エンタメ 政治・経済

ガリガリ君ソーダ味 青色 理由は海と空?ヒットの理由3つとは?

投稿日:2019年12月8日 更新日:

 

国民的アイスキャンディー「ガリガリ君ソーダ味」はなぜ青色なのかという理由が明らかになり、注目され話題になっています。

その内容は、ガリガリ君がロングセラーになったアイデアやマーケティングなどを元赤城乳業の業務取締役が語ったということ。

 

この記事では、ガリガリ君ソーダ味 青色 理由は海と空?ヒットの理由3つとは?の内容や、実際の画像、世間の声などをまとめていきます。

 

スポンサードサーチ

ガリガリ君ソーダ味 青色 理由は海と空?その内容は?

 

国民的アイスキャンディー「ガリガリ君」といえばその存在を誰もが知っていて、一度は口にしたことのある商品なのではないでしょうか。

1981年に発売されたこの商品ですが、年間4億本を売り上げ、今でもその人気が留まることのないロングセラー商品です。

 

ガリガリ君といえば様々な種類のフレーバーが出るということでも有名ですが、青いパッケージの「ソーダ味」が印象的なのではないでしょうか。

そんなガリガリ君ソーダ味はそもそもなぜ青色なのかということが語られ、話題になっています。

 

そもそもガリガリ君を販売している赤城乳業は当時の看板商品はイチゴやミルク味を主流とし、カップで提供されていました。

しかし、オイルショックの影響や、子供たちが遊びながらでも片手で食べられるようにと、
バータイプが開発されたのです。

 

また、イチゴやミルク味といったフレーバーを踏襲しなかったのは、アイス業界よりも市場が大きく飲料業界での愛されている味がラムネやサイダーだったからということなのです。

今ではソーダ味やサイダー味となると、青色のイメージが強く普通のことになってしまっているかもしれませんが、このことはガリガリ君がきっかけだったともいわれています。

 

長く愛される商品になるようにと大きな視野で見たところ、地球の海や空の青に影響され、この色になったということ。

約40年もの間愛されている商品にはこのような開発秘話があったのですね。

 

最近では、「ナポリタン味」や「卵焼き味」などの一見構えてしまうようなフレーバーが登場することもありますが、それも戦略の一つだといいます。

ナポリタン味に関しては大失敗だったということでしたが、そういったことも含めて話題化しているということ。

 

多くの人に愛される商品になるためには様々な努力があるということなのですね。

 

ガリガリ君ソーダ味 青色 理由は海と空?ヒットの理由3つとは?

 

ガリガリ君ソーダ味の青色の理由が公開されましたが、ガリガリ君がヒットした秘訣とはいったい何なのでしょうか。

赤城乳業の元常務である鈴木さんによると、新しい商品を開発するにあたって気を付けている部分が3つあるといいます。

 

まずは、今までのヒット商品を否定して真似をしないということ。

今までと違い過ぎるのもよくないことですが、人を少しだけ驚かそうという考え方が重要なんだということ。

 

二つ目は100点を取らないということ。

100点を撮ってしまったらその先の成長は望めず、他人の意見を取り入れられなくなってしまいます。

自身を成長させるためにも、完璧は無いということなのでしょう。深いですね。

 

そして三つ目は3本食べられるような商品を作るということ。

確かに、ガリガリ君は毎日食べていても飽きないような味付けになっていると思います。

 

リピートしてくれる人がいるからこそ、ここまで愛される商品になったのではないでしょうか。

 

スポンサードサーチ

ガリガリ君ソーダ味 青色 理由は海と空?実際の画像

 

今回話題になっているガリガリ君の実際の画像がこちらです。

 

ガリガリ君ソーダ味 青色 理由は海と空?世間の声

 

ガリガリ君ソーダ味の青色理由に関して、世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

 

「挑戦的な研究開発は応援したくなる。
コーンポタージュやナポリタンといった新商品が、研究開発だけでなく、広告宣伝にもなっていると思う。
冒険心で新商品を買い、やっぱり主力商品の「ソーダ」がいいなとなり、再度もしくは後日に購入した人も多いだろう。
アイスは、定番の味を夏場に食べるものといった固定観念をくずすことにも成功している。
それらしく分析してみたが、やはり安価で美味しいのが一番でしょうね・・・。」

 

「アイスの味の開発でコーンポタージュやナポリタンにいく発想力が凄い。
それを商品化して売ってしまうチャレンジ精神もまた凄い。
そういう柔軟さが「ガリガリ君」のネーミングにも現れてる。
これからも消費者の想像超える様な新商品開発続ける事でしょうけど、自分の中ではソーダ味を超えるものはない。」

 

「色について、ソーダ味で青色は違和感が無い。
ラムネ味のお菓子も青系。クリームソーダはグリーン系ですが、
ラムネのお菓子のイメージがあり、さわやかな青は清涼感があって受け入れたと思います。かき氷のブルーハワイは昔からあった気がします。
青色はイメージ的にピッタリあったと思います。
夏は、冷蔵庫の中に必ず「ガリガリ君」が入っているので、
もはや定番です。」

 

今後のガリガリ君のフレーバーにも注目ですね。

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。







-エンタメ, 政治・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浜野謙太 異例のキャスト抜擢で歓喜!ドラマでの役どころは?

  ミュージシャンで俳優の浜野謙太さんが異例のキャスト抜擢を受けたということで注目され、話題になっています。 その内容は、浜野謙太さんが大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」にて歌手の …

放火事件配慮でフジ月9が延期に!「監察医 朝顔」の出演者やストーリーは?

  7月18日に京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」で痛ましい事件があったのは記憶に新しいですが、そのことを受け、フジテレビは次回の月9放送を延期することを発表しました。 &n …

メルカリが137億円の赤字…。なぜ?このままで大丈夫?倒産の可能性は?

  7月25日、メルカリが2019年6月期通期の連結業績予想が、純損益137億6400万円になる見通しだということを発表し、話題になっています。 その内容とは、メルカリの純損益が137億円を …

有野晋哉 仕事論をブログで公開!独自の教育論で嫁や子供との関係は?

  お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉さんが仕事論を語ったということで注目され、話題になっています。 その内容は、高校時代のアルバイト経験や現在に至るまでの仕事についての心構えを、自身のブログ …

喫茶店倒産 追い打ちで最多に!チェーン店には勝てないのか?

  2019年に入り、様々な追い打ちを受けたということによって、喫茶店の倒産が相次いでいるということが注目され、話題になっています。 その内容は、過去20年の間で喫茶店の倒産件数が最多になっ …