政治・経済

コナン1巻 毎年重版 理由とは?映画成功の秘密も公開?

投稿日:

 

国民的漫画「名探偵コナン」1巻が、毎年重版になり、長編作品としてそのような勢いがある理由とは何なのかということが注目され、話題になっています。

その内容は、名探偵コナンやドラえもんなどの長編漫画の1巻が毎年数回は増刷され、売れ続けているということ。

 

この記事では、コナン1巻 毎年重版 理由とは?映画成功の秘密も公開?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

コナン1巻 毎年重版 理由とは?その内容は?

 

国民的漫画名探偵コナンといえば、青山剛昌さん原作の推理漫画で、大人から子供まで多くの人に愛されている作品です。

「黒の組織」と高校生探偵である工藤新一の対決描いた漫画ですが、その中で起きる事件を解決していくさまが支持されているのではないでしょうか。

 

毒薬を飲まされて体だけ子供になってしまった工藤新一ですが、阿笠博士の発明によって、そのデメリットを克服していきます。

そんな名探偵コナンですが、1994年にコミック1巻が発売され毎年重版になっているということで、注目されています。

 

現在では電子書籍が主流になりつつあり、紙としての媒体は無くなりつつありますがそれでも重版になる理由とはいったい何なのでしょうか。

まず、考えられる理由が子供たちの影響が大きいということです。

 

これから名探偵コナンなどの長編漫画やアニメを見始める子供たちは、どのような成り行きでコナンが誕生したのか気になる人も多いはずです。

やはり、1巻から購入してストーリーを順に追っていきたいという消費者の心理状態があるのでしょう。

 

また、1巻の購買層は30~40代の女性が多いということで、子供と一緒にアニメや映画を見たことによって当時の熱が再燃し、マンガの1巻から購入する人もいるということなのかもしれません。

漫画の1巻が重版されている作品は、名探偵コナンだけではなく、あの国民的作品である「ドラえもん」も売れ続けているのです。

 

これも、子供の影響が大きく、ドラえもんとのび太の関係性を知りたいという人が多くいたということなのでしょうか。

ドラえもんに関しては、子供に安心して読ませることが出来るという側面もあるらしく、ジャイアンやスネ夫、しずかちゃんといった小学校入学前の子供に人間関係を教える面でも活躍されているそうです。

 

どちらの作品も大人から子供まで愛されているということで、本当に素晴らしいですよね。

今後も世代を超えて愛されていくことでしょう。

 

コナン1巻 毎年重版 理由とは?映画成功の秘密も公開?

 

名探偵コナン1巻が毎年重版されているということで、その理由が注目されていますが、映画も成功しています。

名探偵コナンやどらえもんの映画は毎年公開されていますが、公開されれば必ずといっていいほどトップテン入りし、2019年に公開された「名探偵コナン 紺青の拳」は興行収入90億円を突破するほどの大ヒットとなっています。

 

どちらも子供向けのコンテンツであるということは変わりないようですが、親を巻き込むことによってこのような成功を収めているといっても過言ではないでしょう。

様々な理由がありますが、その中でも代表的な親世代を巻き込む仕掛けが「泣けるストーリー」なのではないでしょうか。

 

ドラえもんや名探偵コナンなどの感想を見ると、「泣けた」「感動した」という声が大きく、そのようなストーリーになっていることも多いですよね。

親世代も元から名探偵コナンやドラえもんを知っているため、先入観がないというのもヒットの秘密ということなのでしょう。

 

スポンサードサーチ

コナン1巻 毎年重版 理由とは?実際の画像

 

今回話題になっている名探偵コナンの実際の画像がこちらです。

 


 

コナン1巻 毎年重版 理由とは?世間の声

 

名探偵コナンの漫画1巻が毎年重版になっているということに関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「コナンもドラえもんも、私の子供の子供、つまり孫もきっと買うと思います。
未だ見ぬ孫と、お爺ちゃんが、大好きだったマンガだよ~って、話もきっと盛り上がるんだろうなぁって、想像してしまいます。
タブレットより、紙の本をプレゼントしてしまうと思います。」

 

「今年の映画『紺青の拳』で初めてコナンを見て、あまりに面白くてコミックスを紙で96巻揃えました。
電子で全部読むのは目が疲れるし、紙だと本棚で全部眺めて、好きなシーンをランダムアクセスで読めるのがいいです。
あと、やっぱり手元に置いてる感がいいかな。電子でスマホに入ってたら読み返さない作品は多い。」

 

「小学生の息子が、ドラえもんを読みたいといい出した。
私も改めて読みたかったので、全巻大人買いしそうになったけど、
待て待てそれは教育上よくないと思い、毎月1巻ずつ買っていくことに。
全巻揃う頃には息子も高学年。
高学年になっても、買う日にうれしそうにしてくれているか、楽しみです。」

 

今後も作品の活躍に注目です。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父子家庭の貧困問題に不安…。内容や支援は無い?世間の声まとめ

  沖縄県で6月14日に公表された小中学校調査で見えてきたのは、困窮層での必要な支援がいきわたっていないという事実でした。   この調査は3年ぶり2回目であり、親が働き詰めで、子供 …

タピオカが品薄に!その理由は?作り方や人気店などまとめ!

  最近でブームになっている「タピオカ」入りのドリンクですが、その流行から供給が追い付いていないという事実が発覚しました。 その内容とは、日本のタピオカブームに乗り、本場である台湾の大手チェ …

柿の種 配合比率 見直しは国民投票!不動の比率が崩れるか?

  亀田製菓の主力商品「亀田の柿の種」の配合比率を見直しするということが明らかになり、注目され、話題になっています。 その内容は、柿の種に配合されている、柿の種とピーナッツの比率を国民投票に …

JASRAC 保留金の使途とは?16億の新事業?世間からは批判の声

  JASRAC(日本音楽著作権協会)が分配保留金の使途を明らかにし注目が集まっています。   その内容とは、利用者から徴収した使用量の内の分配保留金を作詞家や作曲者に共通する目的 …

丸山穂高議員また発言炎上。和田アキ子へのツイートが話題に。動画やツイートまとめ

  衆議院議員である丸山穂高議員のTwitter上での発言が問題視されています。 その内容とは、丸山穂高議員がTwitterで歌手の和田アキ子さんに対して、「紅白すら出ていないようですが」な …