線によって居眠りやわき見運転などが多発することによって、事故が多くなっている現状だということ。

 

この記事では、国道161号 事故多発 原因はこちら!事故防止の対策は?の内容や、実際の動画、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

国道161号 事故多発 原因はこちら!その内容は?

 

そもそも国道161号とは福井県敦賀市から滋賀県大津市に至る一般国道で、ちょうど琵琶湖の西岸を沿うように走っている道路です。

琵琶湖の周辺ということもあって、天気のいい日にはドライブに出かける人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、その国道161号で多くの事故が起きているということが、注目されています。

不謹慎な話ですが、大きなものから小さなものまで全国的に見れば、毎日事故が起きているのではないでしょうか。

 

その中でも国道161号では正面衝突の事故が多発しているというのです。

それでは、国道161号で正面衝突事故が起きてしまう原因はいったい何なのでしょうか。

 

それは、国道161号の車線に関係していました。

2019年に入り10月だけでも2件、過去10年間にすると14人もの人が亡くなっているのです。

 

しかも、その事故は全て大津市坂本7丁目から滋賀県高島市マキノ町の片側1車線区間で発生したものになっています。

やはり、片側一車線になるということで、ドライバーの集中力が続きにくく、居眠りや、わき見運転の原因になってしまうということ。

 

さらには、信号機や交差点も少ないので速度も出やすくなっているといいます。

単調な道が続き、居眠りやわき見をしてしまうことによって、車が対向車線にはみ出し、正面衝突を起こしてしまうということなのですね。

 

しかし、このように事故が起きているということで対策はされていないのか、と疑問に思ってしまします。

中央分離帯やガードレールなど、様々な事故を防ぐ策があるとは思いますが、実は法律上車線の幅を確保できなくなってしまうために、これらの設置が出来ないということ。

 

すぐに対策はできなさそうなので、ドライバー一人一人が気を付けていくしかないということなのでしょう。

もちろん国道161号の途中には道の駅などの休憩が出来る施設もありますので、安全運転を心がけていきたいですね。

 

国道161号 事故多発 原因はこちら!事故防止の対策は?

 

国道161号での事故多発原因が話題になっていますが、その対策は何があるのでしょうか。

国道161号には事故対策として、道路中央部分にゴム製のポールを設置しています。

 

また、中央線付近に音の出る塗装を施していますが、対向車線にはみ出す車を抑えるには限界があるということ。

やはりガムをかんだり、思い切って仮眠をとるなどの対策が必要です。

 

一般的には昼食を取った後の13時から15時くらいが眠くなりやすいといわれているようなので、運転する時間帯にも気を付けたほうがよさそうです。

人間の三大欲求は食欲、睡眠欲、性欲だということがいわれているのはご存知でしょう。

 

巷では、その欲求を活用して、眠気を覚ます方法もうわさされています。

特にトラックの運転手さんが使っているようなのですが、どうしても眠くなってしまったときは大人のビデオを大音量でかけるのだとか。

 

男性限定かもしれませんが、眠気がなくなるかもしれません。

しっかりと計画を立ててドライブすることが重要ということですね。

 

スポンサードサーチ

国道161号 事故多発 原因はこちら!実際の動画

 

今回話題になっている、国道161号の実際の動画がこちらです。

 


 

国道161号 事故多発 原因はこちら!世間の声

 

国道161号で事故が多発していることに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「明らかに死亡事故が多い箇所とわかっていても法律上の理由からフェンス等の安全対策が実施できないのなら、例外として設置できるように認めてもらうことはできないのだろうか。
運転中にスマホを見ない、睡眠を十分に取ることは重要だが、激務で余裕がないと本人もダメだと思っていながらやってしまうのもわからんではない。(決して擁護するつもりはない。こういうことは会社が改善するべき。)
事故の原因様々で、事故を100%防ぐというのは不可能。事故を起こさないように徹底することが大前提としてもやはり事故は発生するもので、その「もしも」のためのセーフティーはなければいけない。」

 

「法律は、人を守るために変えていけば良いもので、事故が起きやすいまま放置しておくものではない。
道路の構造に詳しい人が議員になれば、すぐに法改正できる。
N国党のシングルイッシューではないが、道路の安全策を掲げる候補者が出てきて、その趣旨に投票する人が増えてくると、問題は解決しやすくなる。
片側1車線の道路で中央にガードロープや中央分離帯を設置できないのは、車線上で事故を起こしたときに後続車が動けなくなり渋滞が起きる、緊急車両が事故現場に到着できないなどの理由からだろう。
居眠りやよそ見運転の防止では、中央部の両サイドに高さ3cmくらいのデコボコを付けて、反対車線に突っ込む前に気づいてもらという手もある。反対車線に突っ込む前に巾方向で2m位余裕があれば、デコボコの振動で気づいて、助かる命も出てくると思う。」

 

「湖西道路が無料化されて久しく、その通行量は増えました。物流関係のコンテナ車が行きかう様子からは経済効果はとても高いものなのでしょう。多くの方が指摘されているとおり、信号もなく快適な道が続きます。順調に流れていれば大変便利な道ではありますが、盆や暮れなどには真野や坂本あたりで大渋滞を引き起こしています。まして事故でもあれば緊急車両の通行も、専用のランプもなくたちどころに機能マヒが起こっています。並走する旧国道も幅が狭く、山間部を走るルートも大変災害に弱点のある道です。道路幅の拡張は難題も多いのですが、せめて緊急時に関係車両が現場に急行できるランプや、特定の場所での渋滞緩和を検討してほしいと思います。地元ですが渋滞が予想されるときは、私はJRを利用します。」

 

今日も安全運転で行きましょう。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-事件・事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都市 PR 物議はステマ?ツイート一回50万円は違法?

  京都市が市の制作をPRするために取った方法が物議を醸しているということで、注目され話題になっています。 その内容は、京都市が吉本興業に所属する地元出身の芸人にツイッターでPRしてもらうた …

違法まつエク店 警鐘で被害は減る?【動画】YouTubeも原因か。

  以前から問題になっているとされる「違法まつエク店」が減らないということを受け、業界団体が警鐘を鳴らしたということが注目され、話題になっています。 その内容は、まつ毛エクステンションの無免 …

関大学長 反省文発表で収束か?【全文公開】加藤浩次もコメント。

  関大学長が今回のモラハラ問題に関して、反省をしているということを明かし、注目され、話題になっています。 その内容は、関西大学元アイススケート部監督である織田信成さんのモラハラ問題に関して …

スーパーJチャンネル 謝罪はやらせの件!【動画】不適切演出で企画中止!

  テレビ朝日系報道番組の「スーパーJチャンネル」にて、謝罪があったということが明らかにされ、注目され話題になっています。 その内容は、スーパーJチャンネルで起きた不適切な演出に関して、番組 …

幸楽苑 一部休業の理由は台風19号!【動画】餃子作れず営業時間変更か。

  大手ラーメンチェーン店である幸楽苑が、一部休業するということを発表し、注目され話題になっています。 その内容は、台風19号の被害によって工場が浸水被害を受け、一部店舗を休業せざるを得ない …